【まさに人体実験】安倍政権、「安全性や効果が不明」なワクチンを国民にゴリ押しへ!健康被害が発生した場合も、税金で賠償金を負担!西村大臣「安全性・有効性は不明ですが、ワクチンの確保に努めます」

Pocket

どんなにゅーす?

・国内外が新型コロナ危機に見舞われている中、安倍政権が、安全性や効果に大きな疑問符が付く”新製ワクチン”を、より多くの国民に積極的に接種させる方向に動き出している。

・西村経済再生担当相は、自身のTwitterで「本日の分科会で、ワクチン接種を議論しました。ワクチンの安全性・有効性は不明ですが、国民に必要なワクチン確保に全力を挙げるべきとのご指摘いただきました。現在、ファイザー社、アストラゼネカ社とワクチン供給の基本合意済みです。ワクチン確保に努めます。」とツイート。

・国民に「ワクチン神話」を徹底的に刷り込みつつ、グローバル製薬企業に莫大な利益をもたらすために、極めて拙速なプロセスで開発された多くの危険性を秘めたワクチンを国民に打ち込もうとしている安倍政権の動きに、危機感を唱える声が上がっている。

新型コロナ ワクチン供給で米企業と基本合意 加藤厚労相

新型コロナウイルスのワクチンをめぐって、加藤厚生労働大臣は、記者団に対し、アメリカの製薬大手ファイザーが開発に成功した場合、来年6月末までに6000万人分のワクチンの供給を受けることで、会社側と基本合意したことを明らかにしました。

~省略~

アメリカの製薬大手ファイザーは、ドイツの製薬会社と共同でワクチンの開発を進めていて、今月からより大勢の人を対象にした段階の試験に進んでいて、早ければことし10月にも承認の手続きに入ることを目指しているということです。

ワクチンは、1人当たり2回接種することになっているため、供給を受けるのは1億2000万回分になるということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.7.31.】

コロナワクチン健康被害、国が賠償肩代わり 政府、法整備検討 海外製薬要請

新型コロナウイルスのワクチンを巡り、政府は、実用化後に副反応(副作用)で健康被害が生じ訴訟が起きた場合、国が製薬企業の訴訟費用や賠償金を肩代わりする法整備を行う検討に入った。政府が複数の海外メーカーと進めるワクチン確保交渉で、メーカー側が契約にこうした規定を盛り込むよう求めていることを受けた対応。次期国会に関連法案を提出する方向で調整する。

~省略~

海外メーカーは新型コロナのワクチンを巡り、パンデミック(世界的大流行)という緊急性を踏まえて開発を急いでいることを背景に「訴訟が起きても責任は負いきれない」と主張。ワクチン供給の契約で、訴訟が起きた場合は国が損失補償するよう求めている。

~省略~

【毎日新聞 2020.7.22.】

↓西村経済再生相「『ワクチンの安全性・有効性は不明』ですが、国民に必要なワクチン確保に全力を挙げるべきとのご指摘いただきました」

西村経済再生相が「ワクチンの安全性・有効性は不明ですが…」とうっかりポロリ!製薬企業も”賠償放棄”を宣言する「恐怖のワクチン」を全国民にゴリ押しへ!

出典:Twitter(@nishy03)

日本国民を大量虐殺することも全く躊躇しない、安倍政権の恐ろしい本性がいよいよ剥き出しになってきたわ。
何があろうとどんな時でも、グローバル資本勢力への利益誘導だけが最優先
私たち国民の資産だけでなく、ついには命までをも差し出そうとしている有様だわ。

ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑・京大特別教授も新型コロナウイルスのワクチン開発や効果について、極めて強い疑問符を示しているけど、グローバル製薬企業自体が「効果が無い可能性がある上に、健康被害も発生する可能性があるからね」とわざわざ言っているにもかかわらず、「それでもかまいまへんでぇ」といわんばかりに早々に1億回分を超えるほどのワクチンを購入することで製薬企業と合意って…こんなバカげた話が他にあるか?

事実、ワクチンをめぐっては、子宮頸がんワクチンをはじめとして、過去に深刻な健康被害が発生したケースが多数あるし、一般的にワクチンの安全性や有効性を確認するには、数多くのテストや検証を経て10年くらいの期間が必要とも言われている。
そんな中で、このような、いまだに分かっていない部分が多すぎる新型コロナ感染を防ぐために、1・2年程度で作られたワクチンをすぐに全国民に奨励するなんて、これほど狂気に満ちた恐ろしいことはないだろう。

そもそも、新型コロナについては、既存の一部の薬に効果がみられるとの報告も出ている一方で、これらの薬の効果を否定する声も多く出ている状況だけど、こうした動きも「情報操作」の一つである疑いもあるし、どうも、「ワクチンこそが人類を救う」といわんばかりに、世界中の市民にグローバル製薬企業が作ったワクチンを接種させる方向で、大手のマスコミが世論誘導している動きがみられる。

つまり、新型コロナ危機を通じた世界支配層の狙いは「そこ」であって、世界中でコロナ危機を引き起こした挙句、人々に「ワクチン神話」を刷り込むことで、最終的には、世界市民を完全なるコントロール下に置くための「有害なワクチン」を接種させるための(ビル・ゲイツ一派による)「一大プロジェクト」が現在行なわれているってことね。

どうやら、欧米の市民の間においては、1%によるこうした”企み”がかなりバレてきており、多くの人々が強く反対し始めているようだけど、海に囲まれている上に、日本語しか自由に理解できない人々が多い日本においては、まだまだ、既存のマスコミ報道に誘導・洗脳されてしまっている人が多いようだ。

今の様子を見る限り、どうやら、安倍政権は本気で日本国民に得体の知れない新製ワクチンの”効果”や”健康被害”を確かめるための人体実験を施そうとしているようだし、「このままでは、いずれ日本国民は安倍政権に大量に殺される」と危惧してきたボクの悪い予感が次々と現実化してきている。
なんだか、安倍総理が長期間にわたって”雲隠れ”していることに対して、「可哀そう」「今は少し休んで英気を養ってください」などと気遣ったり心配する声が出ているようだけど…こんな、国民を大量虐殺することも全く躊躇しないほどの”凶悪犯罪集団”を心配するほど愚かしいことはないし、こんな連中のことを有難がったり心配したりしていたら、じきに自分たちの方が容赦なく殺されるぞ。

ほんとに、救いようのないほどの「奴隷洗脳」と言うしかないですし、相当強い自殺願望に支配されているとしか言いようがないわね。
こうした「奴隷洗脳」の蔓延は、多くの関係ない人たちまで巻き添えにしてしまうし、戦争の時と同じように、またも、大量の日本国民がグローバリストに殺されてしまう事態が徐々に現実味を帯びてきたような感じがするわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事