【さすがカルト】安倍シンパ和田政宗議員の”暴言質問”に太田理財局長が激怒!和田「アベノミクスを潰し、安倍政権を貶めるために変な答弁をしているのでは?」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年3月19日、参院予算委員会の集中審議の中で、熱烈な安倍シンパとして知られる自民党の和田政宗議員の常識を欠いた質問に、太田理財局長が声を荒げる一幕があった。

・和田議員は、太田理財局長が民主党政権時代の野田佳彦元総理の秘書官を務めていたことを挙げながら、「増税派だから、アベノミクスをつぶすために、安倍政権をおとしめるために、意図的に変な答弁をしているんじゃないか」と質問。

・これに対し、太田理財局長は、顔を何度も横に振りながら「私は、公務員として、お仕えした方に一生懸命お仕えするのが、仕事なんで。それをやられるとさすがに。いくら何でも、そんなつもりは全くありません。それはいくら何でも、それはいくら何でもご容赦ください」と語気を強めて反論。この和田議員の知性を欠いた非常識な質問内容に、野党からも怒りの声が相次いでいる。

自民・和田氏「変な答弁、政権おとしめる意図?」 財務省・太田氏「いくら何でも」声荒げ3連発

森友学園の国有地取引をめぐる財務省による決裁文書の改ざん問題。3月19日の参院予算委員会での集中審議で、自民党・和田政宗氏の質問が物議を醸している。

和田氏は、今回の国会審議で答弁に立っている太田充・理財局長が、民主党政権時代に野田佳彦首相(当時)の首相秘書官を務めていたと指摘。その上でこう質問した。

「まさかとは思いますが、太田理財局長は、民主党政権時代に野田総理の秘書官も務めておりまして、増税派だから、アベノミクスをつぶすために、安倍政権をおとしめるために、意図的に変な答弁をしているんじゃないか」

太田・理財局長は、「いくら何でも」と3回も繰り返し、語気を強めて反論した。

「いや、お答えを申し上げます。私は、公務員として、お仕えした方に一生懸命お仕えするのが、仕事なんで。それをやられるとさすがに。いくら何でも、そんなつもりは全くありません。それはいくら何でも、それはいくら何でもご容赦ください」

【ハフポスト 2018.3.19.】

「安倍教カルト議員」の筆頭格、和田政宗議員が究極の「反知性質問」を炸裂し、さすがの太田理財局長も感情を露わに!

出典:Twitter(@jam9801)

沖縄の基地反対派の年老いたおばあさんに因縁を付けて警察に被害届を出したり、カルト勢力と密着しながら日本を破壊する活動に勤しんでいる、「安倍シンパ」のリーダー格の和田政宗議員から呆れるような暴言質問が飛び出したわ。

これにはさすがの太田理財局長も感情を露わにして強く反論したけど、この常軌を逸した安倍政権の身勝手さと傲慢さに、いよいよ財務官僚の人たちに怒りに火がついた可能性がありそうね。
(そもそも、安倍総理本人も昨年の総選挙で消費税増税を公約で掲げていたくせに、「安倍総理が増税派と戦っている」と言いたげなのも、インチキ全開ね。)

もともと省庁の中でもエリートが多く集まる財務省だけど、さすがにここまで知性も教養もゼロの「チンピラ議員」にバカにされれば、相当にムカッとくるのは当然だろう。

それにしても、ネットでも指摘されているけど、青山繁晴氏やら和田政宗氏やら、「お笑いパフォーマンス要員」「鉄砲玉」レベルの議員が続々質問に立ち始めた時点で、もはや党内でも安倍総理を強固にサポートしてくれるのが、一部の「安倍教カルト議員」のみになってきたということの表れだろう。

彼らは一部の(統一教会幸福の科学JCなどの)ネットカルト集団には大人気なものの、一般的な良識を持っている人からすれば、相手にもされないようなレベルだからね。

まったく、こんな思考力も良識もゼロの連中が「国権の最高機関」で質問に立って、貴重な国会を徹底的にぶち壊しているんだから、世も末だわ。
こんな低レベルの質問が平然と飛び交う事態なのなら、いっそのこと与党の質問そのものをゼロにした方がいいかと思うんだけど…。

こんな状況で、安倍政権はさらに大幅に与党の質問時間を増やそうと画策しているからこそ、ボクも以前から何度も「安倍政権は本気で日本の国家を根底から破壊しようとしている」と言っているんだけどね。

ただ、大手メディアもこの和田議員のトンデモ質問を積極的に報道しているし、こんな風に財務省に全ての責任を転嫁しようとすればするほど、一般国民は安倍政権の卑怯さや薄情さをより強く認識することになるだろう。
いずれにしても、安倍政権の本質や「末期的状況」を強く感じさせるようなワンシーンだね。

おススメ記事&広告

 
Pocket