「N国」立花孝志氏の「マツコ潰し」に著名人から疑問・批判の声!小林よしのり氏や高須院長、野口健氏まで!

Pocket

どんなにゅーす?

NHKから国民を守る党・立花孝志代表が、同党に批判的なコメントを投げかけたマツコ・デラックスに対し、生中継しながら番組スタジオ前に押しかけ、脅しをかけるパフォーマンスを敢行したことに対し、著名人が次々と批判や疑問の声を上げている。

・漫画家の小林よしのり氏は、「『国会議員』という権力者が『一国民』の批判に対して、直接職場に押しかけて、圧力をかけている」と問題視。マツコ氏に対して、今後も同党を批判し続けるようにエールを送った。

・加えて、高須クリニックの高須克弥院長やアルピニストの野口健氏など、安倍一派と近しい関係を持つ著名人からも疑問の声が上がっており、立花氏のN国が持つファシズム的性質に対して警戒感が広がっている。

小林よしのり氏、マツコにエール「言論弾圧に負けてはいけない」

漫画家、小林よしのり氏(65)が13日、自身のブログを更新。NHKから国民を守る党の立花孝志代表(51)が12日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜後5・0)でのタレント、マツコ・デラックス(46)の発言を受けて東京・麹町の同局を電撃訪問したことを非難し、マツコにエールを送った。

~省略~

小林氏は、立花氏のマツコ“突撃”を「言論弾圧」とし、「『国会議員』という権力者が『一国民』の批判に対して、直接職場に押しかけて、圧力をかけているのだ」と指摘。国会議員である立花氏は「権力者の側」にいるとし「国民が払う税金で働き、食う身分である。主権者たる国民によって仕事をさせてもらえる身分なのだ。マツコ・デラックスはたくさん税金を払っているだろうから、N国代表はマツコに食わせてもらっているのだ。なぜマツコの言論を弾圧できる?」と断じた。最後に「マツコは『言論弾圧』に負けてはいけない。自由にN党を批判せよ!」とエールを送った。

【サンスポ 2019.8.13.】

立花N国党首、マツコをぶっ壊す!生放送中のスタジオ前で大演説 (スポニチ)

~省略~

《“N党の支持者”高須院長つぶやく「失望」》高須クリニック院長の高須克弥氏はツイッターで「失望しました」と立花氏の言動を批判した。「僕には立花さんがNHKくらい暴力的に見えます。N国の政党助成金も我々の税金です。払いたくない人の金もまざってます。同じ穴の狢(むじな)」と苦言。さらに「投票はしませんでしたが心情はN党の支持者でもありました。マツコさんを罵(ののし)っている立花さんの動画を見てからマツコさんの考えに傾きつつあります」と残念がった。

【毎日新聞(スポニチ) 2019.8.13.】

立花孝志氏の過激な「ファシズム的手法」に、高須院長や野口健氏までもが疑問の声!→ネット上はカオスな状態に!

出典:Twitter(@tachibanat)

N国・立花孝志代表による「マツコさん潰し」に対して、なんと、高須院長やアルピニストの野口健さんまでもが疑問や批判の声をあげ始めているわ!
小林よしのりさんはともかく、この二人が批判の声をあげているのは、ちょっと意外な感じもするんだけど…それだけ立花氏のやり方が常軌を逸しているってことかしら。

ボクに言わせれば、安倍政権もN国の路線をソフトにしただけで、本質的にはそんなに違いがないように感じるんだけど…安倍政権から多大な恩恵を受けている利得関係者が大勢いるのに対し、N国からは権益を受け取っていない著名人が大勢いるような状況の中で、N国に対しては、まだ社会の中で「忖度の連鎖」が起こっていない状況みたいだね。
(加えて、マツコ氏が芸能界の中でそれなりに顔が利く人物であることも影響している可能性があるだろう。)

ちなみに、高須院長や野口氏のツイッターをのぞいてみたけど、やはり、熱狂的なN国支持者と思われる反論コメントがそれなりに多く寄せられていたし、民主主義に否定的な思想を持つヘイト系勢力の中で軽く”分裂”するような事態になっている感じだ。

改めて述べておくけど、N国が何よりも非常に危険なのは、立花氏自身が、法律を破ることを推奨するような発言をしており、彼が、国家の根幹を形作っている「法治国家の大前提」を否定する思想を持っているようにみえることだ。
街頭演説においても、軽くヤジを飛ばした主権者の国民を執拗に追いかけ回し、大人数で取り囲んでは罵詈雑言を浴びせた動画が問題になっているし、やることなすことがカルトチックで、かつ非常に暴力的な性質が目立っている

国会議員が堂々と法を破るようになってしまっては、間違いなく社会は崩壊するし、日本の民主主義と法治国家のシステムを守るためにも、何としても、N国のこれ以上の勢力拡大を阻止することが必要だろう。

法律を破ることを推奨している国会議員なんて、ほんとヤバすぎるし、これは、「NHKをどうにかする」どころの問題じゃないわ。
「NHKをぶっ壊す」ためにこの人たちに大きな権力を与えちゃうと、取り返しのつかないような「かなり大きな代償」を払う羽目になる可能性があるし、今のうちにN国の勢力拡大の芽を摘んでおく必要があるんじゃないかしら。

そういう意味では、高須院長や野口健氏による批判コメントはとても有り難いし、こんなヤバすぎるN国の幹事長に就任した上杉隆氏は社会的な信用をかなり失ったんじゃないかな。
そういう意味でも、上杉氏もなるべく早くにここから逃げ出した方がいいのではと思うし、果たして、この先立花氏は「高須院長や野口健をぶっ壊す」と言い出すのかどうか、よく見ておくとしよう。

Pocket