【歴史的発見】幻の古代サメ「ラブカ」をTOKIOが生きたまま捕獲に成功!東京湾の水深500メートルの深海で!

Pocket

どんなにゅーす?

・ジャニーズグループのTOKIOが、「ザ!鉄腕!DASH!!」の収録中に、「生きた化石」と言われる古代サメ「ラブカ」を生きたまま捕獲に成功したことが大きな話題に。

・ラブカは、恐竜やシーラカンスよりも古くから形を変えずに生き残ってきた世界最古の古代魚で、生きた姿で発見されることは滅多になく、「歴史的大発見」との声も多く上がっている。

スポンサーリンク

TOKIO城島&山口“幻の古代サメ”捕獲 『鉄腕!DASH!!』で再び超貴重生物を発見

人気グループ・TOKIOの城島茂と山口達也が、4月上旬に“学会で発表するレベル”という超貴重な生物で幻とも呼ばれる古代サメ・ラブカを生きたまま捕獲したことが、わかった。その模様は、あす14日に日本テレビ系人気番組『ザ!鉄腕!DASH!!』(毎週日曜 後7:00)で放送する。

~省略~

ラブカの存在は、恐竜やシーラカンスよりも古く、4億年前から姿を変えずに現存する最古の魚類。4月上旬のロケの最中、深海に仕掛けた刺し網を漁船の上で引き上げ、グロテスクな姿が水面から姿を見せると「なんだこれは!」(城島)「うわぁ~気持ち悪い!」(山口)。2人が驚いている中、DASH海岸監修の木村尚氏は「ちょっと! これすごいですよ! 学者も驚くやつだ」と声をあげた。

それもそのはず、古代サメ・ラブカが生きた状態で捕獲されることは、ほとんど無く、2004年にアメリカの無人探査船が生きて泳ぐ姿を撮影した時は、世界中のサメ学者が驚嘆する大ニュースにもなったのだ。生きた状態で現れたラブカに城島も「こりゃすごいことだぞ!」と興奮し、山口は「でも、なんか口の歯並びとか…見た目ヤバいよね」と驚きを隠せなかった。

【Yahoo!ニュース(オリコン) 2017.5.13.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

↓現代の多くの魚とかなり違う形態を持つラブカ。

出典:Twitter(@Rabuka3939)

出典:トレダカ

出典:トレダカ

にゃああ~~~~っ!!
シーラカンスを超える幻の古代魚だってにゃあ!!

にゃこもこんなスゴイ形のサメしゃん、見たことないにゃあ!

ひいいい!世界での学会発表レベルの「歴史的発見」をTOKIOさんが見つけてしまったのですかぁ~!?
これはまさに、神レベルの強運さですぅ!!

いやあ~、これはボクもかなり驚いたよ!
ボクも子どもの頃に、魚介類の本をボロボロになるまで読んだものだけど…図鑑のイラストでしか見たことがなかったし、その時読んだ図鑑にも「現在生き残っているかも分からない幻の魚」などと書いてあった記憶があるので、まさかそのラブカがボクたちのすぐ身近の東京湾に住んでいたとは…!

ちなみに、滅多に個体が捕らえられないがゆえに、その生態や習性も多くが謎で、ヘビのようにニョロニョロした魚体を伸ばして、獲物を食べることなどが分かっているそうだ。(ウィキペディア

ネット上では「これはやらせなのでは?」との声も見受けられたけど、TOKIOじゃない別の人が見つけたにせよ、生きたラブカが実際に東京湾で捕らえられたこと自体が、歴史に残る大発見だと思うし、ボクも5月14日に放送される鉄腕DASHは是非とも観てみようと思うよ。

見れば見るほど、ラブカしゃんはとってもキャワイイにゃ!
恐竜以前の4億年前から姿を変えないでひっそりと海で生き続けてきたなんて、とっても一途で健気だし、海はまだまだ壮大な謎とロマンがぎっしり詰まっているんだにゃ!

あはっ!
私も、とっても貴重な動くラブカさんをテレビで是非とも観てみたいですぅ~!!

生きたダイオウイカの撮影に成功したり、最近は海の生き物に関する大きな発見が相次いでいるね。
海の中にはまだまだ様々な新種や驚きの事実が潜んでいる可能性が十分にあるので、今後の研究や探索にも大いに期待したいところだね!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket