【地獄】自民税調・野田毅最高顧問が「消費税20%」までの引き上げを示唆!「30%だという話もあるが、いくら何でもどうかと思う」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年11月19日、自民党税制調査会の野田毅最高顧問が日本記者クラブで講演を行ない、消費税について「20%は超えない方が良い。今のままなら3割(30%)だという話もあるが、いくら何でもどうかと思う」と述べ将来的に消費税を20%まで引き上げる考えがあることを示した。

消費税率、20%上限に

自民党税制調査会の野田毅最高顧問が19日、東京都内の日本記者クラブで講演し、中長期的な消費税率の水準について「20%は超えない方が良い。今のままなら3割(30%)だという話もあるが、いくら何でもどうかと思う」と述べ、国民生活への影響を考慮した上で一段の引き上げは避けられないとの考えを示した。

来年10月の10%への引き上げ時に導入される食品などへの軽減税率に関しては「今は法律で決まっており、あえて持論を強く主張して変えろというつもりはない」と表明し、予定通りの導入を求めた。

【Yahoo!ニュース(共同通信) 2018.11.19.】

自民・野田氏の「消費税20%」発言に怒りの声が殺到!「ゴーン逮捕よりこっちを大きく報じろ」との声も!

↓自民・野田氏の日本記者クラブでの講演。

出典:YouTube

はあぁぁ~っ!?
今の8%の状態ですら、日本国民が日々暮らしていくことに大きく苦しんでいるっていうのに、こんな状況で20%ですってぇ!?
そんなことをすれば、日本国民が次々餓死するどころか、日本そのものが破滅しちゃうわよっ!!

おまけに、30%にも一定の含みを持った上での20%だからね。
こうした話を聞いても、自民党が「国民を破滅に導くために存在」している、根っからのグローバリストの傀儡政党であることがよく分かるよね。

例えば、海外に目をやると、欧州などの消費税は軒並み高い(20%~25%程度)傾向があるけど、これらの国の場合、学校などの教育費や医療費がほとんど無料だったり、社会保障や福祉が圧倒的に充実しているなど、日本と比べて給与水準も高く、国民生活を保護するための社会制度が大きく充実(消費税の多くが国民に還元されている)していることで、国民の家計も破産せずに豊かな生活が送れているんだ。

ところが、日本の場合、教育においても世界と比べて政府の支援の度合いが最低水準の上に、(エリート層以外の)賃金は全く上がらない中で年金の支払いや健康保険料もどんどん上がり、その一方で社会保障はどんどん削られてきている状況なので、この状況で20%などに引き上げられた暁には、一般庶民にとってはまさに「地獄絵図」が待ち構えているだろう。

ネット上ではゴーン逮捕よりもこっちを大きく報じろ」との声も上がっているけど、日本の大手マスコミも、日本国民のさらなる貧困化と国家破綻を画策するグローバリストとその傀儡である安倍政権を利する報道を繰り返している(=グローバリストの下部組織)以上、このように完全無批判のままに「申し訳程度」にしか報じないのは確実だ。

大手マスコミの世論調査を見ても、消費増税に賛成の声がやけに多い状況だし、これらのデータについても強い疑いを持って見ていく必要がありそうねっ!

現在の日本の社会システムや景気状況を見る限り、「消費税ゼロ」でようやくある程度のバランスが取れ、国民にとって最低水準の生活が確保されるくらいの状況だろう。
とにかく、現在の状況で20%まで引き上げれば確実に日本は破滅するし、一般国民はもっともっと安倍政権(自民党)の危険性を真に認識した方がいいと思うよ。

Pocket