【不気味】兵庫県尼崎市などで不思議な竜巻型の雲が目撃される!「地震雲では?」との声も

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年3月12日に、兵庫県尼崎市などで竜巻によく似た不思議な形の雲が多く目撃され、ネット上で話題になっている。

・その特徴的な形状から「竜巻型の地震雲では?」との声も相次ぎ、様々な声が起こっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

うわああ~。
ほんとに、まるで竜巻そっくりの雲ですねぇ~!
こんなの今まで見たことないですぅ。

「地震雲」というのは、地震前の地殻変動などによって発生する電磁波の影響を受けたことで特殊な形状を形成した雲のことで、その特徴的な形状ごとに、筋状・帯状・波状・放射線状・かたまり状・竜巻状などの分類があるとのことだ。

地震雲について(地震情報サイトJIS)

確かに写真を見たところ、竜巻状の地震雲であることが考えられ、過去の地震でも似たような形状の雲が目撃されたとの情報もあるので、ちょっと気になるところではあるね…。

特に東日本大震災以来、日本全土の地殻変動が活発化しているとの情報もあるので、念のためにしばらくの間、周辺地域の人たちは注意をしておいた方がいいのかもしれない

地震雲が出ても何も起こらないことも多くあるため、地震が起こると断定は出来ない状況ではあるけど…どうか何もないことを祈っているよ

福島でも最近大きめの地震が多いですし、日本全国で心配な状況が続きそうですねぇ…。
私も、どうか何もないことをお祈りしてますですぅ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket