■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【究極のおまいう】安倍前総理、東京五輪反対の声を「反日的な人たち」と表現!自らの売国・壊国を完全に棚に上げ「グローバリストから日本を守るため」に反対する人々を非難!

【究極のおまいう】安倍前総理、東京五輪反対の声を「反日的な人たち」と表現!自らの売国・壊国を完全に棚に上げ「グローバリストから日本を守るため」に反対する人々を非難!
Pocket

どんなにゅーす?

・グローバルカルトと親和性が高い「自称保守」の安倍シンパが集まる雑誌「月刊Hanada」8月号に安倍前総理が登場東京五輪の強行開催を全面的に支持しつつ、共産党や朝日新聞を引き合いに出した上で、東京五輪に反対している声を「一部から反日的ではないかと批判されている人たちが、今回の開催に強く反対しています」などと騙った

・北方領土交渉を破綻させロシア側に完全に献上したり、既存の法治国家や三権分立システムを破壊したり、水道民営化や外国人労働者の大量受け入れ促進などの、安倍氏自らが「売国・壊国行為」の数々を断行してきた中、これを棚に上げたうえで、「日本国民の命と健康を守るため」「グローバル資本勢力の侵略から国を守るため」に東京五輪に反対している人々を「反日的な人たち」と表現した安倍前総理に対し、ネット上で怒りの声が殺到している。

安倍晋三が櫻井よしことの対談で「反日的な人たちがオリンピック開催に反対」と暴言! 4年前の「こんな人たち」発言の再現

~省略~

だが、そんななかでもあ然とさせられたのは、現在発売中の「月刊Hanada」(飛鳥新社)8月号に掲載された、櫻井よしこ氏との対談記事だ。この対談のなかで安倍前首相は、東京五輪の開催に反対する人たちのことを「反日的」などと攻撃しているのである。

まず、この対談は6月9日におこなわれた党首討論の話題からスタート。そこで安倍前首相は、立憲民主党の枝野幸男代表について「「枝野さんは非常に自己愛が強いので、批判されることに耐えられないのではないか」と見る人もいます」「インタラクティブ(双方向)な議論を避ける特徴があります」などと批判。「自己愛が強くて批判に耐えられない」のも「双方向の議論を避ける」のもアンタのことじゃないか、と呆れずにはいられないが、一方で安倍前首相は党首討論で菅義偉首相が長々と繰り広げた前回の東京五輪の「思い出話」を「評価されるべき内容」と絶賛。

東京五輪の意義について、こう語りだすのだ。

「この「共有する」、つまり国民が同じ想い出を作ることはとても大切なんです。同じ感動をしたり、同じ体験をしていることは、自分たちがアイデンティティに向き合ったり、日本人としての誇りを形成していくうえでも欠かすことのできない大変重要な要素です」
「日本人選手がメダルをとれば嬉しいですし、たとえメダルをとれなくてもその頑張りに感動し、勇気をもらえる。その感動を共有することは、日本人同士の絆を確かめ合うことになると思うのです」
「(前回の東京五輪では)日本再デビューの雰囲気を国民が一体となって感じていたのだと思います」

~省略~

そして「来日した外国人が日本で感染して、帰国してからその国で感染が拡大する心配がある」という野党の指摘を櫻井氏が「菅政権を引きずりおろすために五輪を政治利用している、と言わざるを得ません」と批判すると、安倍前首相はこのように語ったのだ。

「極めて政治的な意図を感じざるを得ませんね。彼らは、日本でオリンピックが成功することに不快感を持っているのではないか。共産党に代表されるように、歴史認識などにおいても一部から反日的ではないかと批判されている人たちが、今回の開催に強く反対しています。朝日新聞なども明確に反対を表明しました」

~省略~

もはやウンザリするほかないが、勢いづいた安倍前首相の暴言はこのあともつづく。安倍前首相といえば、自衛隊によるワクチン大規模接種センターの予約システムに欠陥が見つかったと朝日新聞出版の「AERA dot.」や毎日新聞、日経BPの「日経クロステック」が報道した際、〈朝日、毎日は極めて悪質な妨害愉快犯と言える。防衛省の抗議に両社がどう答えるか注目〉などとツイート。朝日と毎日だけを狙い撃ちした露骨な報道弾圧をおこなったが、今回の対談でもその話題を蒸し返し、「朝日新聞出版の『AERA』や毎日新聞などが架空の不正予約を行い、「システムにこんな欠陥があるぞ」と世の中に示し、批判した」と朝日と毎日を名指しした上で、こんな決めつけをおこなっている。

「極めて悪質な妨害愉快犯だと言わざるを得ません。「システムがうまくいかないようにしてやろう」という悪意を持ってやったとしか考えられません」

~省略~

【リテラ 2021.6.30.】

先代から日本を破壊し続けてきた究極の”反日一族”安倍前総理が、「五輪に反対する人々は反日だ」との噴飯物のデタラメ発言を炸裂!

出典:Twitter(@jam9801)

一体どこまで腐れば気が済むのかしら!?
ていうか、(国民騙しの悪質な仮病で)総理を辞めて以降、ますますその精神がねじ曲がってきては、本格的に頭がおかしくなってきたみたいねっ!!

まさに、究極的な「おまいう(お前が言うな)発言」だし、安倍氏こそが、先祖がグローバル資本勢力(フリーメイソン)と手を組んで「売国の夜明け」をもたらした上に、満州でアヘンを売りさばいて闇カネを蓄えた後に、敗戦後に「CIAの対日工作員」として本格的な売国行為を徹底することと引き換えにA級戦犯の処刑を免れた(全てがヤラセ・インチキ臭全開)「呪われた一族」ともいうべき、真性的な反日一族(グローバリスト)ではないか。

こうしたグローバル資本勢力の使用人同然の”売国一族”である以上、安倍氏も例外なく、総理在任中は売国・壊国行為にまい進
北方領土交渉を破綻させロシア側に完全に献上したり、水道民営化や外国人労働者の大量受け入れ促進などの、「売国・壊国行為」の数々を断行してきたうえに、日本の貴重な国富を際限なく海外にバラ撒きまくり
しまいには、森友事件では赤木俊夫さんを死に追いやったばかりでなく、そのかけがえないの命と引き換えに遺した赤木ファイルの内容を都合よく捻じ曲げて、自己擁護にちゃっかりと利用
数々の凶悪な犯罪行為を繰り返しつつ、自らの特権をいいことに検察の捜査も握りつぶし、既存の法治国家や三権分立を徹底的に破壊するという、先祖よりもますます酷い「日本国家と社会システムの破壊」を遂行

…と、このように、まさに「鬼畜の悪行やりたい放題」という感じだし、しまいには、グローバル資本勢力に「日本の最後の砦(日本国民の健康や生命)」すら献上してしまうことにも繋がる東京五輪をごり押ししつつ、「日本を守るため」に懸命に東京五輪強行に抵抗している人々を「反日的な人たち」と大ウソペテン放言をする始末だ。

要は、この男の頭の中は、「日本を破壊し、国民を大量死させること」が「愛国保守」でありその一方で、日本の国家システムや国民の生活や命を守ることが「反日行為」だってことねっ!!
何から何まで、思考回路が完全に破綻してしまってるわっ!!

おまけに、こうした完全なる「デタラメ思考」に陥っているのは、何も安倍氏だけでない。
月刊Hanadaで安倍氏にしきりにおべんちゃらを使っている櫻井よしこ氏もそう(グローバルカルト宗教のメディア、クリスチャン・サイエンス・モニター出身のバリバリのグローバリスト)だし、「日本を取り戻す」「日本が大好き」などと叫んでいる連中の背後や周辺をみてみると、面白いほどに、朝鮮統一教会や幸福の科学、フリーメイソンなどの(日本とは最もかけ離れた)グローバルカルト宗教と関係がある連中が多い

つまり、これ自体が、「愛国を騙りながら売国・壊国にせっせと勤しむ」という、グローバリストが作り上げた壮大な詐欺(要は「安倍氏の存在自体が詐欺」みたいなもの)だってことだ。

安倍氏の場合は、自分が大ウソやデタラメを言ってる自覚すら麻痺しかかってるみたいですし、ここまで”アッチの世界”に行ってしまってるのなら、もう手の施しようがないわっ!!

こんな安倍氏に今でも心酔してしまっている連中も手の施しようがないし、本当のところは「目先の売国利権」に目がないだけで、本音では日本なんてどうなっていいと思ってる(むしろ、日本に恨みや憎しみを持ってる場合すらある)連中だってことだ。
ここまで危険で恐ろしい”狂人”がまた総理に返り咲いてしまった暁には、もう日本は完全におしまいだし、(反省するどころか最近ますます悪質性が増長している以上)一刻も早くに、真っ当な刑事捜査を行ない、二度と復権できないように完全に無力化させる必要があるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事