【ふざけてる】大阪・松井知事と吉村市長が辞職願!「入れ替えW選挙」開催で都構想をごり押し!「党利党略」丸出しの維新に批判殺到!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年3月8日、維新の松井大阪府知事と吉村大阪市長がともに辞職願を提出し、4月の統一地方選と同日に、知事と市長を入れ替えて出馬する「ダブル選挙」を行なうことが決定した。

・知事と市長を入れ替えることで両者の任期を大きく引き延ばす狙いがあり、住民投票で否決された大阪都構想を何としてもごり押しさせるために”ラフプレー”に走る松井・吉村両氏に批判の声が殺到している。

大阪府知事・市長きょう辞職届 「クロス選」意向表明へ

大阪都構想の是非を問う住民投票を巡る大阪維新の会と公明党の交渉決裂を受け、大阪府の松井一郎知事(維新代表)と大阪市の吉村洋文市長(維新政調会長)は8日夕、府・市議会の議長に辞職を届け出る。辞職は20日付。両氏はダブル選に知事・市長が入れ替わり立候補する考えで、統一地方選と同日の来月7日に投開票される見通しだ。

~省略~

辞職の届け出を受け、両議長は5日以内にそれぞれ府・市の選挙管理委員会に通知。両氏は議会に辞職の同意を求める見通しだが、同意がなくてもダブル選への立候補に伴って元のポストは自動失職する。知事選は21日、市長選は24日に告示される。吉村氏は8日午前、「人生悔いのないようにやりたいという心境」と記者団に話した。

維公は住民投票の実施時期について交渉を重ねてきた。だが、実施時期を確約できるかで対立が激化。統一選前で最後の開催となった都構想案を作成する7日の法定協議会でも歩み寄れず、松井、吉村両氏は公明と最終的に交渉は決裂したと判断した。

知事、市長の辞職届け出を受け、自民党や公明などの主要政党も8日夕以降に相次いで会見を開き、ダブル選への対応を説明する予定だ。(吉川喬、楢崎貴司)

【朝日新聞 2019.3.8.】

地元の利権と大阪支配を継続・強化したい松井一派が、大義なき「入れ替えW選挙」を強行!グローバリストや闇勢力と深く繋がる維新は壊滅させるべき

出典:YouTube

自分たちの利権や大阪支配を維持・強化させていくために、都構想をいつまでもごり押しし続けて、挙げ句の果てに、自分たちの任期を引き延ばしたいだけのための「入れ替えW選挙」を強行って…こんなふざけた話って他にあるかしらっ!?

維新の現在の状況や内情について、ネット上では色々な見立てが出てきているけど、これを機に、どっちも落選して完全に消えてくれるといいんだけどね…。
果たして「どうなることやら」という感じだ。

維新というのは本当に厄介な存在で、改憲やカジノ、水道民営化やTPPなどのグローバリズム政策を推し進める安倍政権に全面的に協力することで、安倍官邸や竹中一派などのグローバリストからの保護を受けている上に、地元の反社会勢力や土木業者などとも深い繋がりがあり、一時期の勢いはすでになくなっているものの、その根っこにおいて、強力な利権や闇勢力の支援を得ていることで、撲滅させるのがなかなか難しい状況だ。

ここで詳しく語るのはやめておくけど、大阪は様々な根深い問題が存在しており、これらの「腐敗」が維新の原動力になっている状況だ。

森友学園疑獄においても、認可や建設などにおいて、維新の存在とそれらを取り巻く闇が取り沙汰されてきたけど、今回のW選挙で万一両者とも当選するような事態になったとすれば、まさしく、これらの「大阪の闇」が相当に強大で根深いことを意味するね。

確かに、テレビでも森友疑獄における維新の存在がほとんど報じられていないように思えるし、相当に深い闇があるからこそ、真相究明がかなり困難な状況になっている上に、複数の死者が出ているってことね。
今回のW選挙でこのコンビが勝利してしまったら、維新が再び勢いを取り戻してしまう危険もありそうだし、一体どうなるのかしら?

野党側は自民党の大阪府連や公明とも協力しながら対立候補を立てていく方針みたいだけど、(維新がここまで汚い手を繰り出している以上)ここはあらゆる手を尽くして維新の跋扈を防いでいく必要があるかもしれないね。

Pocket

 

おススメ記事&広告