小野寺防衛相が、北朝鮮による「グアム攻撃」の場合に日本が迎撃する可能性を示唆!「集団的自衛権の存立危機に当たる可能性がないと言えず」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年8月10日に行なわれた衆院安全保障委員会において、小野寺防衛相は北朝鮮が米グアムへのミサイル攻撃を行なった場合、日本が迎撃する可能性を示唆した。

・小野寺大臣は、民進党の後藤祐一議員からの質疑に対し、「米国の抑止力、打撃力の欠如は、日本の存立危機に当たる可能性がないとはいえない」と答弁し、集団的自衛権の範疇に入る可能性に言及。日本が米朝の戦争に介入することで日本が大きな危機に陥る可能性もあり、ネット上で批判の声が噴出している。

スポンサーリンク

防衛相
北朝鮮グアム攻撃 「存立危機事態」なら迎撃可能

小野寺五典防衛相は10日午前の衆院安全保障委員会で、北朝鮮が米領グアムに向けミサイル発射を検討していることに関連し、グアムが攻撃された場合、日本が集団的自衛権を行使できる「存立危機事態」に当たれば迎撃できるとの認識を示した。「米国の抑止力、打撃力の欠如は、日本の存立危機に当たる可能性がないとはいえない」と述べた。民進党の後藤祐一氏への答弁。

【毎日新聞 2017.8.10.】

出典:NAVERまとめ
スポンサーリンク

スポンサーリンク

小野寺大臣がついに米朝の軍事衝突に日本が介入する可能性を示唆!安倍政権が強行採決した集団的自衛権によって日本が大きな危機に陥る事態も!

米朝の軍事緊張が高まっていますが、ついに小野寺防衛大臣がこれに日本が介入する可能性を示唆しました。
小野寺大臣によると、集団的自衛権の「存立危機事態」に当てはまると判断した場合、グアムに向かって発射されたミサイルを日本が迎撃する可能性もないとはいえないとのことです。

安倍政権は、世論が集団的自衛権を含む安保法制に強く反対していた際に、「むしろ中国や北朝鮮への抑止力になり、日本の安全が高まる」と繰り返し主張していたけど、ふたを開けてみれば、北のミサイル発射の威嚇行為はどんどんエスカレートし、しまいには、アメリカに向かって打たれたミサイルを日本が割って入って迎撃する可能性まで言い出した

この時点で、まさに、ボクたちが強く心配していた通りの展開になっており、安倍総理らが主張していた話はやはり完全な大嘘だったということになるね。

もちろん、もし、北が本当にグアムに向かってミサイルを打った場合、日本が迎撃に出たとしたら、北は激怒し、日本も米朝の戦争に巻き込まれることになるのは必至であり、まさに「こういう事態のため」に米国内部の戦争ビジネス勢力が安倍政権に安保法を導入させたということが丸分かりになってきている。

第二次安倍政権の誕生後、自衛隊が危険な任務をやらせられるようになってきているだけでなく、ISなどのイスラム系テロリストからも攻撃の対象にされたりこの政権によってどんどん日本の安全が大きく脅かされつつあることは確かだ。
この米朝の緊張がどこまでエスカレートしていくかは分からないけど、まだ有効な打開策が見えていない以上、ボクたちも冷静かつ緊張しつつ情勢を見守っていくのがいいかもしれないね。

そもそも集団的自衛権そのものが憲法違反であるとの見方も多くありますし、この政権によってますます現行憲法が軽視されつつある方向にあるのも非常に気になります。
ここまで小野寺大臣が踏み込んだ発言をした以上、気をつけて今後の動きをウォッチしていく必要がありそうですね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket