【グローバリズム】横浜市が「カジノ誘致」表明へ!林市長は慎重姿勢を一転!市民やネット上からは反対の声相次ぐ!

Pocket

どんなにゅーす?

神奈川・横浜市が、カジノを含むIRリゾート施設を誘致することを表明する見通しであることが判明。これを受けて、市民を中心に反対の声が多く上がっている。

・安倍政権が主導するカジノ構想には、パチンコ企業ユダヤ系巨大カジノ企業がかかわっており、日本国民を標的にしたグローバリストによる巨大ビジネス計画に対し、危機感を唱える声が上がっている。

「白紙」一転 横浜市がIR誘致へ 林市長が近く表明

横浜市が、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を誘致する方針を固めたことが18日、分かった。林文子市長が近く表明する。

~省略~

市は9月2日開会の市会第3回定例会に、2億6千万円の一般会計補正予算案を提出する方針。47ヘクタールの敷地面積を持つ山下ふ頭(同市中区)を立地場所とし、議会の承認が得られれば、事業者の公募や選定に向けた準備などに着手する。

市長はIR誘致に対し、前向きな態度を示した時期もあったが、2017年夏の市長選を前にトーンダウンして以降、一貫して「白紙」の立場を強調してきた。その市長が誘致へとかじを切った背景の一つに、国の動向があるとみられる。

18年7月に成立したIR整備法は、自治体の申請や国の認定など開業までの一連の手続きを定めたもので、整備区域は全国で最大3都市としている。第1弾の開業時期は20年代半ばと見込まれ、国は整備区域の選定基準などを定めた「基本方針」を本年度中にも決定する見通しだ。

これを受け、誘致を巡る自治体間の動きが今後さらに活発化することが予想される。実際、幕張新都心への導入を調査してきた千葉市は今月に入り、民間事業者に情報提供を求める方針を打ち出した。横浜市も早期に表明し、他の自治体に後れを取ることなく準備を進めるべきと判断したとみられる。

~省略~

【Yahoo!ニュース(神奈川新聞) 2019.8.19.】

横浜・林市長が本性を現す!目先の儲けや利権にしか目がない「グローバリストの傀儡政治家」が日本を滅ぼす!


出典:YouTube

横浜市がこれまでの「白紙」の姿勢を一転、IR(カジノ)誘致を表明する方針であることが伝えられました。
林横浜市長については、以前にも当サイトで「グローバリスト」として問題視したことがありましたが、やはりという感じですね。

現在の日本は、日本国民の莫大な血税について、国民自身にしかるべき「還元」がなされず、これらの多くが国境を持たない巨大な資本家や銀行家、大企業などに吸い上げられる、いわゆる「グローバリズム」が急進的に進んでいることを一貫して指摘してきたけど、安倍政権が強行的に推し進めている「カジノ構想」こそ、グローバリズムの極致ともいえるようなものの一つだ。

そもそも、日本においての「カジノ解禁」を企んでいる大元は、アメリカ・ラスベガスを拠点にしているユダヤ系の巨大カジノ企業などのグローバル資本勢力で、これに、安倍総理や小泉元総理をはじめとした)多くの有力議員らと深い関係を持つパチンコ企業が結びつくような構図になっている。
つまり、カジノによって最も儲かるのは、まさに(日本とはほとんど関係のない)グローバル資本勢力であり、(海外からの観光客もカジノに興味を持っていない中で)まさに、一般の日本国民が、これらの外資企業の餌食になるという構図だ。

これらのカジノ構想に躍起になっている安倍自民や維新は、まさに混じりっ気無しのグローバリストだし、彼らは、自らの利権や金儲けを最優先しつつ、日本国内の風紀が乱れては日本国民がすってんてんにさせられてしまうことに、何の負い目も引け目も感じない、いわゆる”売国奴”ということになるだろう。

当サイトも一貫して警鐘を鳴らしてきたことですが、まさしく、日本の中に際限なくグローバリズムが侵入してきては、私たちの日本がボロボロになっていくプロセスが、目に見えるように進んでいますね。

こうした流れがどんどん進んでいくと、行き着く先は、やがて国境や国家の概念がなくなっては、ありとあらゆる国家・国民の財産やインフラがグローバリストの私物と化し、いわゆる”無政府状態”のような中で巨大なグローバル資本勢力(金貸し)が直接的に市民の生命や財産を掌握する「真の人間牧場社会」が訪れることになる。

ネット上では、「水道民営化に関するパブコメ」がほとんど周知されないまま募集が終わろうとしていることがにわかに話題になっているけど、ボクたち日本国民は、国民の生命や生活に直結する「グローバリズムの恐ろしさ」について認識することが必要だし、「本当の愛国者」であれば、安倍政権が腐心しているカジノ構想こそ全力で反対し続けていくことが必要なんじゃないかな。

Pocket

 

 関連記事