【おかしいだろ】北朝鮮情勢の危機がピークに達している中、安倍総理が桜を見る会で花見を楽しむ!昭恵夫人もちゃっかり登場!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年4月15日、北朝鮮の核実験と米朝軍事衝突による日本へのミサイル攻撃の緊張がピークに達している中、安倍総理が桜を見る会で芸能人たちと花見を楽しんだ

数々の疑惑や違法行為も取り沙汰されている昭恵夫人も会に出席し、夫婦ともに有名人たちとの懇談を楽しみ、安倍総理は「中小企業ともに今世紀に入って最も高い賃上げを実現できた!」などと(虚構の)アベノミクスの成果を自信満々に語った。

スポンサーリンク

首相「桜を見る会」で働き方改革の実現に意欲

総理大臣主催の「桜を見る会」が東京の新宿御苑で開かれ、安倍総理大臣は前半国会を振り返り、「風雪に耐えてきた」などと述べたうえで、長時間労働の是正など働き方改革の実現に意欲を示しました。

~省略~

安倍総理大臣は、あいさつで、「きょうは風が強いが、自民・公明の連立政権は風雪に耐える政権だ。大体、常に逆風であり、安倍政権も風雪に耐えて5年の月日を刻んできた。特にことしの前半は、本当に風雪に耐えているなという感を強くした」と述べ、前半国会の論戦を振り返りました。そのうえで安倍総理大臣は、「中小企業も含めて今世紀に入って最も高い水準の賃上げを実現することができた。働き方改革も、呼びかけに応じてくれる会社がだんだん出てきた。これは大きなうねりとなって日本人の働き方が変わっていく」と述べ、長時間労働の是正など働き方改革の実現に意欲を示しました。

【NHK NEWS WEB 2016.4.15.】

北朝鮮高官、核実験の準備を認める

北朝鮮による挑発が警戒される中、北朝鮮外務省の次官が核実験の準備ができていることを実質的に認めた。

北朝鮮外務省・韓成烈次官「最高指導部が決めた時刻、場所で核実験が行われるだろう」

北朝鮮外務省の韓成烈次官はAP通信の取材にこう述べ、核実験の準備ができていることを実質的に認めた。また、「トランプ政権はこれまでのアメリカの政権より北朝鮮に対し好戦的だ」と批判している。

さらに外務省は報道談話で、アメリカによるシリアへの軍事攻撃を非難し、「アメリカは朝鮮半島でこれを再現しようとしている」と反発。「アメリカが少しでも動けば戦争の味を見せてやる」と威嚇している。

北朝鮮は15日、金日成主席の生誕105年の記念日を迎えるが、節目にあわせた挑発行為を各国が警戒している。

【Yahoo!ニュース(日本テレビ系) 2017.4.14.】

北朝鮮が核実験の動き見せればアメリカは先制攻撃 NBCが報じる

アメリカのトランプ政権は、北朝鮮が核実験をしようとしている確証が得られた場合、通常兵器で先制攻撃する準備を進めている、とアメリカのNBCニュースが4月13日、情報機関の複数の高官の話として特報した。

NBCニュースによると、トランプ政権は巡航ミサイル・トマホークを発射できる駆逐艦2隻を朝鮮半島海域に派遣。うち1隻は北朝鮮の核実験場から約480キロの洋上にいるという。

また、アメリカは原子力空母「カールビンソン」などからなる空母打撃群を朝鮮半島近海に向かわせるなど、北朝鮮への圧力を強めている。

【ハフィントンポスト 2017.4.14.】

伊吹文明元衆院議長「反撃は日本にもくる覚悟を」

自民党の伊吹文明元衆院議長は13日、最高顧問を務める二階派の例会で、ミサイル発射を続け脅威を増している北朝鮮に対し米国が自衛的な先制攻撃を仕掛けた場合を想定し、所属議員に心構えを説いた。

伊吹氏は「もし、先制攻撃の結果、反撃能力が残っていた場合の被害は、韓国と日本に来ることは覚悟しておかなければならない」と述べた。

その上で「臨時に国会が召集され、出席要請がくる場合がある。日本がどうなるかというとき、国民の命運を握っているのは国会だ」と強調。「しばらくの間は、選挙区へ帰ったり、東京にいてどこにいるか分からないというのはまずい。緊張感を持ち、必ず連絡を取れるようにしておくのが当然だ」と訴えた。

【産経新聞 2017.4.13.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

民主・野田政権時には、北のミサイル警戒で桜を見る会が中止になっていたのに…!安倍政権の異常なまでの呑気さに批判や疑いの声が噴出!

ちょっとぉおおおっ!!
今日15日が北朝鮮の核実験の強行と、アメリカの先制攻撃の危険が一番高まる時期のはずでしょ~!?

何でこんな時に安倍総理は、のんびりと桜を見る会を芸能人たちと満喫してるのよぉ~!!

民主党の野田政権の時には「北のミサイル発射の危険が高まっている」との理由で、桜を見る会が中止になったことがあったんだけど、今回はその時の緊張度とは訳が違うからね。

アメリカによる北への先制攻撃と、北から日本本土へのミサイル攻撃の危険、そして、まさに今日は最悪の事態を食い止めるべく、ロシアと中国が何とか全面衝突の事態を避けようと両国の仲裁に乗り出している最中の状況だ。

上の記事のように、伊吹議員も他の国会議員たちに「日本が攻撃を受けるケースも覚悟するように」と警戒を促しているし、石破議員も「ソウルが火の海になるかもしれない」と発言して、在韓日本人の退避や保護も考えるべきとの考えを示してるのに、この、安倍総理一人だけの異常なまでの「温度差」は何なんだ??

安倍総理一人だけが、まるで「どこ吹く風」のように、のんびりと桜を楽しんで芸能人たちとわいわい歓談を楽しんで、さらにはお祭り好きの昭恵夫人までちゃっかり姿を現して一緒に満喫しちゃって…。
もはや安倍総理本人は、初めから「何も起こらない」のを確信しているかのような振る舞いだ。

…てことはやっぱり、安倍総理とキムファミリーは一心同体の仲良しで、最初から北朝鮮が何もしないのを知っていた疑いがあるってことね!!

やはり、おじいさんの岸信介の代からの朝鮮統一教会の文鮮明教祖との「北朝鮮コネクション」で、北朝鮮との対立やケンカも全部「プロレス」だって事を知っており、安倍一族がまさにその「ヤラセ」における中心的役割を担っているのかもしれないね。

少なからず、池口恵観経由辺りですべて内情を把握している可能性があるし、安倍一族にとっては、(小泉一族と同じく)北朝鮮は「もう一つの故郷」というべき存在なのかもしれんな。

どちらにしても、安倍総理の行動はどう見てもかなり不可解だし、もっと国民はこうしたおかしな点を徹底的に追及し、安倍政権の「正体」を知っていく必要がありそうだ。

私も、さすがに今回の行動で、安倍総理が北朝鮮と一心同体の実態を持っている疑いをますます持ったわ!

ちゃっかりと姿を現した昭恵夫人に対しても、マスコミが徹底的に追及して、多くの疑惑や不可解な点を全て明らかにさせていく必要があるわね!!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket