【ぐはぁ…】トランプ氏、安倍総理に米農産品の”巨額購入”を要求!貿易交渉とは”別枠”で!→日本政府は数百億円規模の購入を検討か!

Pocket

どんなにゅーす?

米・トランプ大統領が、安倍総理に対して「米国産農産品の巨額購入」を求めていたことが判明。共同通信が報じた。

・報道によると、トランプ氏は(米側に圧倒的に有利とされている)日米貿易交渉の合意とは別枠で要求しているとされており、貿易交渉の悪影響を恐れる日本政府は、(輸送費含め)数百億円規模の購入を検討する案が浮上しているという。

米、日本に農産品購入要求
対中輸出減の穴埋めか

【ワシントン共同】トランプ米大統領が安倍首相に対し、米農産品の巨額購入を直接要求していたことが13日、分かった。対中国輸出が貿易摩擦で減少しており、穴埋めを求めた形。これまでの会談でトランプ氏は大豆や小麦など具体的な品目を挙げたとされ、米政権は対日貿易赤字の削減を目指して進めている日米貿易交渉の枠組みとは別に購入を迫っているという。日米両政府の関係者が明らかにした。

貿易交渉への悪影響を警戒する日本政府は本格的に対応を検討。具体策は固まっていないが、アフリカ食料支援の枠組みを活用し、輸送費を含め数億ドル(数百億円)規模で購入する案が政府内で浮上している。

【共同通信 2019.8.13.】

出典:Twitter(@kentestu)

これが、トランプが公言していた「大変良い発表」!?数百億規模の「売国」で日本の農業は大打撃確実に!

出典:Twitter(@deskain)

またしても、安倍総理によるとんでもない売国が明らかになったわっ!
アメリカ産の農産品を「数百億円規模」で購入って…これじゃあ、日本の農業が壊滅的な打撃を受けるのは確実じゃないのよっ!!

しかも、上の共同通信の記事をよく読むと、「日米貿易交渉の枠組みとは別に購入を迫っている」とのことだし、さらには、「貿易交渉への悪影響を警戒する日本政府は本格的に対応を検討」って書かれているね。
つまり、今回の「凄まじい売国」に加えて、本筋の日米貿易交渉でも「かなり強烈な売国」を迫られているということになるし、まさしく、安倍総理は、史上最悪の「売国の約束」を次々とトランプと結ぼうとしている状況ってことだね。

まあ、逆接的に言うと、(米・イスラエルのグローバリストの傀儡国家である)日本の総理が安定した長期政権を手に入れるには、「売国を繰り返すこと」が「唯一で最大の秘訣」だし、安倍総理は、これだけの「凄まじい売国」を繰り返してきたからこそ、日本国内で強大な権力を手に入れることに成功したってことだね。

しかし、トランプもわざわざ”ご丁寧”に、選挙前に安倍総理の売国を”予告”してくれていた状況だったのに、この国では、これでもなお、自ら自民党に投票してしまう国民が大勢いる状況だからね。
この国を思いのままに支配してきたグローバリストにとっては、本当に楽なもんだよ。

いよいよ10月から10%増税も始まってしまう状況だし、日本にとっては、これでもかというほどに、経済がどんどん酷くなっていく悪要素が「てんこ盛り」の事態じゃないのよっ!!
アメリカとは、今回の売国に加えて、さらなる”売国協定”が結ばれる見込みみたいだし、いよいよ、日本も転落の道へまっしぐらの予感しかないわぁ!

いずれにしても、日本国民は、韓国との”プロレス”などに盛り上がっているような事態ではないということだけは確実だろう。
とにかくも、日本国民は(これからいよいよ本格化していくことになりそうな)自国の経済の本格的な危機に目を向けた方がいいし、自分たちが生き残っていく方法を国民みんなで真剣に考えていくことが必要なんじゃないかな。

Pocket