【死ぬまで働け】パソナ竹中平蔵氏「現代人は90歳まで働くことになる」→ネット「またヤバいこと言ってる」「自分が何言ってるのか解ってんのか?」

Pocket

どんなにゅーす?

安倍政権の経済・労働政策のブレーンであり、日本のブラック労働社会の生みの親である、竹中平蔵パソナ会長が、「私たちはこれからすごく長寿の時代を生きることになります。たとえば100歳まで生きるとすると、90歳くらいまでは働くことになるでしょう」などと、”超・高齢者労働社会”に言及した。

・日本の貧困層の拡大や、非正規雇用の推進、長時間労働や高齢労働社会などの「グローバリズム」(巨大資本・大企業によるグローバル独裁資本主義社会)をけん引してきた竹中氏のコメントに対し、ネット上では怒りの声が殺到する事態になっている。

竹中平蔵「現代人は90歳まで働くことになる」

Q. 専門性が身に付かない

■学歴よりもコンパスを持つ

意外と意識している人はまだ多くないのですが、私たちはこれからすごく長寿の時代を生きることになります。たとえば100歳まで生きるとすると、90歳くらいまでは働くことになるでしょう。でも、約70年間1つの会社で働くなんてありえないですから、どこかで転職をすることになる。そうしたときに、専門性が身に付いていない人は生き残れないわけですね。

~省略~

【Yahoo!ニュース(プレジデントオンライン) 2019.10.20.】

日本の「奴隷労働社会」の生みの親で、安倍政権の政策ブレーン・パソナ竹中氏が、「90歳まで働く社会」に言及!

出典:薄荷らぼ。

ここまで日本社会をメチャクチャに破壊してきたパソナ竹中平蔵氏が、ま~たメチャクチャな「奴隷労働制度」に言及して、怒りの声が殺到しているわっ!
「90歳くらいまでは働くことになるでしょう」って、想像するだけで寒気がしてくるし、こんな社会が本当にやってきたら、文字通りにこの世は「本当の地獄」だわっ!!

「90歳くらいまでは…」って、みたところ、90歳から先も働かせようとする気満々みたいだし、しかも、「約70年間1つの会社で働くなんてありえないですから、どこかで転職をすることになる」などと言っているけど、今後の「死ぬまで働け社会」のさらなる推進によって、自分のパソナがさらに儲かるように、せっせと”下地”を作っているというわけだ。

しかし、竹中平蔵氏を賛美している人は、ネット上を見てもほとんど見当たらない(むしろ、非難している人が大多数)んだけど、その一方で、竹中氏を「強力なブレーン」として重宝している安倍政権を賛美しているツイッターアカウントが大量にあるというのは、一体どういうことなんだろう。
安倍政権を強力に支持していること自体、竹中氏を賛美しているのと同じ意味を持つし、低賃金・不安定・長時間労働の「死ぬまで働け社会」の超・奴隷制度に賛同しているのと同じ意味合いを持っているんだけど…。
こうしたケース一つを取り挙げても、ネットで多くの人々がつぶやいている意見やコメントについて、壮大な矛盾が生じているケースがままあるし、日頃から政治や時事などについて積極的にツイートしているツイッターアカウントの中で、かなりの割合で安倍一派(グローバリスト)の息が吹きかかった「世論工作アカウント」が混じっている疑いを持つ必要がありそうだ。

ほんと、「死ぬ直前まで働かされ続ける」ことを自ら望む人なんてほとんどいないはずなのに、そんな社会を強力に推進している竹中氏を重用している安倍政権を支持していること自体、考えられないような話だわ!
結局のところ、安倍政権を強力に支持しているのは、竹中一派の「グローバリズム推進」でお金儲けできる側の人間ばかりなんじゃないかしら?

それと、目先の権益や利権に目がくらんでいる関係者(ゼネコン・電力・警察・官僚など)と、後の残りは、よほどの情報弱者で相当深く洗脳されてしまっている人…というところかな。
竹中氏らグローバリストに支配されている安倍政権を支持し続ける限り、日本国民にやってくるのは、人としてのあらゆる自由や尊厳を奪い取られた、ロボットや家畜同然の「真性奴隷社会(ディストピア)」だし、彼ら、腐敗した権力層によって日々盛んに行なわれている、様々なヤラセやネット世論工作などに引っかかることなく、物事の本質や真偽を見極めていく目や感性を養っていくことがこの先ますます大切になってくるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事