■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【賛同】テニス錦織圭選手が東京五輪の強行開催に疑問!「日本の状況は良くない」「死者が出てまでも行われることではない」「究極的には一人もコロナ患者が出ない時にやるべき」

【賛同】テニス錦織圭選手が東京五輪の強行開催に疑問!「日本の状況は良くない」「死者が出てまでも行われることではない」「究極的には一人もコロナ患者が出ない時にやるべき」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年5月10日、男子テニスの錦織圭選手が、試合後の会見において、菅政権やIOCによる「東京五輪の強行開催」を疑問視するメッセージを発した。

・錦織選手は、「日本の状況は良くない」としたうえで、「1人でも感染者が出るならあんまり気は進まないですね。例えばだけど、死人が出ても行われることではないと思うので。究極的には、一人もコロナ患者が出ない時にやるべきかなと思います」とコメントし、自身も新型コロナに感染した経験を踏まえつつ、(グローバル企業や政治家らのカネ儲けよりも)国民や選手の健康や人命を優先するべきとの考えを示した。

錦織圭、コロナ禍に揺れる東京五輪は「死人が出ても行われることではないと思う」

~省略~

元世界9位に快勝し、クレーコートでのツアー通算100勝の節目を飾った試合後、錦織はコロナ禍で開催可否に議論がやまない東京五輪について口を開いた。「今回(イタリア国際)のような100人規模の大会じゃなくて、1万人が選手村に集まって大会に参加する。だから、簡単じゃないと思う。特に今、日本で起きている状態は、うまくはいっていない。日本だけじゃなく、世界中で今、起こっていることを考えなくてはいけない。まだ2、3か月ある。今何かを言うのは難しい。ただ、今は保留していても、いつかは決めないといけない。もしそれが今なら、とても難しいと自分は思う」と述べた。

~省略~

自身もコロナウイルス陽性となった経験がある錦織は「究極を言えば、1人でも感染者が出るならあんまり、気は進まないですけどね。例えばだけど、死人が出ても行われることではないと思うので。究極的には、一人もコロナ患者が出ない時にやるべきかなと思いますけどね」と人命優先を投げかけていた。

【Yahoo!ニュース(スポーツ報知) 2021.5.10.】

陸上・新谷選手に続き、テニス・錦織選手も「五輪(1%のカネ儲け)よりもみんなの人命・健康重視」の良識あるメッセージを発信!


出典:YouTube

先の記事では、陸上女子代表・新谷仁美選手による良識あるコメントを紹介しましたが、自身も新型コロナに感染した経験を持つテニス・錦織圭選手も東京五輪の強行開催に疑問を投げかけるメッセージを発信しました。
16年のリオ五輪では銅メダル獲得の快挙を遂げた錦織選手ですし、東京五輪についても出場を強く望んできたことが想像されますが、自身の利益よりも「日本国民や選手の健康・人命優先」の観点で東京五輪の強行に疑問を呈したことは、本当に素晴らしく共感できるものです。

先の記事で、「多くの選手や日本国民が『利己的』から『利他的』に意識を変えていってほしい」と述べたけど、錦織選手のような考えこそ、まさにそうしたものだし、彼自身、実に慎重に言葉を選びながら控えめな表現に徹していることを見ても、東京五輪開催を強く望んでいる多くのアスリートや彼に巨額の資金を提供しているスポンサーに深く配慮していることがみてとれる。
そんな中でも、こうした理知的な意見を発したこと自体、とても素晴らしいことだと思うし、正常な感覚やモラルを持っている人であれば、みんな「1%による腐ったカネ儲けプロジェクトの強行開催よりも、選手や国民の健康・生命を優先せよ」という結論に達するはずなんだけど…早速、錦織選手のまっとうなメッセージに対して(グローバリストの無能な遣い)橋下氏がかみついており、アホな”菅政権サポ”コメントを公共の電波で垂れ流しているね。

橋下徹氏、五輪「死人が出てまで」発言の錦織圭は「イタリアが2万人規模の感染者数って分かってないんじゃないか」 【MSN(スポーツ報知) 2021.5.11.】

まったく、橋下氏自身も相変わらずですし、彼を連日連夜重用しているテレビ局も、グローバル資本勢力の下部組織(民衆洗脳装置)である実態を見事なまでに露呈させていますね。
ようやく、日本のアスリートの人々からも良識ある声が少しずつ出てきましたが、しかしながら、依然、多くのアスリートの方々は、疑問に感じつつも声を上げることが出来ずにいるか、今でも「自らの利益のため」に東京五輪の強行を強く望んでいる方も多そうです。

先の記事でも述べたけど、トップアスリートにとっては、まさに東京五輪は「一攫千金のチャンス」である上に「最高のステータスを手に入れるまたとない契機」でもあるからね。
そもそも、1%のグローバリストによる巨額の利権や政権がからんだ裏金工作などによって成り立っている五輪が、「市民に深い感動を与える祭典」「人々のきずなを深めるセレモニー」としてしきりにもてはやされてしまっていること自体に根源的な問題があるし、「感動」やら「きずな」やら云々以前に、「まずはカネ」があることを念頭に置き、もっと冷静に事を見つめる必要がある。

とにかく、新谷選手や錦織選手のような良識的な意見を発するアスリートがどんどん増えていけば、事態はもっと良くなっていくはずだし、ボクたち国民は、(橋下氏らのような)グローバリストから多額のカネと利権を享受してきた(いかがわしい)コメンテーター連中の言説に惑わされることなく、まっとうなモラルと倫理観を持ちつつ、地に足の着いた状況分析をしつつ、「真に困窮している人々に寄り添う」視点を持って様々な声や意見を積極的に発信し続けていきたいところだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事