安倍総理の見え透いた「ヤラセ会見」に批判の声が殺到!記者からの厳しい追及も無し!「野党の印象操作につい熱くなってしまったことに反省」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年6月19日夕方に安倍総理が記者会見を開き、加計学園疑獄や共謀罪などについて触れた上で、反省の弁を口にした

・安倍総理は「野党による印象操作についに熱く反論するあまり、政策以外の論争を大きく盛り上げてしまった」と話し、「深く反省している」と口にしたものの、自らは一切やましいことはしていないことを強調

・共謀罪についても「オリンピックを開くために必要だった」と従来の主張を繰り返した上、記者による本質を突く追及もほとんどないまま、記者会見は終了安倍官邸の一方的な思惑が色濃く反映された会見だったことに、国民から多くの批判が湧き起こっている。

スポンサーリンク

首相 みずからの姿勢反省 信頼回復に努める

会見の冒頭、安倍総理大臣は学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる議論に関して、「この国会では『建設的議論』という言葉からは大きくかけ離れた批判の応酬に終始し、政策とは関係のない議論ばかりに多くの審議時間が割かれてしまった。国民の皆さまに大変申し訳なく感じている」と述べました。そして、「『印象操作』のような議論に対して、つい強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が結果として政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省している」と述べました。

さらに、安倍総理大臣は、文部科学省や内閣府での関連文書の追加調査をめぐって、「最初に調査した段階では、それらの存在を確認できなかった。二転三転した形となり、長い時間がかかることとなった。国民の政府への不信を招いたことは率直に認めなければならない」と述べました。そのうえで、安倍総理大臣は「『信なくば立たず』だ。何か指摘があれば、そのつど真摯(しんし)に説明責任を果たしていく。国民から信頼が得られるように、冷静に、一つ一つ、丁寧に説明する努力を積み重ねていかなければならないという決意を新たにしている」と述べました。

【NHK NEWS WEB 2017.6.19.】

加計問題「不信招き反省」=安倍首相、内閣改造検討を表明

安倍晋三首相は19日夕、通常国会閉幕を受けて首相官邸で記者会見した。学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設問題に関し、首相は「対応が二転三転し、国民の政府に対する不信を招いたことは率直に反省しなければならない。信なくば立たずだ」と表明。「真摯(しんし)に説明責任を果たしていく」とも強調した。また、9月にも召集予定の臨時国会前の内閣改造・自民党役員人事を検討する意向を明言した。

【時事通信 2017.6.19.】

↓安倍総理の記者会見全編。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「寿司友記者クラブ」によるヤラセ質問と用意された台本を読み上げる安倍総理!”安倍親衛隊”の全面バックアップによるチープな”寸劇”に国民からの怒りが殺到!

安倍総理の記者会見、予想はしていたけど、想像以上に酷い内容だったみたいね!!
あらかじめ安倍総理が答えやすい質問と回答までが準備にされてた上に、この期に及んでまだ「印象操作」の言葉を繰り返して…本当にここまで嘘とインチキばかりのコメントを繰り返して、本人も恥ずかしくないのかしらっ!?

ボクもダイジェストで観させてもらっただけだけど、いやはや笑っちゃうくらいのギャグとペテンに満ち溢れたトンデモ会見だったよ。
表面的には「反省」やら「申し訳ない」やらを繰り返しているものの、「自分は何にもやましいことはしていないのに、野党による卑劣な”印象操作”につい熱く反論してしまうせいで、国会で無駄な時間を多く費やしてしまって反省している」という内容に終始してたし、肝心の総理による問題の核心に触れる説明も何もなし
記者も記者で、どうやら「安倍寿司友限定」の記者会見だったみたいで、一切の厳しい追及も、安倍総理にとって都合が悪い質問も何もなし

おまけにNHKでの締めは、”安倍親衛隊”のインチキ言論人の一人である岩田明子記者が全力の安倍賛辞を行なうという、これぞ「大本営発表」というべきものだった。

安倍総理は今国会について「無駄な時間を多く費やした」なんて言っているけど、まさに、これこそが無駄な時間を費やした、何の中身も無い「茶番劇」で、前川氏や昭恵夫人らの証人喚問も一切拒否し続けて国会を強引に閉じてしまった安倍総理の、器の小ささと汚い根性をますます強く印象付けただけの、実に醜い会見であったね。

安倍総理も安倍総理なら、メディアもメディアだわ!!
こんなに人間的にも卑しくて気が小さい安倍総理にひたすらヘコヘコして、人間として恥ずかしくないのっ!?

日本の「記者クラブメディア」の連中は、カルト教団のような特殊で閉鎖された「ムラ社会」の中で生きているがゆえに、本能的に奴隷根性が完全に染み付いていて、もはや、美味しいご馳走を振舞ってもらうだけで「ご主人さま」にひたすら尻尾を振るようになり、国民を騙すことに対しても何の痛痒も感じないらしい。

まさに、日本の政治権力とメディアの醜い馴れ合いとただれた癒着を見せつけられたような会見で、日本の民主主義が阻害されている元凶を垣間見たような場だったね。

さてさて、前川氏の証人喚問も全力で拒絶したまま、配下のメディアを使って国民をすっかり騙した気になっている安倍総理だけど、今後国民はこうした安倍政権の行ないに対してどういう審判を下していくのだろうか
近くに行なわれる東京都議選が一つの試金石になっていきそうなので、今後の政局とメディア報道についてよく見えていくこととしよう。

見たところ、この会見で国民を騙した気になっているみたいだけど、そうは問屋が卸さないんだからっ!
これからも、前代未聞の最凶ペテン政権に対して、おかしい部分やウソを絶対に見逃さずに、厳しく全力で批判し続けていくわっ

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket