「テラスハウス」出演の木村花さんが死去 ネットの誹謗中傷を苦に自殺か?安倍シンパ「総理へのヘイトスピーチもやめろ!」「総理が自殺したらどうするんだ?」

Pocket

どんなにゅーす?

・フジテレビ「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さん(22)が死去。番組の内容をきっかけにSNSで誹謗中傷が多く寄せられるようになり、深く精神を病んでいる様子がみられたり、自殺をほのめかすような投稿が相次いでいたという。

・そんな中、現在安倍政権に抗議するネットデモが盛り上がっていることに対し、安倍シンパのネット工作集団が、早速木村さん死去のニュースを利用し「総理へのヘイトスピーチをやめろ」「総理が自殺したらどう責任を取るんだ?」などと安倍総理を批判している国民を非難。いつものように、物事の本質をすり替えるためのミスリードや世論誘導が盛り上がっている。

「ネットで標的に」木村花さんの死亡 海外メディアも次々報道

~省略~

フジテレビの番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラーの木村花さん(22)が、23日東京都内で死亡したと、所属団体が明らかにし、SNS上では、番組への出演や言動などについて、木村さんを非難するような投稿がされていたということです。

番組はアメリカの動画配信大手、ネットフリックスでおよそ190の国と地域で配信されていて、海外の大手メディアも追悼の声を紹介しています。

このうち、イギリスの公共放送BBCは「ネットフリックスのスターである日本人レスラーが22歳で死亡」という見出しで報じ、「木村さんは連日のようにツイッターで標的にされ、ファンたちはネット上のひぼう中傷が心に与える影響について、抗議の声をあげている」と伝えています。

また、アメリカの有力紙ワシントン・ポストは、死を悼むレスリング関係者のコメントとして「木村さんたちは実在する人間であり、テレビや映画のキャラクターではないのだと皆さんに気付いてほしい」と伝えています。

そのうえで、去年、韓国の若い女性歌手2人がネット上の悪意のあるひぼう中傷に苦しみ、相次いで自殺したことにも触れ「彼女たちの死は、若い女性への強い圧力を浮き彫りにした」と指摘しています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.5.24.】

木村花さん苦しめたネット中傷 母親にも悪意DM届いていた

~省略~

いっぽう木村さんは「テラスハウス」に出演以降、誹謗中傷が絶えなかった。その誹謗中傷は、彼女の母親である元プロレスラーの響子さんの元にも届いていた。響子さんは19日、「あなたの娘はモラルのかけらもない」といった趣旨のDMが送られてきたとTwitterで明かし《ひとのモラルのまえに きみのモラルをがんばろう》とツイートしていた。

亡くなった日、Instagramに《愛してる、楽しく長生きしてね。ごめんね》と投稿した木村さん。そして、ストーリーでは《さようなら》ともつづっている。またTwitterでは《毎日100件近く率直な意見。傷付いたのは否定できなかったから》《お母さん産んでくれてありがとう》《愛されたかった人生でした》と投稿していた。

~省略~

【Yahoo!ニュース(女性自身) 2020.5.23.】

ネット上ではトンチンカンなコメントが大量発生!木村さんの死を使用して安倍政権批判を封じ込めようとする動きも!

フジテレビ「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー・木村花さん(22)死去のニュースが日本だけでなく世界でも大きく報じられています。
どうやら、同番組内のやり取りをきっかけに彼女に誹謗中傷コメントが多く届くようになったようで、これらが大きな原因となって自らの命を絶ってしまったものとみられています。

これは本当に気の毒な話だ…。
恐らく、この番組内の様々なやり取りにも「大まかな台本」があったはずだし、言われたとおりに”演技”したことで凄まじい誹謗中傷を受けたのなら(おまけに、表立って内情を暴露することも許されない中で)、これ以上の理不尽さやストレスはないし、(匿名であらゆるメッセージを送りつけることができる)SNSが今や非常に大きな社会的影響力を持っている以上、テレビ番組そのものの在り方や作り方を問い直す必要もあるだろう。
(当然ながら、番組自体が休止・終了する可能性が高そうだ。)

もちろん、問題の本質をとらえた上で、この出来事や日本社会の病巣について深く考えているコメントも多く見かけたけど、しかしまあ、これ以上に物事の本質を大きく外れたトンチンカンなコメントが非常に多いのが気になる。
その中でも代表的なのが、木村花さんの死を利用して「安倍総理へのヘイトスピーチをやめろ」などと、安倍総理に怒っている国民を非難する安倍シンパらのコメントの数々だ。

要は、木村花さんのような一般国民(テレビ番組にレギュラー出演していると言えども、大きな社会的影響力も地位も持ち合わせていない一般国民とほとんど同じだ)と、日本国民の生活や命を掌握している政治権力者とを一緒くたにしてしまったうえで、政治権力者による嘘や捏造、不正疑惑などの「おかしいこと」に対して「おかしい」と声を上げたり、自らの利益追求ばかりに腐心しつつ国民の生活や生命を徹底的に軽視していることに怒りの声を上げることに対して、これらを「総理へのヘイトスピーチ」などと捻じ曲げつつ、「総理も一人の人間だ」などと問題の本質をすり替えることによって、政権の腐敗や売国を守ろうとする動きが発生しているということだ。

少し考えれば、こうした考えやコメントがおかしいことに気がつくはずなんだけど…残念ながら、完全なネット工作員ではなさそうな一般の人々の間でも、こうした「愚民化洗脳」に引っかかってしまっている人がいるみたいだね。

木村花さんに対する行為というのは、完全なる「弱い者いじめ」であり、さらにいえば「下層の国民同士の分断・疲弊化」に他なりません。
木村さんに中傷コメントを送り付けていた人々は、恐らく、日頃のストレス発散を兼ねていたものと思われますが、ストレスの発散の場所や労力の掛けどころを完全に間違えてしまっていますし、本来であれば、自らの生活環境ももっと良くしていくための「合理的な行動」を起こすことを考える必要があります。

日本を覆っているストレス社会や貧しい生活環境を変えていくには、政治家の本来の使命である「国民第一の政治」に取り組もうとする良識ある為政者を選ぶことが絶対に必要だし、自分たちの利権や金儲けばかりを追求し、国民を不幸に追いやっている腐敗した為政者に対しては、厳しく批判・追及し、クビにするしか方法がない

こうした「正しい思考に基づいた行動」に対して、「総理へのヘイトスピーチ」などという詭弁を用いてこれを封じ込めようとする動きは、まさに、腐敗した権力による「愚民化洗脳」に他ならないし、くれぐれもこうしたおかしな世論誘導に引っかからないようにしないとならない。

そもそも、その安倍総理自身が、赤木さんをはじめとした、多くの善良で無垢な人々を死に追いやっているのですが…。
日頃より、様々な事件や衝撃的な出来事を利用して、私たちを思考停止や奴隷思考に導こうとする雑音やノイズが絶えませんし、私たちは、「問題の本質」をしっかりと見極めながら、自分たちの生活や命を守っていくための「正しい行動」を心がけていきたいものです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事