■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【…え?】菅総理「年末年始においてコロナ陽性者数が少なくなるだろうと考えていた」!→国民「なんで少なくなると思ったのか?」「こんな人が総理で大丈夫!?」

【…え?】菅総理「年末年始においてコロナ陽性者数が少なくなるだろうと考えていた」!→国民「なんで少なくなると思ったのか?」「こんな人が総理で大丈夫!?」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年1月4日、BSフジ「プライムニュース」に菅総理が出演。新型コロナ対策が常に後手に回っていることで、かつてないまでの深刻な感染状況に見舞われている中、「年末年始においてコロナ陽性者数が少なくなるだろうと考えていた」などと語った

菅総理のこの”仰天コメント”に対し、ネット上では疑問や批判の声が噴出。「何を根拠にそう考えたのか?」「こんな人が総理で大丈夫なのか?」など、菅総理のあまりの見通しの甘さや無能さに対して批判が集まっている。

「年末年始陽性者数少なくなるだろうと考えていたが」…菅首相が語る緊急事態宣言の背景と見通し

~省略~

自殺者数の増加をどうみるか

反町理キャスター:
経済とコロナ対策の両立におけるそもそも論。緊急事態宣言にまで踏み込むにおいて、経済的な損失には目をつぶらざるを得ない状況になったと判断したのか。コロナによる景気減速がすべての理由だとは言わないが、全国の自殺者数は5か月連続で前年より悪化している。

菅義偉 首相:
私たちは必ず雇用を確保して事業を継続させるという基本方針の中、雇用調整助成金や、4千万円までの無担保無利子での貸付という体制をしっかり組んでいる。2%台から3%台になった失業率を、また2%台に戻した。世界の中で日本の失業率は極めて低い。
ただ、年末年始において陽性者数が少なくなるだろうと専門家を含め考えたのも事実。なかなかベクトルが下がらないため、大体わかってきている原因に対して徹底して限定的・集中的な対策を行っていこうということ。

罰則規定を設けることが重要

竹内友佳キャスター:
18日からの通常国会で新型コロナ特措法の改正案が成立する見通し。菅総理は会見で、給付金と罰則をセットにしてより実効的な対策をとるためと発言。罰則規定なしの緊急事態宣言では効果は期待できないという思いがあるのでしょうか。

菅義偉 首相:
休業要請をしてもなかなか受けてくれないということであれば、そうした法律が必要になってくる。罰則の内容については国会で議論したい。

~省略~

【Yahoo!ニュース(FNNプライムオンライン) 2021.1.5.】

菅総理の言葉に耳を疑う国民続出!「GoToゴリ押し」で頭が一杯のせいで、(誰でもわかる)現実をも完全に見失っていたことが明らかに!

出典:Twitter(@sugawitter)

はあああっ!?
「年末年始においてコロナ陽性者数が少なくなるだろうと考えていた」って、一体どこをどう考えればそんなメチャクチャな思考に陥ってしまうのよっ!?
むしろ、年末年始こそ、感染が拡大する条件がますます多く揃っている状況じゃないのよっ!!

確かにその通りだけど、加えてもう一つ突っ込んでおくと、年末年始においてコロナ感染した陽性者数が明らかになるのは(=体調が悪化した人々がPCR検査を受け、その結果が明らかになるのは)、少なくとも今から数日後~1週間くらい先だからね。
(したがって、今から1週間後くらいには、さらに「悲惨な数字」が出てくる可能性が高い。)

今発表されている数字が年末年始の感染者だと思っている時点で、何から何まで無知・無理解の極みという他ないし、これはむしろ、一般人よりも新型コロナに関する知識が全くないのではないだろうか?

要は、端から国民の生命や健康を守る気は全くなく、この未曽有のコロナ危機の中でも、自分たちのカネ儲けしか頭にないということなのだろうし、新型コロナに関する様々な情報を集めて勉強する気すらゼロということなのではないか。
ネット上では、この菅総理のコメントを聞いた国民から「こんな人が総理で大丈夫?」という声が上がっているけど、自分たちの利権構築のための「GoToキャンペーン」をごり押しし続けたいあまりに、科学も論理も現実も全く無視した、まるでファンタジーな「希望的観測」を持って政治をやっている時点で、もう「日本沈没確定」だろう。

ほんと、改めて、このトンデモコメントを通じて、総理の絶望的な思考レベルと劇的な無能さがますます明らかになったわねっ!!
そりゃ、ここまで日本がアジアで最悪レベルのコロナ危機に襲われているわけだし、ついには、看護系大学の院生や教員たちまで医療活動に動員されるような事態になっているわけだわっ!!

おまけに、自分たちの見通しの甘さや頭の悪さのせいでこんな事態を引き起こしたというのに、それを全部棚に上げたうえで、休業要請などに応じない店舗への「罰則の創設」などに躍起になろうとしているのだから、あまりにも身勝手で傲慢・不誠実という他ない。

常に「最悪のケースを想定して、あらゆる対策や準備を行なっていく」というのは、国防における基本中の基本だし、私利私欲だけに目がくらみ現実の危機をも全く見通すことが出来ない上に、国民の苦しみや思いをくみ取る気すら全くないという時点で、菅氏が総理を務める資格はゼロと言わざるを得ないだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事