■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

大阪・心療内科のビル放火事件、放火殺人容疑の61歳の男も病院に搬送され「危険な状態」に!事件直前に男の自宅も燃えていたことが判明!

大阪・心療内科のビル放火事件、放火殺人容疑の61歳の男も病院に搬送され「危険な状態」に!事件直前に男の自宅も燃えていたことが判明!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年12月17日に発生、24人が死亡した「働く人の西梅田こころとからだのクリニック」の放火事件において、放火と殺人容疑で捜査中の61歳の男も病院に搬送され「危険な状態」にあることが報じられた。

・また、事件直前に男の自宅が燃えていたことが判明。警察は、クリニックに加えて当院に通院していた男の自宅でも現場検証を行なっているという。

大阪 ビル火災 現場検証 微量の油検出 61歳男 殺人と放火疑い

~省略~

17日午前10時20分ごろ、大阪・北区曽根崎新地の8階建てのビルの4階にある心療内科と精神科などが専門のクリニック「働く人の西梅田こころとからだのクリニック」で起きた火災では28人が病院に搬送され、このうち24人が死亡しました。

警察は殺人と放火の疑いで捜査しています。

現場では、18日午前10時ごろから警察と消防合わせておよそ20人がビルの中に入り、現場検証を行っています。

捜査関係者などによりますとクリニックの入り口付近からは燃え残ったごくわずかな量の油が検出されているということです。

これまでの調べでクリニックに入ってきた男が、持っていた紙袋を暖房器具の近くに置いて蹴り倒し袋から液体が漏れ出して燃え上がるのが目撃されているということで、警察は男が可燃性の液体を持ち込んだ可能性があるとみて調べています。

捜査関係者によりますと火をつけたのはクリニックに通院していた、大阪・西淀川区の61歳の男とみられ、病院に搬送されていて容体はかなり危険な状態だということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.12.18.】

出火に関与した疑いの男、事件直前に自宅も燃える 大阪のビル火災

~省略~

捜査関係者によると、ビル火災の30分ほど前に、紙袋を持ってきた男の自宅とみられる大阪市西淀川区の住宅で火災が発生した。府警は関連を調べている。住宅火災は約1時間後に消し止められ、けが人はいなかった。住宅はクリニックから約3・5キロ西に位置する。

【朝日新聞 2021.12.17.】

多くの国民が多大なストレスや恐怖・不安にさいなまれている中、またも社会を震撼させる”無差別殺人事件”が発生!誰もが被害者・加害者になり得る現代の「ディストピア社会」!

またも、日本社会を大きく震撼させる衝撃的な「無差別殺人事件」が発生してしまいました…。
報道によると、心療内科に火を付けたのは、同院に通院していた61歳の男とのことで、男も意識不明の重体にある上に、事件直前に自宅が燃えていたことも分かったとことです。

なんせ、ようやくコロナ危機も小康状態に入り、このまま平穏な社会が徐々に戻ってくるかと思っていた矢先に、グローバリストによって「オミクロンパニック」が引き起こされては、マスコミもこれに全面的に加担して、言いようのない不安や恐怖から解放されつつあった日本国民を、再び一気に「恐怖のるつぼ」に陥れてしまっていたからね…。
事件を起こした男の詳しい内情は分からないけど、報じられている行動をみる限り、かなり深い絶望状態にあっては、極めて短絡的な思考に陥り、正常な判断能力を失い自暴自棄になっていたことがうかがえる。

ただでさえ「ストレス社会」により様々な心身の不調を抱えていた人が増加していた中で、コロナ危機によって心療内科や精神科を受診する人が爆発的に増えていることが考えられますし、元より日本国内において医師や看護師が質・数ともに決して十分とは言えなかったなかで、現在において多くの困っている人々に全く対応できていない内情があることがうかがえます。

このクリニックに通っていた多くの患者が路頭に迷ってしまう事態も心配だけど、何より懸念されるのは、グローバリストによる継続的な「コロナキャンペーン」により、ますます多くの人々が多大なストレスを抱えては、様々な心身の不調が発生してしまう恐れがあることだ。
これこそが、まさに、グローバリストが望んでいた「人口削減」と「グレートリセット」の本質であり、一人でも多くの人々がマスコミによる「恐怖キャンペーン」の悪影響を受けず、自分自身の頭で冷静に判断し、(自身の心身を平静に保てるように)腐敗したコンテンツから出来る限り距離を置くことが重要だ。

特に、マスコミによる現在の「オミクロンパニック」の恐怖の煽り方は相当に悪質ですし、グローバリストの悪魔的な姦計に引っ掛かってしまわないように、しっかりと問題の本質を見極めながら、その怒りと抗議の矛先を腐敗しきった権力や、政治・マスコミを操ってきたグローバル資本勢力に向けていかないといけません。

ああ。現実と実情を見極めることが出来れば、必ずや解決の糸口や希望の光は見えてくるはずだ。
とにかくも、マスコミによる悪質な「恐怖洗脳」から脱していくことが何よりも重要だし、なおかつ、何があっても慌てることが無いように、防災についての意識や備えも今一度確認していくのがいいのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事