■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【マッチポンプ臭】コロナ新変異株「オミクロンパニック」により各国で続々渡航制限&株価も暴落!→グローバル製薬企業は「100日以内に対応ワクチンを供給する準備がある」と発表!

【マッチポンプ臭】コロナ新変異株「オミクロンパニック」により各国で続々渡航制限&株価も暴落!→グローバル製薬企業は「100日以内に対応ワクチンを供給する準備がある」と発表!
Pocket

どんなにゅーす?

・アフリカで見つかり欧州各国で感染が確認されている最新の変異株「オミクロン株」により、海外で次々渡航制限が相次いでいる上に世界的に株価が暴落する事態が起こっている。

・この事態を受けて、米ファイザーらグローバル製薬企業は「従来のワクチンが効かない場合は、100日以内に対応できるワクチンを供給する準備がある」と発表その不自然さと手際の良さに、世界から疑いの声が上がり始めている。

EUもアフリカ7カ国から渡航制限 新変異株で加盟国合意

【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)加盟国は26日、感染力の強い新型コロナウイルスの新変異株(オミクロン株)流入を阻止するため、7カ国からEUへの渡航制限措置を速やかに導入することに合意した。7カ国は南アフリカとボツナワ、エスワティニ、レソト、モザンビーク、ナミビア、ジンバブエ。

既にイタリアは26日、マラウイを加えた8カ国に過去2週間に滞在した人の入国禁止を決定。ドイツも、南アからの外国人の入国を禁じ、帰国者に2週間の隔離を義務付けると発表した。フランスは7カ国からの渡航者受け入れを少なくとも48時間停止した。

~省略~

【時事通信 2021.11.27.】

「オミクロン株」ショック 世界同時株安、NYは一時1000ドル安

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が、回復基調にある世界経済に冷や水を浴びせている。祝日明け26日の米ニューヨーク株式市場では、景気回復が遅れるとの警戒感が広がり、ダウ工業株30種平均の下げ幅が一時、1000ドルを超えた。終値は前営業日比905.04ドル安の3万4899.34ドルと、約1カ月半ぶりに3万5000ドルの大台を下回った。世界的な感染再拡大の懸念から、アジアや欧州市場でも軒並み株価が下落し、世界同時株安の様相となった。

航空機などの燃料需要が落ち込むとの見方も広がり、原油価格は急落。26日のニューヨーク原油先物相場では、基準となる米国産標準油種(WTI)が約2カ月半ぶりに1バレル=70ドルを割り込んだ。

投資家は株式や原油先物などリスクの高い資産から、安定性の高い投資先に資金を移し始めた。26日のニューヨーク外国為替市場では、比較的安全とされる円に買いが殺到。午後5時時点では、祝日前の24日と比べ1円92銭円高・ドル安の1ドル=113円44~54銭で取引された。

~省略~

【毎日新聞 2021.11.27.】

新変異株オミクロン株の日本流入を警戒、岸田首相「強い危機感」 水際対策強化の対象にアフリカ9か国

政府は、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の日本への流入に警戒を強めた。岸田文雄首相は27日、モザンビーク、マラウイ、ザンビアのアフリカ3カ国を28日から水際対策強化の対象に追加すると明らかにした。オミクロン株について「強い危機感を持って臨んでいる。水際対策をしっかり行っていきたい」と東京都内で記者団に述べた。
水際強化の対象は、27日から適用した南アフリカなど6カ国と合わせ9カ国となる。欧州や香港で感染者が確認されたのを踏まえ、さらなる追加措置の実施も視野に入れる。

~省略~

【東京新聞 2021.11.27.】

新変異株「オミクロン」に対応、米ファイザーらワクチンを100日以内に供給へ

【ワシントン=船越翔】ロイター通信は26日、米製薬大手ファイザーと独製薬企業ビオンテックが、南アフリカなどで検出された新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に従来のワクチンが効かない場合は、対応するワクチンの供給を100日以内に始める方針だと伝えた。

報道によると、両社はオミクロン株へのワクチンの有効性を検証中で、今後2週間で効果の有無を判断するデータが得られる見通しだと説明している。ワクチンの改良が必要な場合は6週間以内にワクチンの内容などを再設計し、早期の生産を目指す。

~省略~

【読売新聞 2021.11.27.】

世界中で「ワクチン義務化」に反対する声が噴出する中、「オミクロンパニック」が勃発!(ヤラセ臭がプンプン)

出典:pixabay.com

さすがの私も、この流れはあまりにおかしいし不自然だと思うわっ!!
とにかくも、グローバリストの連中は、何が何でも、私たち一般市民に生涯にわたって無制限に新型コロナワクチンを打たせようとしていることだけはよく分かったわっ!!

世界中の人々が一連のコロナ危機について「なんかおかしい」と気が付き出しては、少なくともコロナ危機の2年前に(欧州委員会によって)グランドデザインがなされていたワクチンパスの本格導入に強く反対する声が噴出してきた中での、この「オミクロンパニック」だからね。
ここまで株式市場が過剰反応して暴落したのも、明らかに、グローバル資本勢力による作為的な臭いが充満しているし、こうやって「オミクロンパニック」で市場が混乱に陥れば、自ずと各国の政治家に資本家から非常に強い圧力がかけられては、政府が本格的な対応に動かざるを得なくなるからね。

そうして、(投資家からの圧力によって)各国政府がグローバル製薬企業の最新ワクチンを大量購入して、国民に半強制的に打たせていく流れが作られていくわけねっ!
やっぱり、グローバリスト連中の間で「民衆からワクチン義務化に反対する運動が大きくなったら『この作戦』を実行する」とあらかじめ練られていたとしか思えないわっ!

新型コロナの発生からワクチンキャンペーンに至るまで、「全てが偶然の下にガチンコで起こっていること」だといまだに信じている人は一体どれだけいるのかな?
過去2度の世界大戦の時の構図と実にそっくりになってきているし、地球規模のパニックや破綻を引き起こしている”黒幕”は同じ連中(「世界政府思想」を持っているグローバリスト)だ。
かつての2度の世界大戦においては、各地で「エセ民主主義」がインストールされたけど、現在、”彼ら自身”がかつて世界中にインストールした「エセ民主主義」を自ら壊して、AIなどの最新のデジタル技術を駆使して民衆を完全なまでに「ロボット奴隷化させるための世界大戦」が行なわれている状態だ。

うわぁ…改めて、ビートルズのジョン・レノンが遺した言葉が全て本当だったことを肌で感じるし、この世界は「マジでクレイジーな1%の連中」によって操られていることをもっとよく認識しないといけないわねっ!

残念ながら、今の日本の政界やマスコミはグローバリストによってかなりのレベルまで汚染されてしまっており、今すぐにこれをどうにか改めることは極めて困難だ。
ボクたち一般市民自身が自らで考え、現在日本や世界で起こっていることを分析し対処法を考えていかないといけないし、これができないと、いよいよ生涯にわたる「奴隷化ワクチン」の接種とワクチン義務化&ワクチンパスによって、ほとんどの思考力やまっとうな意思をも狂わされてしまっては「史上最悪のゴイム」に作り変えられてしまうことだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事