【スクープ】柳瀬唯夫元首相秘書官が愛媛県・今治市・加計関係者に対し「本件は首相案件」と発言!15年4月の官邸での面会時にて!柳瀬氏「記憶の限りでは面会したこともない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2015年4月2日、愛媛県・今治市・加計学園関係者が柳瀬唯夫首相秘書官(当時)らと首相官邸で面会した際に、柳瀬氏が「本件は首相案件」と発言していたことが判明した。

・朝日新聞によると、愛媛県が作成した当時を記録した文書から発覚。この報道に対し、柳瀬元秘書官は「記憶の限りではこのような発言をしたことも面会したこともない」と、従来の主張を繰り返しながら否定をしている。

・さらに、上記と同じ面会時に、内閣府の藤原豊・内閣府地方創生推進室次長が「国家戦略特区の手法を使いたい」と持ちかけていたことが判明。安倍官邸側が異例なまでに加計学園獣医学部開設を主導していた実態が色濃くなっている。

「本件は、首相案件」と首相秘書官 加計めぐり面会記録

学校法人「加計(かけ)学園」が愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画について、2015年4月、愛媛県や今治市の職員、学園幹部が柳瀬唯夫首相秘書官(当時)らと面会した際に愛媛県が作成したとされる記録文書が存在することがわかった。柳瀬氏が面会で「本件は、首相案件」と述べたと記されている。政府関係者に渡っていた文書を朝日新聞が確認した。

文書は「獣医師養成系大学の設置に係る内閣府藤原次長・柳瀬首相秘書官との面談結果について」との題名で、15年4月13日の日付が記されている。

経緯を知る愛媛県の関係者は、朝日新聞の取材に対し、「加計学園の誘致交渉を進める中、国への要望を行う過程で、様々な国の関係部署に状況を説明するため、配布した文書である可能性は否定できない」としている。現在、経済産業審議官を務める柳瀬氏は昨年7月25日の参院予算委員会で、この面会について「私の記憶する限りはお会いしていない」と複数回、答弁している。

【朝日新聞 2018.4.10.】

内閣府が戦略特区提案 加計側に「官邸から聞いている」 

学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が愛媛県今治市に国家戦略特区で開設した獣医学部を巡り、県と市が特区を申請する前の二〇一五年四月、自治体や学園の担当者らと面会した内閣府の幹部が「国家戦略特区の手法を使いたい」と持ちかけていたことが政府関係者への取材で分かった。特区事業を所管する内閣府から自治体に申請を持ちかけることは極めて異例とされ、獣医学部の新設計画は当初から「加計学園ありき」で進められた疑いが鮮明になった。

政府関係者によると、この幹部は藤原豊・内閣府地方創生推進室次長(現経済産業審議官)。藤原氏は当時、内閣府で特区事業を事実上取り仕切っており、面会の際、「要請の内容は総理官邸から聞いている」と発言したとされる。官邸側が内閣府に加計学園の獣医学部開設を働きかけた可能性が出てきた。

大学誘致を目指していた県と市は〇七年から一四年まで計十五回、小泉政権が導入した構造改革特区で獣医学部開設を申請してきたが、毎回却下されていた。

【東京新聞 2018.4.10.】

「首相案件」発言否定 当時の総理秘書官・柳瀬氏

「本件は首相案件」と述べたとされた当時の総理秘書官・柳瀬唯夫氏が10日朝、この報道を否定するコメントを出しました。

柳瀬氏は「当時、私は総理秘書官として日々、多くの方々にお会いしていましたが、自分の記憶の限りでは愛媛県や今治市の方にお会いしたことはありません」と地元関係者との面会を否定しました。そのうえで、「報道にありますように、私が外部の方に対してこの案件が首相案件になっているといった具体的な話をすることはあり得ません」とし、「本件は首相案件」と述べたとする報道内容を全否定しました。
柳瀬唯夫経産審議官:「(Q.絶対に会っていないという確信がある?)コメントの通りです」「(Q.面会されてないということか?)…」

【テレ朝news 2018.4.10.】

次から次へと噴出する「アベ案件スキャンダル」!内部関係者からのリークの流れを統制できず、安倍官邸はすでに「制御不能状態」に!

本日になって、加計疑獄関連を中心に大量のスクープが飛び出して来ました!
私も必死にこれらの情報を分析していますが、あまりに情報の更新が目まぐるしくてついて行けてない状態ですっ。

当サイトでも、加計疑獄の重要なキーマンとして、(今井秘書官と同じ経産省出身の)当時の首相秘書官だった柳瀬唯夫氏を問題視してきたけど、いよいよ、昨年(17年)の国会答弁で「会った記憶がない」などと白を切っていた2015年4月の今治市・愛媛県・加計関係者と官邸で会っていた件が事実だった上に、その場で「首相案件」とまで言っていたことが分かってきたね。

これは、安倍総理による「加計が特区申請していることを2017年1月の公募時に初めて知った」との国会答弁が完全な大嘘だったことを意味するとともに、いかに官邸からの「強力な指令」で加計学園獣医学部の開学が2015年の時点から進められていたかを示している。
さらにいえば、これらの事実関係について、安倍総理を筆頭に、政府関係者が一様にウソをついたり白を切るなどして必死にひた隠しをしていることからも、彼らの間で「行政を不当に歪めている」「マズいことをやっている」との認識が共有されていたことが分かる。

どちらにしても、安倍総理や部下の間において「何としても隠したい内部情報がある」ように見受けられるし、見る限りすでに安倍政権は情報統制能力を完全に失ってきているので、さらなる大スクープが出てくる可能性は大いにあるといえるだろう。

確かに、安倍支持者を中心に「何も法的に問題はない」「野党は言いがかりを付けるな」なんていう声が多く聞かれますが、それなら、堂々とこれらの事実関係を認め、全ての情報を表に出せばいいわけで、すでにその点で安倍政権には大きな矛盾が発生している状況です。

あまりにも疑惑が多すぎる状況で国会が空転し続ければ、自民党内からもさらなる批判が噴出してくるのは確実ですし、「安倍政権の終わり」がいよいよはっきりと見えてきたといえると思います。

うむ。今後もマスコミや政局を動きをよく見ながら、状況分析を続けていくとしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket