■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ほら来た】国政進出の都民ファに国民民主(前原一派)が協力か!衆院選で連携する可能性!→グローバリストによる「新たな野党分断工作」が本格始動!

【ほら来た】国政進出の都民ファに国民民主(前原一派)が協力か!衆院選で連携する可能性!→グローバリストによる「新たな野党分断工作」が本格始動!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年9月2日、小池都知事が特別顧問を務める都民ファーストの会が衆院選に候補者を擁立する動きについて、国民民主党が協力・連携する可能性を示唆した。

前回の衆院選でも、小池氏率いる「希望の党」が、グローバル資本勢力による「野党分断・崩壊工作」に大きく”寄与”した中、今回も小池一派と一部野党勢力(前原一派)が「新たな野党分断工作」に向けて、本格的に動き出す様相を見せている。

国民玉木代表、都民ファーストの会との衆院選連携を否定せず 選挙協力か

国民民主党の玉木雄一郎代表は2日、東京都議会に会派を持つ地域政党「都民ファーストの会」と次期衆院選で連携を検討するかどうか問われ「コメントを控える」と否定しなかった。「都民ファの3日の記者会見でどういう方針なのかまず見定めたい」とも述べた。長崎市で記者団の質問に答えた。

~省略~

関係者によると、都民ファは国政に進出する方針を固め、国民に選挙協力を要請している。国民も応じる構えだ。都民ファ代表の荒木千陽都議は3日に会見し、国政での新党設立に関し発表する。特別顧問の小池百合子知事は衆院選に出馬しない意向を明言している。(共同)

【日刊スポーツ 2021.10.2.】

今回もまた始まった「小池一派&前原一派」による「野党分断破壊工作」!場合によってはここに維新も加わり、「立憲・共産・れいわ潰し」が本格化していく恐れ!

出典:YouTube

私たちは、小池都知事率いる「都民ファの国政(衆院選)進出」の動きに強い警戒感を持っていましたが、早速、「この動き」が広がりをみせてきましたね。

まあ、簡単にいえば、前回の衆院選で展開された「小池一派&前原一派による野党分断破壊工作」が今回も始動してきたということだし、何もかもがボクが予想していた通りだ。
当時の衆院選後に、野党内に「破壊工作員(グローバリストの忠実な遣い)」が存在し続ける限り、政権交代は極めて難しい上に国民生活が豊かになることは永遠に無いということを指摘したけど、要は、”彼ら”を政界から完全に追放しない限り、同じことが延々と繰り返されるということだ。

●過去参考記事:小池百合子・前原誠司・細野豪志・長島昭久ら野党側に入り込む「グローバリストのスパイ」たち!彼らがはびこる限り、民主主義は永遠に実現しない!(2017.11.13.)

今回の動きが、本格的な「立憲・共産・れいわ潰し」の動きに発展していく可能性が高い中、まずは、ここに維新が加わることで、主に「無党派層」に向けて支持を拡大しようとしていく可能性が考えられます。

戦略としては、マスコミが「既存の野党に対する(批判ばかりで何の対案も出そうとしない、全く頼りない、政権を担う能力がない…などの)ネガティブキャンペーン」を盛り上げたうえで「新たな第3極」として、自民のみならず既存の野党にも失望している有権者の票を掘り起こしていく…といった感じかな。
あまりにも手垢のついた古めかしいやり口だけど、マスコミが大々的にサポートすればそれなりの効果は見込めるだろうし、場合によっては、(野田元総理など)立憲の一部の勢力もこちらに流れて「党内分裂」に発展していく可能性もある。

とにかくも、こうしたグローバル資本勢力による大々的かつ悪質なペテンやフェイクに国民がどれだけ引っ掛からずに、「どれだけ(国民にとって利がある)まっとうな投票行動を行なえるか」ということしかないですね。

この(毎度おなじみの)小池&前原一派の野党破壊工作がどこまで盛り上がっていくのか、よく見ていかないといけないし、この他にも、どうにか野党が勢力を大きく伸ばさないように、様々な騙しや世論誘導が激化していくのは確実なので、今後も細心の注意を払っていかないといけないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事