岸井成格さん(73)が死去 TBS「NEWS23」や「サンモニ」で活躍!「安保法反対」で安倍一派や日本会議から激しい中傷や圧力を受ける

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年5月15日、主にTBS系の報道番組に長年出演してきた、毎日新聞特別編集委員の岸井成格さんが肺腺がんのため死去した。73歳だった。

・岸井さんは、TBS「NEW23」のアンカーを務めたほか、「サンデーモーニング」のコメンテーターとしても長年活躍。安倍政権に対しても批判的なコメントを繰り返し、特に強行採決に至った安保法に対して強い批判を展開したことから、安倍政権を支援する日本会議の関連団体から激しい攻撃に遭い、ネット上でも安倍シンパのネット民から多くの中傷を受けていた。

岸井成格さん死去、73歳

「NEWS23」のアンカーやTBSのスペシャルコメンテーターを務めた岸井成格さんは、15日午前3時半すぎ、都内の自宅で、肺腺がんのため亡くなったということです。
岸井さんは1967年に毎日新聞社に入社し、政治部記者、ワシントン特派員を経て、2010年から主筆を務めました。テレビでも活躍し、2013年4月から3年間、「NEWS23」のアンカーを務めたほか、「サンデーモーニング」のコメンテーターとしても政治に鋭く切り込みました。
岸井さんは2007年12月、「サンデーモーニング」で大腸がんを公表し、一時、出演を取りやめていて、去年10月にもがんの治療のため入院していたことを明らかにしていました。

【TBS News 2018.5.15.】

安倍政権とシンパから激しい攻撃を受け続けた岸井さんの死に、心より悔やむ声が多数

ここ最近テレビで姿を見なくなっていた、毎日新聞の特別編集委員の岸井成格さんが亡くなったとの一報が入ってきました。
権力に安易に忖度してしまったり、政権を無条件に礼賛するコメンテーターがますます増えてきてしまっている中で、半ば孤軍奮闘で自らのポリシーを貫き、安倍政権への批判を展開していた岸井さんの死に、ネット上でも大きく悔やむ声が多数出ております。

ボク自身は、岸井氏の熱心な支持者ではなかったものの、今のマスコミ界の現状を見返してみると、昨今のテレビ界では非常に貴重な人物だったことを改めて感じるね。

特に、安倍政権が強行採決してしまった安保法について、非常に強い怒りを持ってこれを批判していたことが印象的で、それゆえに、安倍政権を全面支援している宗教結社・日本会議の関連団体である「放送法遵守を求める視聴者の会」から激しい嫌がらせを受ける事態となり、読売・産経の紙上でデカデカと彼を非難する意見広告を出される展開に。
これ以降、安倍シンパから徹底的に中傷を受け続けることとなり、こうした嫌がらせによって(元より健康状態があまり芳しくなかった)彼に多大な心的ストレスがかかっていた可能性があるだろう。

今の日本のご時世では、名前や顔を出した上で表舞台に立ち、堂々と権力や強い者に立ち向かって批判をすること自体かなりのリスクや危険が伴う行為なのは間違いないことだ。
そうすることで、たちまち権力礼賛側の有名人が音頭を取っては、有象無象の匿名のネット民らによって”袋叩き”にされるシステムが強固に作られてしまっており、いわば、岸井氏などがまさにそうした”被害”を受けてしまった一人であるように感じるよ。

岸井さんの死と時を同じくして、沖縄県の翁長知事も、膵臓がんによって大きく衰弱してしまったように見えますし、そのどちらも、まだまだ活躍できる年齢にも関わらず、多大な精神的ストレスによって病魔に冒され、その力を大きく削がれてしまっているように思えます。

「弱いものの側に立ち、権力による横暴や不正を批判する」こと自体、人間社会においてまるで当たり前の行為であるはずなものの、こうした弱者側に付こうとする著名人や政治家らが、「軍隊アリ」のような有象無象の匿名のネット民とそれを先導(扇動)する権力によって、次々と潰されかかっている現状があるのが非常に気になる。

すでに世を去ってしまった岸井氏に対する非難コメントが今でも多いのを見ても、現状の日本の危うさを感じてしまうし、改めて、名前も顔も出して勇敢に権力批判を行なう人々をもっと評価しつつ、ボクたち一般市民が全力で守っていくべきなのを感じるよ。

現状の日本社会がすでに大きく歪んできている以上、細かい考え方の違いなどはひとまず置いておき、大筋でこうした人々を支援していくことがとても大切ですね。
そういう意味でも、岸井さんを失ってしまったことはとても大きいですし、それだけに、私たち自身が、少しでも自由に気兼ねなく、強い者に対しておかしいことは「おかしい」と声を上げられる社会を作っていくように意識を向けていくことが大切なのではないでしょうか。

おススメ記事&広告

 
Pocket