【緊急事態】巨大な台風19号が東海・関東甲信・東北を直撃!多摩川はじめ各地の大河川が氾濫し、前例のない規模の被害発生!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年10月12日から13日にかけて、台風19号が東海から関東甲信、東北地方を直撃。前例のない豪雨と暴風が各地を襲い、多摩川水系や荒川水系など、幅広い範囲の大河川においてかつてない規模の増水や氾濫が発生。住宅への浸水や土砂崩れ、停電など、各地で甚大な被害が発生している。

台風19号 関東甲信など記録的大雨 11都県に大雨特別警報

大型で強い台風19号の影響で、関東甲信、東海、東北では記録的な大雨となり、土砂災害や川の氾濫が相次いでいます。東京の都心や横浜市で最大瞬間風速が40mを超えるなど、風が強い状態も続き外出は極めて危険です。気象庁は11の都県に大雨の特別警報を発表し、最大級の警戒をするとともに、安全の確保を呼びかけています。

気象庁によりますと、大型で強い台風19号の影響で、関東甲信や東北を中心に活発な雨雲がかかっていて、午後10時までの1時間には、宮城県丸森町筆甫で58ミリの非常に激しい雨が降りました。

午後10時までの48時間に降った雨の量は、
▽神奈川県箱根町で年間のおよそ3分の1にあたる1000ミリを超え、
▽静岡県伊豆市市山で760ミリ、
▽埼玉県秩父市の浦山で687ミリなどと各地で記録的な大雨となっています。

東北や関東北部ではすでに重大な災害が発生している可能性が極めて高いとして、気象庁は、神奈川、東京、埼玉、群馬、茨城、栃木、山梨、長野、新潟、福島、宮城のあわせて1都10県に大雨の特別警報を発表し、最大級の警戒するとともに安全を確保するよう呼びかけています。

これまでの雨で、茨城県、群馬県、栃木県、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、山梨県、長野県、静岡県、奈良県、新潟県、富山県、岩手県、宮城県、山形県、福島県では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があり、すでに各地で土砂災害が発生しています。

また、神奈川県、群馬県、茨城県、栃木県、東京都、埼玉県、長野県、新潟県、福島県、宮城県では氾濫の危険性が高まり「氾濫危険水位」を超えている川があります。

雨が弱まった地域でも川の水位はすぐには下がらず、洪水の危険性が高い状態が続くため、川の近くにいる人はむやみに出歩かず、避難している人は無理に自宅に戻らないようにしてください。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.10.12.】

東京 世田谷区の多摩川で氾濫発生

国土交通省と気象庁によりますと東京を流れる多摩川は、世田谷区の玉川付近で氾濫が発生しました。

国土交通省と気象庁は、午後10時20分、5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル5にあたる氾濫発生情報を発表して、安全の確保を図るなど最大級の警戒を呼びかけています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.10.12.】

埼玉 入間川など4河川で新たに氾濫発生

~省略~

埼玉県などによりますと、氾濫が発生したのは
▽入間市野田地区の入間川、
▽川越市大仙波地区の新河岸川、
▽狭山市入曽地区と入間市下藤沢地区の不老川、
▽桶川市川田谷地区の江川の4つの川です。

埼玉県内ではすでに都幾川が東松山市葛袋地区で氾濫が発生していて、県では広い範囲で川の氾濫が発生していることから、自治体の発表する最新の避難情報を確認したうえで、命を守る行動を取るよう厳重な警戒を呼びかけています。

【NHK NEWS WEB 2019.10.12.】

首都圏など 43万戸以上が停電(午前0時)

~省略~

13日午前0時の時点で首都圏や静岡県などでは合わせておよそ43万1900戸で停電しています。

このうち神奈川県では横浜市、横須賀市、川崎市、鎌倉市、三浦市、藤沢市などで合わせて14万900戸が停電しています。

先月の台風15号で大規模な停電が長期化した千葉県では千葉市、南房総市、市原市、鴨川市、富津市、旭市などで合わせて13万4200戸が停電しています。

また茨城県では鹿嶋市、取手市、かすみがうら市、行方市などで合わせて5万700戸が停電しています。

静岡県では伊東市、下田市などで合わせて3万6100戸が停電しています。

このほか東京都では2万4200戸、栃木県では2万800戸、埼玉県では1万5300戸、山梨県では6200戸、群馬県では3500戸となっています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.10.13.】

超巨大台風19号により、東海・関東甲信越・東北で前例のない大規模被害が発生!災害対応や救助活動が間に合っていない可能性も

出典:YouTube

出典:YouTube

かねてより厳重警戒が呼びかけられていた台風19号により、東海や関東甲信越、そして東北地方で、前例がないほどの甚大な被害が発生しています。
特に、猛烈な豪雨による河川の氾濫が各地で発生しており、東京では多摩川、埼玉では入間川や都幾川など、そして、栃木では田川が本格的に氾濫し、町や住宅が濁流に襲われる事態が発生しています。

いやあ…ボクの自宅の近所の地域にも避難勧告が発令されたので、いつでも避難できる準備を整えながら、最新情報を逐一チェックしていたけど、幸い、付近の道路や一部の住宅が冠水したものの、ボクの自宅は運良く難を逃れ、すべて無事だったよ。
ようやく台風も過ぎ去り、一段落して記事を書けているけど、今回ばかりはボク自身も危なかったね。

しかし、東京や埼玉、栃木など多くの都県で大規模な氾濫や浸水が発生していることで、かつてなかった規模の甚大な被害が発生していることが予想される。
現在、各地の被災地域に消防や自衛隊が出動している状況だけど、あまりにも規模と範囲が大きすぎて、救助活動が全く追いついていない可能性が大きいし、そもそも、被害の全貌も現時点でごく一部しか把握できていない可能性が大きい。

この様子だと、河川の氾濫以外にも、各地で土砂崩れや土砂流出による住宅の損壊や道路や線路の寸断が発生している可能性が大きいし、これは想像をはるかに超える規模の被害が出ている恐れがあるね。

現在も、東北地方の各地において、甚大な被害を発生させていることが予想されますし、各地のダムにおける緊急放流によって、さらなる氾濫や水害が発生する危険もあります。

とにかく、政府は災害緊急事態を宣言したうえで、一刻も早くに全面的な災害対応を行なう必要があるだろう。
まだ、被害の全容が分かっていない状態なので、夜が明けてからの詳しい報道やネット情報を注視していこう。

Pocket