■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【期待大】れいわ・山本太郎代表が早速、麻生太郎自民副総裁を「万死に値する」と痛烈批判!「通貨発行権を握ってる人間が財務省の手先になっている」→自民シンパらが早速大騒ぎで非難!

【期待大】れいわ・山本太郎代表が早速、麻生太郎自民副総裁を「万死に値する」と痛烈批判!「通貨発行権を握ってる人間が財務省の手先になっている」→自民シンパらが早速大騒ぎで非難!
Pocket

どんなにゅーす?

・先の衆院選で国政復帰したれいわ新選組・山本太郎代表が、麻生太郎自民党副総裁に対して、「万死に値する」と痛烈に批判。ネット上で物議をかもしている。

・山本代表は、麻生氏について「(自国通貨建ての国債の発行について)『なんの問題もない』『刷りゃあいいんだ、簡単だろ』と言ってきた人間が権力を取るまではそう言ってきて、権力を取った途端に渋りだす」と指摘。その上で、「国の通貨発行権を使いながら全国にお金を回してデフレを終わらせるということをずっと言い続けてきた人間が、完全に財務省の手先になっている」としたうえで「万死に値する存在であるとしか言いようがないです」と強く批判。

・ネット上では、自民党シンパを中心に、「生存権を侵害する憲法25条違反」「すぐにでも辞職勧告決議案を提出すべき」など、ここぞとばかりに山本氏を非難する声が大量発生している。

山本太郎氏「万死に値する人間」発言に麻生氏アンチからも“言い過ぎ”と猛批判

「はっきり言って、副総裁辞任とかじゃなくて、もうすでに万死に値する人間であると。万死に値する存在であるとしか言いようがないです」

11月10日、こう力強く語ったのはれいわ新選組の山本太郎代表(46)。衆院選を受けて開かれた特別国会の前に記者会見を開き、麻生太郎氏(81)について痛烈に批判する一幕があった。

~省略~

そんな麻生氏に対して、山本氏は「自国通貨建ての国債の発行という部分に関して、『なんの問題もない』『刷りゃあいいんだ、簡単だろ』と言ってきた人間が権力を取るまではそう言ってきて。権力を取った途端に渋りだす。確実に手のひら返しですよね」と指摘。

続けて「国の通貨発行権を使いながら全国にお金を回してデフレを終わらせるということを、ずっと言い続けてきた人間が完全に財務省の手先になっている」「副総裁とかそういう問題じゃなくて政治家自体を辞めた方がいいんじゃないかって話です」とキッパリ述べた。

そして「私のなかで一番許せない話は何かというと、この25年の経済不況を終わらせるということに関しては政府が一番力を持っていて、通貨発行権使ってお金をグルグル回さなければいけないところをお得意様しか回さなかったということ」と前置きした上で、冒頭のように麻生氏を「万死に値する人間」と言い切ったのだ。

~省略~

【livedoorNEWS(女性自身) 2021.11.11.】

山本太郎氏は麻生太郎氏を“口撃”し炎上…国会議員は「万死に値する」と言うのが実は大好き

~省略~

発言が報じられると、ネット上では<国会議員が国会議員に向かって『万死に値する』ってどうなの><いくら何でもひどい>といった声が続出。自民党支持者などは<山本は議員失格だ>などと気炎を上げているが、この「万死に値する」という単語は国会議員が大好きな言葉のひとつだ。

国会会議録で「万死に値する」の発言を検索すると、あっという間に208件みつかり、うち、2割強に当たる49件の発言者の所属会派が「自民党」だ。昨年11月24日の参院財政金融委でも、「カミソリ西田」と呼ばれる自民党の西田昌司議員(63)が「私は、今日は麻生大臣来られていませんけれど、この間の麻生大臣、財務省のこの財政政策は、本当にこれは、申し訳ないですけど、万死に値すると思っています」と発言している。

ちなみに、山本氏が“口撃”したもう一人の「太郎」である麻生氏も、2013年11月7日の参院財政金融委で、消費税をめぐる答弁で「万死に値する」という言葉を使っていた。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.11.13.】

山本太郎の「麻生太郎は万死に値する」は何の問題もない! 過去には当の麻生太郎も自民党議員も「万死に値する」発言

~省略~

それは昨年11月24日におこなわれた参院財政金融委員会でのこと。質疑に立った自民党の西田昌司参院議員は、日銀の金融緩和とセットで財政出動をしなかったことや2度にわたる消費増税といった経済政策を批判し、こう述べた。

「私は、今日は麻生大臣来られていませんけれど、この間の麻生大臣、財務省のこの財政政策は、本当にこれは、申し訳ないですけど、万死に値すると思っています」

今回、山本太郎が麻生太郎を「万死に値する」と批判したのも、「国の通貨発行権を使いながら全国にお金を回してデフレを終わらせるということを、ずっと言い続けてきた人間が完全に財務省の手先になっている」という経済政策をめぐる話のなかで出た言葉だったが、同じように経済政策を批判するなかで与党・自民党の西田議員も麻生太郎を「万死に値する」と言い切っていたのである。

言っておくが、昨年、西田議員が麻生太郎を「万死に値する」と言ったことはネット上で炎上などしなかった。

麻生太郎が鳩山元首相に「万死に値する」と発言したときも同様で、今回のような批判は何も起こらなかった。ネット上ではむしろ「よく言った!」「内乱罪で死刑にして欲しい。私刑でもいい」「その通り」「ほんとそう思うわ」「同感」などといった賛同コメントが書き込まれていた。

ようするに、今回発言したのが山本太郎だったために「生存権の侵害だ」「辞職勧告決議案を出せ」などと騒いでいるだけなのだ。

~省略~

実際、このコロナ禍で生活に困窮する人が増加しているというのに、自民・公明の与党は「18歳以下の子どもに現金5万円とクーポン券5万円相当を支給する」というトチ狂った案で合意。だが、このようにいますぐに支援が必要な人の存在をないものにした政策は、麻生太郎の存在が大きく影響を与えている。

事実、麻生氏は昨年の一律現金給付について「お金に困っている方の数は少ない」「個人の貯金に回っただけ」などと言い、厳しい生活を強いられている国民を無視。また、当初は一律現金給付を否定して、「商品券とかいうものは貯金には(お金が)あまりいかないんだよね」と発言していた。今回のクーポン券を配るという愚策も、こうした麻生氏の「なんとしてでも貯金させない」という強い意思が働いているのである。

そして、麻生太郎は、何度となく国民の「生存権」を真正面から否定してきた。老後を心配する高齢者について「いつまで生きているつもりだよ」と発言したり、「たらたら飲んで、食べて、何もしない人(患者)の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」「飲み倒して運動も全然しない(で病気になった)人の医療費を、健康に努力している俺が払うのはあほらしくてやってられんと言っていた先輩がいた。良いことを言うなと思った」などと国民皆保険制度を否定するようなことを繰り返し発言してきた。

~省略~

国民の健康と安全を守るべき立場にありながらその生存権を否定し、女性を貶め、男性に“経済的強者であることが男の価値”などと押し付け、教育の公的支出にさえケチをつける──。選挙中の「温暖化のおかげで北海道の米がうまくなった」発言をはじめ、麻生太郎の暴言を振り返ればキリがないが、つまり麻生太郎の政治家としての歴史は、国民に暴言を吐いて踏みつけにし、傷つけ、その政策で国民の命を危険にさらしてきたのだ。

~省略~

【リテラ 2021.11.11.】

数えきれないほどの売国・壊国行為を繰り返し、国民を深刻な貧困・疲弊に追い込んできた麻生太郎氏を、山本太郎氏が「万死に値」と痛烈批判!おまけに、麻生氏自身も過去に鳩山元総理に「万死」発言!

出典:Twitter(@yamamototaro0)

さすがは山本太郎さんというべきでしょうか。
国政に復帰した直後から、早速、自民党政治の腐敗の実態を厳しく突いた、ダイレクトで辛らつな言葉を発してくれました。

これはいきなり太郎ちゃん、ナイスなストレートパンチだにゃ~!!
改めて、太郎ちゃんが国会に戻ってきてくれて、ほんとに良かったにゃ!!

しかも、麻生氏本人が過去に民主党政権の鳩山元総理に対して、普天間基地の移設問題について「問題を混乱させた元は鳩山元首相だ。万死に値する」と発言していたというのだから、これは傑作だ。
自分たち(自民党政権)こそが、一体どれだけ「万死に値する売国・壊国行為」を行なってきたか分からない状況だいうのに、それを見事に棚に上げてこんな風に民主党政権を非難しているのだから、これこそ、「究極の勘違い状態」「自分たちにとことん甘く他者にとことん厳しい」という他ない。

もし、麻生氏の過去の発言を知っていた上で、あえてこの表現を使ったのだとすれば、かなり深い計算ととびきりの皮肉が込められているということですし、早くも太郎さんの国会追及が楽しみになってまいりました。

れいわのメンバーも一気に5人に増えたし、当時よりもさらに磨きがかかった、タブーにどんどんと踏み込んだ緊迫した追及劇が期待できるね。
とにかくも、「野党共闘のリーダー」として期待された立憲が全く振るわなかったことでさらなる弱体化や劣化が危惧される中、れいわは野党勢力の”唯一の光”とも言える存在だし、日本の中でも”絶滅寸前”の「反グローバリズム勢力の雄」として、今の腐りきった日本の政官界にどんどんメスを入れては、様々な深刻な社会問題の解決や改善についても積極的に取り組んでくれることを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事