【いよいよ】新型コロナワクチンの国内接種がスタート!田村厚労相「ワクチン接種で死亡したら4420万円支払い」!早速「国内初の副反応」が報じられる!

Pocket

どんなにゅーす?

・2021年2月17日、日本国内でグローバル製薬大手米ファイザー社が開発した新型コロナワクチン(コミナティ)の接種が医療従事者の間でスタート3週間間隔で2回接種する必要があり、接種は筋肉内注射によって行われるとのこと。

・菅政権は、医療従事者に次いで高齢者に対して優先的に接種を進めていき、出来るだけ早くに全ての一般国民が接種する体制を構築していくことを明言。世界的な新型コロナワクチン接種の流れに、日本も本格的に加わわっていくことになる。

新型コロナウイルスワクチン 日本国内の開発・接種状況は(2月18日更新)

2月17日、日本でもようやく新型コロナウイルスワクチンの接種が始まりました。政府は同月14日、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したmRNAワクチン「コミナティ」を特例承認。まずは、▽国立病院機構▽地域医療機能推進機構▽労働者健康安全機構(労災病院)――の100医療機関に所属する医療従事者約4万人を対象に先行接種を行い、その後、それ以外の医療機関の医療従事者、65歳以上の高齢者へと接種を広げていきます。

新型コロナウイルスワクチンの接種は、16歳以上の人が対象。3週間間隔で2回接種する必要があり、接種は筋肉内注射によって行われます。

高齢者は4月以降

日本政府は1月20日、ファイザーと年内に約1億4400万回分(約7200万人分)の供給を受けることで正式に契約。昨年7月の基本合意では「21年上半期に1億2000万回分」でしたが、正式契約では供給量を2400万回分上乗せした一方、供給スケジュールは見えづらくなりました。

~省略~

【AnswersNews 2021.2.18.】

コロナワクチン 国内初の副反応の疑い 富山県でじんましん発生

新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、政府は医療従事者向けの先行接種が始まった富山県の病院で、副反応の疑いがある、じんましんの発生があったと公表しました。国内での接種で副反応の疑いが公表されるのは初めてです。

新型コロナウイルスのワクチン接種はおよそ4万人の医療従事者を対象に今月17日から始まり、各地で進められています。

これについて、政府は、19日から接種が始まった富山県の富山労災病院で、副反応の疑いがある、じんましんの発生があったと、総理大臣官邸のツイッターで公表しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.2.20.】

ワクチン接種で死亡したら4420万円支払い 厚労相

新型コロナウイルスのワクチン接種により、副反応などで死亡した場合、国の予防接種健康被害救済制度で一時金4420万円が支払われると田村憲久厚生労働相が19日、明らかにした。衆院予算委員会で、立憲民主党の末松義規氏の質問に答えた。

田村氏は医療機関側の過失の有無にかかわらず、接種によって死亡した場合は遺族に対し、4420万円が支払われると説明。その他、葬祭料として20万9千円も給付される。

また、常に介護が必要になるような1級の障害が生じた場合は、18歳以上は本人に対して障害年金505万6800円(年額)を支給。入院せずに在宅の場合は、年額84万4300円の介護加算がされるという。

~省略~

【朝日新聞 2021.2.19.】

いよいよ日本も(世界の流れに乗り)グローバル製薬企業のワクチン接種をスタート!日本や世界が本格的な「ニューノーマルの世界」へ…!

いよいよ、日本においても(医療従事者に対する)グローバル製薬企業製のワクチンの接種が始まりましたね。
早速、「副反応が出た疑い」とのニュースも報じられましたが、欧米を中心とした「地球規模のワクチン接種」の流れに日本も加わったことで、グローバリストが推し進めている「ニューノーマル構築」に向けての”新たな段階”に入ったといえそうです。

たったの1年たらずで、あっという間に新型コロナワクチンが開発されては、世界中で盛んに接種が行なわれるようなったこと自体が本当に驚きだし、(ひねくれ者の)ボクは「グローバル製薬企業が一体どれだけの利益を手にしたのか?」ということに、非常に大きな関心を持っているよ。

新型コロナワクチンによる効果のほどだけど、ボク自身は(実は)「それなりの効果があるのでは?」との予測をしている。
ワクチンに対して強く警戒している人たちの間では、「恐ろしい毒物を注入されるのでは?」と怖がっている向きも多いけど、もし、ボクがグローバル支配層側の人間であれば、何よりもまずは「一般の市民にワクチンに対する不安や恐怖を取り払ってもらっては、その効果を実感してもらう」ことに力を注いでいくだろう。
実際のところ、欧米でもワクチン接種が進んでいることで、深刻な感染爆発が収まってきているように見えるし、恐らく、(新型コロナとこれに対応したワクチンは「すでにかなり前から存在していた」ものと疑っている=「すでにある程度のテストや安全性の確認が行なわれている」とみている中で)深刻な副反応に見舞われた人々が社会に溢れ返るような事態が起こる可能性もそこまで高くないのでは…とみている。

問題となるのは、こうして、多くの市民がワクチンの効果を実感し、「グローバル製薬企業によるワクチンを有難がり、依存するようになった後のこと」だ。
コロナウイルスが半永久的に次々と「バージョンアップ」していくごとに、ワクチンも一緒にバージョンアップしていくことになるだろうし、文字通りに、(いわばPCのOSのように)一般市民が生涯にわたって、(半永久的な「バージョンアップ」による)「コロナウイルスワクチン漬け」にされていってしまう社会が構築されていく懸念があるし、前から言っているように、やがては、「ワクチン接種歴を簡単に把握・管理するため」と称して、ワクチンそのものに「電子タトゥーシステム」が導入され、ワクチンを介したグローバリストによる「デジタル奴隷監視社会」の「ニューノーマル」が構築されていく恐れがある。

新型コロナ感染抑制に大きな効果があった場合でも、「実は単純に喜んでいられるような事態ではない」ということですね。
人々がワクチンを強く欲し、依存するということは、まさに、グローバル製薬企業がさらなる圧倒的な権力(財力)を得るということであり、さらにいえば、地球上の人類の生殺与奪をより強固に握るということでもあります。

そして、多くの民衆がワクチンに大きく依存しありがたがるようになると、ワクチンを接種していない人々を「危険なばい菌」やら「秩序を乱す非国民」などとみなすようになり、様々な弾圧や人権や自由の抑制・差別などが横行していくことも懸念される。
どちらにしても、ワクチンを通じてコロナ危機を乗り越えることが出来たとしても、その先に待っているのは、1%のグローバル支配層が人類の生命・健康・人権・自由などを思い通りに掌握する「ディストピア」であり、だからこそ、ワクチンに安易に依存せずに(既存の薬などを通じて)出来るだけ「自然の摂理」に適った「別の方法」でコロナ危機を克服していくことが重要なんだ。
とにかくも、この先の世界の新型コロナ感染状況とともに、一般国民における「生活様式や思想の変化」や、グローバル支配層の動きについても、強い警戒感を持ってウォッチしていかないといけないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事