【毎日スクープ】柳瀬元秘書官、17年7月の国会招致当時に愛媛県職員らとの面会を認めるような発言!「会っていないと言えない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2015年4月に官邸で行なわれた愛媛県職員らとの加計学園獣医学部開設に関する面会について、「記憶の限り会っていない」と否定し続けてきた柳瀬唯夫元首相秘書官が、2017年7月に国会招致された当時に、周辺の政府関係者に対して面会を認めるような発言をしていたことが報じられた。

・報道によると、当時柳瀬氏は政府関係者に対し、「藤原氏が加計学園の関係者を連れてきたという認識。名刺交換をした記憶もなく、同席者が誰かは確認しなかった」としつつ、「職員と会っていないとは言えない」と説明。当時より、本人は事実関係を認識しつつも、「記憶がない」などとウソをついている可能性が高まっている。

加計問題
「会っていないと言えない」柳瀬氏、愛媛職員と

学校法人「加計(かけ)学園」(加計孝太郎理事長)の獣医学部新設を巡り、柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が愛媛県職員らと面会した際に「首相案件」と語ったとされる同県作成の文書がみつかった問題で、面会が国会で審議された昨年7月、柳瀬氏が周辺に職員らと面会した可能性を認めていたことが、政府関係者への取材で明らかになった。

~省略~

文書には2015年4月2日、愛媛県と同県今治市の職員が首相官邸で柳瀬氏と面会したと記されている。政府関係者によると、柳瀬氏は、参考人として出席した昨年7月25日の参院予算委員会の集中審議前後、周辺に15年4月2日の面会について説明した。同日は官邸内の会議室で、国家戦略特区の担当だった内閣府の藤原豊地方創生推進室次長(当時)と加計学園関係者と面会。藤原氏が同伴した4~5人の関係者が同席していたという。

柳瀬氏は「藤原氏が加計学園の関係者を連れてきたという認識。名刺交換をした記憶もなく、同席者が誰かは確認しなかった」とし、「職員と会っていないとは言えない」との趣旨の説明をしたという。柳瀬氏は参院予算委では「私の記憶をたどる限りお会いしていない」と答弁したが、実際には面会の可能性を認識した上での発言だったとみられる。

【毎日新聞 2018.4.17.】

 

柳瀬元秘書官、2017年7月の国会招致の時点で実際には記憶があった模様!

出典:テレ朝news

毎日新聞が、「政府関係者からの話」として新情報をスクープしました!
報道によると、2017年7月に柳瀬氏が国会招致を受けて「記憶にない」を連発した際に、柳瀬氏が周辺の政府関係者に対し「会っていないと言えない」などと説明していたことが分かったとのことです。

つまり、国民の前では「記憶がない」フリをしておきながら、内輪での政府関係者の前では、面会した事実を認めるような説明をしていたというわけだ。

これは、柳瀬氏が17年7月の時点から現在まで、「記憶の限りでは会っていない」などと、面会の事実についてウソをついているだけでなく、「記憶がない」との説明そのものもウソであるということになるね。

おまけに、政府関係者に対しては事実を認めるような説明をしておきながら、国民に対しては一貫してウソの説明をしている時点で、非常に悪質度の高い行為ということになります。

まさしく、安倍政権を守るべく仕事をしている政治家や官僚が、最も誠意を尽くし奉仕すべきはずの国民に対してウソの説明を繰り返してまでも、「安倍総理に対してあらゆる忠義を尽くす」という、民主主義の根幹が完全に崩れ去っている状況だ。

つまり、程度の差こそあれ、この国の本質は「将軍サマの国と何ら変わりない」ということになる。

全く恐ろしい事態です。
安倍総理本人が異様なほどに政権に執念深くしがみついているせいで、その取り巻きまでもが見え透いたウソを必死につき続け、世間に醜態を晒し続けてまでも安倍総理を庇護するという、世も末のような構図が展開されています。

とにかくも、柳瀬氏はもちろん関係者全員の証人喚問を行なうことで、「なぜ柳瀬氏はここまで面会の事実をウソをついてでもひた隠しにするのか?」について、徹底的に究明していく必要があるね。

おススメ記事&広告

 
Pocket