■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】スギHDが「ワクチン優先予約」をめぐり大炎上!、仏ル・モンド紙が東京五輪を「変異株の祭典」「鉄の癒着三角形」と評す!、「鉄道減便」が”大失敗”だったことを赤羽国交相が認める!

【ゆるねと通信】スギHDが「ワクチン優先予約」をめぐり大炎上!、仏ル・モンド紙が東京五輪を「変異株の祭典」「鉄の癒着三角形」と評す!、「鉄道減便」が”大失敗”だったことを赤羽国交相が認める!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年5月12日号)

スギHDが「ワクチン優先予約」をめぐり大炎上!「秘書が勝手にやった」の(悪徳政治屋とそっくりの)釈明文も火に油を注ぐことに…!

スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

~省略~

薬局大手「スギ薬局」の創業者で「スギホールディングス」(愛知県)の杉浦広一会長(70)と妻の昭子相談役(67)が、新型コロナウイルスのワクチン接種の予約枠を優先的に確保していたことが発覚し、批判が噴出している。

4月、スギ薬局側は愛知県西尾市の健康課に「2人のワクチンを早く打てないか」「高齢者の施設入所者枠で接種できないか」「会長夫婦は薬剤師なので、医療従事者の優先接種ができないか」と、10回にわたって優先予約を要求。

同課はそのたびに断ったが、あまりにも要求がしつこいため、簗瀬貴央健康福祉部長と近藤芳英副市長が相談し、今月10日の接種枠を押さえた。簗瀬部長は会長秘書から「会長が接種を楽しみにしている」と伝えられたという。

特別扱いで接種枠をゲットした2人は接種会場に向かったが、途中、外部からの指摘でズルがバレたため、結局、予約は取り消された。

~省略~

同社広報室の担当者がこう説明する。

「肺がんを患っている奥さまをおもんばかった秘書が、市に問い合わせをさせていただきました。会長本人は2度、アナフィラキシーショックを経験しているため、接種するつもりはありませんでした」

それなら会長は、ワクチン接種の予約をする必要はなかったのではないか。

同社は1976年、西尾市にスギ薬局1号店を開業。跡地に生活習慣病予防のための運動施設が建てられ、市に無償で貸与されている。

~省略~

フォーブスジャパン2021年版の「日本の富豪50人」によると、杉浦会長の資産は1550億円で41位。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.5.12.】

スギHD会長夫妻のワクチン便宜「市への支援のお返し」

~省略~

市は11日、記者会見を開き、中村健市長が「公平性を欠き、市民の信用を著しく損ねたことに心からおわびします」と謝罪した。

~省略~

近藤副市長は、スギHDから市がスポーツジムの無償貸与を受けているほか、傘下のスギ薬局と市が包括連携協定を結んでいることを挙げ「様々な形で市に支援を頂いていた。何らかのお返しができないかと思った」と話した。

スギHDから圧力があったかどうかについて、中村市長は「通常の働きかけより重い圧力というかプレッシャーがあったという認識」と説明した。部長も「要請の範囲をはるかに超えていた」と語った。

~省略~

スギHDは11日午後、経緯を説明する文章を公表。早く接種できないか市に相談したことを認め、「ワクチン接種をお待ちの西尾市の方々はじめ、全国の皆さまにとって不快な行為だった。日夜尽力されている全国の行政の方々の努力に水を差す結果となってしまったことに深くお詫(わ)び申し上げる」「頂戴(ちょうだい)した多くのご意見・ご指摘を真摯(しんし)に受け止め、今後このようなことがなきよう努める」と謝罪した。発表によると、広一会長の妻で、肺がん手術を経験した昭子相談役について秘書が「一日も早い接種を」とおもんぱかり、「使命感ゆえに」西尾市に繰り返し問い合わせた。広一会長は「過去にアナフィラキシーショックを経験し、接種を希望していない」としている。

~省略~

【朝日新聞 2021.5.12.】


出典:スギ薬局

ドラッグストア大手の「スギHD」の杉浦会長夫妻が、「ワクチン優先接種」をめぐって愛知県西尾市に不当な圧力をかけていたことが発覚、ネット上で批判が殺到しております。

自らの地元における権力をいいことに市に激しく圧力をかけたことも酷いけど、もっと酷いのは発覚後に発表された釈明文だろう。
秘書が再三再四しつこく市に問い合わせ、強引に会長夫妻の予約を取り付けておいて、いくらなんでも「会長は過去にアナフィラキシーショックを経験し、接種を希望していません」はないだろう。
「秘書が勝手にやった」との言い訳といい、どこぞの前総理とそっくりの釈明だし、釈明文の様々な部分でウソが含まれている可能性がありそうだね。

それにしても、こんな「人体実験そのもの」のようなmRNAワクチンを「我先に」と接種しようとする人が続出中だけど、それによって何かいいことあるのかな?
ボク自身は、例えば、今使っているPCについても、最新のアップデートが発表された際に、必ずしばらくの間は様子を見て「重大なトラブルや問題が起こっていない」ことを十分に確認してからアップデートするようにしているけど、自分の身体に取り込む薬やサプリなどについては、より慎重に状況や内情を分析・判断し、「これは大丈夫だ」と自身でかなりの確信を得られた時のみ利用するようにしている
こうしたボク自身の判断基準で評価すると、「万一重大な副反応が出た場合、製薬会社は一切の補償をしない」との内容で国と契約している時点で、「これは1000%無理だ」という結論に至るしかないんだけどね。
(実際に、大手マスコミが強力に情報統制している中、新型ワクチンの様々な危険性を指摘する声が日々次々と出てきているような状況だ。)

そうですよね。
しかし、今回のような話が出てくると、ますます「新型コロナワクチンは非常に貴重で価値があるもの」との意識が人々の間で広がってしまい、結果、”彼ら”による人体実験と民衆支配がますます都合のいい方向に進んでいってしまいますね…。

そういう意味では、スギの会長夫妻も、まんまと”愚民化洗脳”されてしまっているようだし、どうやら、今回の(火に油を注いだウソ臭さ満載の)知性に大きく欠けた釈明文と言い、「上級国民」の中でもかなり下層の領域にいるようだ。
とにかく、「みんなが打ってるから」「政府やマスコミが推しているから」だけの理由で何も考えずに飛びつくのではなく、こうした思考を一旦すべてリセット・整理させたうえで、冷静かつ客観的に状況を読み取り、自分自身の頭でよくよく考え、どうるのかを判断することが重要なのではと思うよ。

 

米NYタイムズ、ワシントン・ポスト、英ガーディアンに続き、仏ル・モンド紙が東京五輪を「変異株の祭典」「鉄の癒着三角形」と評す!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事