【制御不能】愛媛県が作成した「柳瀬氏との面会」文書が農水省でも発見!閣僚経験者「政権の末期的症状だ」安倍総理「たまたま残っていたということだ、問題ない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年月日、安倍総理や柳瀬元首相秘書官が「記憶にない」などとひた隠しを続ける、2015年4月に官邸で行なわれた愛媛県・今治市・加計学園関係者との面会に関する記録文書が、新たに農水省でも見つかったことが日本テレビによって報道された。

・この事態を受け、ある閣僚経験者は「政権の末期的症状だ。どこから立て直していいのか、手の着けようがない」と話し、自民党幹部も「タガが外れたように何でも出てくる」と語っているものの、当の安倍総理は「中央官庁で見つかったとしても新しい内容はない。たまたま残っていたということだ」などと開き直っているという。

柳瀬氏と愛媛県の面会記録、農水省でも発見

愛媛県によると、県の職員が2015年4月、加計学園の獣医学部新設について当時の柳瀬首相秘書官と面会し、柳瀬氏が「本件は首相案件」と話したと記載した文書を作成していた。

この面会の記録について、政府は中央官庁にも残っていないか調査していたが、12日夜までに農水省で発見されたことが日本テレビの取材で明らかになった。

これについて安倍首相は周辺に、「中央官庁で見つかったとしても新しい内容はない。たまたま残っていたということだ」として、問題ないとの認識を示している。

しかし、自民党幹部が「タガが外れたように何でも出てくる」と語っているほか、ある閣僚経験者が「政権の末期的症状だ。どこから立て直していいのか、手の着けようがない」と話すなど、危機感が広がっている。

こうした中、政府与党内には「柳瀬氏の証人喚問もやむを得ない」という声も出てきている。

【日テレNEWS24 2017.4.12.】

ついにスシローも完全お手上げ宣言!「僕でさえも会ったと思う」→スタジオ大爆笑!

出典:Twitter(@masa3799)

いよいよ、安倍政権の統制が完全に制御不能になってまいりました!
柳瀬氏が「記憶の限り有り得ない」と否定していた、愛媛県、今治市、加計関係者と柳瀬氏との面会を記録した文書が新たに農水省でも発見されたとのことです。

すでに自民党内でも「安倍総理を守り切れない」との空気が蔓延し始めているようで、ご覧のようにスシローさんまでもが「お手上げ宣言」する始末です!

まったく、こんなに無邪気な笑顔を振りまきつつ、「変わり身の早さ」すら笑いのネタにしてしまうのだから、スシローの世渡りの上手さにはかなわないね。
しかし、百田氏らを筆頭としたガチの安倍カルト信者たちは、この”異常事態”に内心かなり焦っているんじゃないだろうか

安倍総理本人は「中央官庁で見つかったとしても新しい内容はない。たまたま残っていたということだ」なんて、国民をこれでもかとバカにしきった開き直りコメントを発しているみたいだけど…何だか、今までは曲がりなりにも気にしていた世論への配慮も全くなくなり、半分ヤケクソの「自暴自棄状態」に差し掛かってきたようにも見える。

ここまで制御不能に陥って、各省庁内からボロボロと内部情報が漏れ出すようになってきたのだから、近い未来にさらにスゴイ情報が漏れ出してくる可能性もある。
森友事件に続いて加計疑獄も特捜の捜査案件に発展していく可能性も大いにあるし、今後もマスコミの動きに大きく注目していこう。

すでに、コアな安倍シンパ勢力以外は本格的に「泥船から逃げ出す展開」となってきましたね。
ついに柳瀬氏の証人喚問を示唆する声も自民党内から出てきたようですし、今後の国会も見逃せない状況が続きそうです。

おススメ記事&広告

 
Pocket