■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

NTTとの違法接待疑惑、高市・野田両元総務相を市民団体が刑事告発!「返金するだけで許されるはずがない」!高市氏は「総務相は決裁権限がない」と猛反論も、世間には全く通用せず!

NTTとの違法接待疑惑、高市・野田両元総務相を市民団体が刑事告発!「返金するだけで許されるはずがない」!高市氏は「総務相は決裁権限がない」と猛反論も、世間には全く通用せず!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年3月16日、市民団体「検察庁法改正に反対する会」が、NTTとの違法接待疑惑を報じられた、高市早苗・野田聖子の両元総務相を収賄容疑で、NTTの澤田社長らを贈賄容疑で東京地検特捜部に刑事告発した。

・市民団体の関係者は「高市氏と野田氏は報道の後に飲食代を返金したとしているが、許されるわけがない」として、返金した上で「違法接待ではない」などと主張している両氏を批判高市氏は「総務相は決裁権限がない」などと猛反論している中、国民からは多くの批判の声が噴出している。

NTT接待で元総務相の高市氏、野田氏らを刑事告発…検察のメスは入るのか? 

~省略~

「なぜ総務省でズブズブの接待がまかり通っていたのか。検察はしっかりとメスを入れてほしい」
16日午後、総務相だった高市早苗氏と野田聖子氏らを収賄容疑で、NTTの澤田社長らを贈賄容疑で東京地検特捜部に告発した市民団体「検察庁法改正に反対する会」の岩田薫共同代表は、東京都内で開いた記者会見で語気を強めた。
告発状は、高市氏が2019、20両年に1回ずつ、澤田社長らと会食し、代金のうち1万円は負担したものの、それぞれ4万円余りの贈与を受けたと指摘。野田氏については、17、18両年にNTTドコモの立川敬二元社長らから、1回2万円の飲食接待を受けるなどしたとしている。
同会は菅義偉首相の長男正剛氏が勤める放送事業会社「東北新社」の接待問題でも先月、16日に辞職した谷脇康彦前総務審議官など総務省幹部らを贈収賄容疑で告発。同省の調査によれば、谷脇氏はNTTと東北新社から計22万円以上の接待を受けていた。

~省略~

【東京新聞 2021.3.17.】

市民団体が東北新社(菅長男)や総務省幹部に続き、NTTや高市&野田両氏を告発!依然”冬眠中”の検察に対し苛立ちの声も…!

出典:YouTube

市民団体「検察庁法改正に反対する会」が、東北新社と菅総理の長男、総務省幹部を告発したのに続き、NTT幹部と高市・野田両元総務相を贈収賄容疑で東京地検に告発しました。
本来であれば、すでにどちらの事件についても特捜が独自に動き始めていてしかるべきですが、依然、”冬眠中”と言ってもいいほどに検察の動きが非常に鈍く、ネット上でも苛立ちの声が多く上がっています。

「官邸の番犬&賭け麻雀狂」こと黒川氏がいなくなって、検察内が”体質改善”されることに期待する声が出ていたけど、所詮は、隠退蔵物資事件捜査部をルーツとした、グローバル資本勢力の下部組織だし、すでに組織内に「第二の黒川(黒川氏の後継者)」がいる可能性もありそうだね。

当サイトでも紹介したけど、高市氏は「総務大臣は決裁の権限がない」(だから、豪華な食事をゴチになっても接待にならない)などという、トンデモアクロバット自己擁護を展開してきたけど、当然ながら、一般社会においてはこんな虫のいい話など通用しないし、市民団体の関係者による「飲食代を返金しただけで許されるわけがない」という言葉に全てが集約されているだろう。

これがまかり通ってしまえば、「万引きがバレても商品を返せば問題ない」という話になってきますし、当然のごとく、こうした理屈が成立するようになれば、自民政治家は「賄賂を受け取り放題」できるようになっては、社会は完全に崩壊します。

それにしても、ネットを見回してみると、高市氏のファンや熱烈な支持者が相変わらず実に多いこと
彼女のトンデモ自己擁護の主張を大声で喧伝しては、これを報じた文春や厳しく追及している野党らを猛非難しているけど、こうした様子を見ても、どうやら高市氏は、統一教会や幸福の科学などのカルト宗教にも大きな利益誘導を行なっていては、それぞれがとても深い関係にあるようだね。

所属団体を見ても、(事実上のカルト宗教団体)「神社本庁」と深い繋がりを持つ神道政治連盟に所属している上に、数多くのカルト宗教が参画している日本会議の関係組織・日本会議国会議員懇談会の副会長、そして、以前から非常に過激な「民主主義破壊」を提言してきた「創生日本」のメンバーでもありますからね。

●過去関連記事:
安倍総理が会長の”創生「日本」”の集会が怖すぎ!長勢元法務相「国民主権、基本的人権、平和主義をなくさないと本当の自主憲法ではない」

とにかく、今でも、これらのカルト宗教団体がこれからも自民党から多大な利益を受けるべく、かなり活発に自民サポ活動しているようですし、これらカルト宗教と親和性が高い上に、これまでも民主主義と最もかけ離れた恫喝行為を繰り返したり違法接待疑惑を抱えてきた高市総務相は非常に危険な存在であるといえるでしょう。

そうだね。
特捜そのものが、グローバリストのサポート組織&反グローバリズム勢力潰しの謀略組織になってしまっているのも深刻な事態だし、日本国民が真に”覚醒”しない限り、日本にまっとうな法治国家の秩序がもたらされることは永遠になさそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事