仙台市長選、野党共闘(民進・共産・社民・自由)の郡和子氏が当選!自公推薦の菅原裕典氏が落選し、反自民の世論がますます顕著に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年7月23日に投開票が行なわれた宮城県の仙台市長選において、野党の民進・共産・社民・自由が推薦していた郡和子氏が当選した。

・自民と公明が推薦していた菅原裕典氏は、安倍政権の加計疑獄や閣僚の数々の問題などに伴う支持率の低下も影響し、落選。改めて、日本全国で安倍政権の自民党に対する強い不信感が広がっていることを印象付けた。

スポンサーリンク

仙台市長選、野党共闘候補が自公系破る 郡氏が初当選

仙台市長選は23日に投開票され、新顔で前民進党衆院議員の郡和子氏(60)が、いずれも新顔で、自民党宮城県連や公明党などが支持した冠婚葬祭会社長の菅原裕典氏(57)、前衆院議員の林宙紀氏(39)、前衆院議員の大久保三代氏(40)を破り、初当選を決めた。投票率は44・52%(前回30・11%)だった。

2期目の奥山恵美子市長の引退表明に伴う市長選は、自民が惨敗した東京都議選に続く大型地方選挙として注目された。国政の与野党対決構図が持ち込まれた選挙戦だったが、与党側の敗北で安倍政権への影響は避けられそうにない。

郡氏は民進党宮城県連や社民が支持し、共産、自由も支援した「野党共闘」候補。地元の安住淳・民進党代表代行ら国会議員が連日のように応援に入った。一方の菅原氏は自民や公明が推し、業界団体の組織力に加えて村井嘉浩知事や奥山市長が支援に回るなど、総力戦で臨んだ。

【Yahoo!ニュース(朝日新聞) 2017.7.23.】

出典:ウィキペディア
スポンサーリンク

 

安倍政権に対する強い不信感が全国的に広がる中、「野党共闘の威力」をよりはっきりと見せ付けた選挙

7月23日に投開票が行なわれた仙台市長選ですが、野党共闘を行なった郡和子さんが、野党支持者や無党派層からの多くの支持を受け、初当選を果たしました。
自民公明は、地元の業界団体も入っての総力戦を行なったみたいですが、やはり、この結果を見ても、安倍政権に対する国民の不信感は全国レベルで相当広がっていると見て良さそうですね。

このニュース、結構大きいものだと思うんだけど、なんだか、大手メディアのニュースサイトにも全くトップページに出ていないのが個人的に気になったけど…まあどちらにしても、この結果は安倍政権の政治腐敗に強く怒っている国民からすれば大いに喜ばしいものだといえるだろう。

上記の朝日新聞にも書かれている通り、東北の主要都市で行なわれた市長選挙において、総力戦を行なった自公候補が野党共闘候補に負けたというのは、かなり大きい事実だし、安倍総理本人が出席する集中審議を直前に控えた中で、より総理らに強い追及を行なっていく上で大きな後押しとなるね。

毎日新聞の最新の世論調査でも、ついに支持率が26%にまで落っこちてきたし、この調子でどんどん安倍政権を追い込んでいくとしよう!

はい!
私も決して油断をせずに今後の政情をウォッチし、政治の腐敗やおかしなところをしっかりと追及していこうと思います

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket