【加計】安倍総理、またも田崎史郎氏に梯子を外される!「(15年に柳瀬秘書官が3回も会ってたのに、総理が17年1月に初めて知ったというのは)私でさえおかしいなと思います・笑」

Pocket

どんなにゅーす?

・あそこまで安倍総理に忠誠を誓っていた「スシロー」こと田崎史郎氏の「安倍離れ」が噂されている中、またも田崎氏は、柳瀬元秘書官の国会答弁の内容に強い疑問を示した上で、「(2015年に秘書官が3回も会ってたのに、総理が1月20日に初めて知ったというのは)私でさえおかしいなと思います・笑」とコメント。改めて、安倍政権との距離感を明確にしている。

もはやスシローにすら完全に見切りを付けられる柳瀬元秘書官と安倍総理!

出典:Twitter(@SiamCat3)

出典:Twitter(@3SC5vunUPhy5Env)

少し前にも、柳瀬氏の「記憶の限り(愛媛県や加計学園関係者らと)面会していない」との主張について、「僕ですら会ったと思う」なんて放言していたスシローさんまたしても、柳瀬氏の国会答弁について「私でさえおかしいなと思います」の発言が飛び出したのねっ!
これはまたまた結構な大ニュースね!

にゃはぁ~!
あのスシローしゃんですら、柳瀬元秘書官と安倍総理を完全に見捨てちゃったんだにゃ!
「私でさえ」のコメントはいつ聞いても笑えるし、いよいよスシローしゃんもお笑い芸人の域に達してきたにゃ!

裏を返せば、それだけ「アクロバット擁護」も難しいほどに、柳瀬氏の主張は呆れかえるほどの稚拙さと強引さなのであり、スシロー氏も”巻き添え”を食らいたくない一心で、早めに見切る判断を下したということだろう。
彼の発言の変遷を見ても、スシロー本人も「安倍政権はもう長くない」と判断した可能性が高いし、”新たなご主人様”を見つけるべく、政界の空気や風を読み始めているのかもしれないね。

確かに、「2015年に秘書官が加計関係者と3回も会っていたにもかかわらず、安倍総理が2017年の1月に”加計案件”を初めて知ったというのは、どう考えてもおかしい」という指摘は、まったくその通りとしか言いようがないし、こんな次元の(空想)話を大真面目にしている柳瀬氏には、もはや哀愁しか感じない
こんな彼の話を「きちんと説明した」「おかしいと感じする部分はなかった」などと真顔でコメントする菅官房長官や安倍シンパの議員たち滑稽としか言いようがないし、すでに柳瀬氏と安倍総理がスシローにすらも見切りをつけられてしまったことは、結構大きなファクターかもしれないね。

まったく!柳瀬氏のあんなふざけた国会答弁に対して、「責任は果たした!(キリッ)」なんて、まさにコントやお笑い劇場としか言いようがないわっ!
(少しばかり虫が良すぎる気もするけど…)この調子でスシローさんも、どんどん安倍政権の批判側に回って欲しいし、一日も早くに国会を正常化させるためにも、”安倍劇団ご一行”を完全に政権の座から引きずり下ろす必要がありそうねっ!

おススメ記事&広告

 
Pocket