【重要】菅官房長官が17年2月に佐川・太田両氏を官邸に呼び出していたことが判明!「私や妻が関わっていたら議員を辞める」発言の5日後!太田氏はこの件を振られ大きく狼狽!

Pocket

どんなにゅーす?

2017年2月22日、森友疑惑が発覚した当時に、菅官房長官が財務省の佐川・太田両氏を官邸に呼び出し、国有地売却の経緯などについて説明をさせていたことが判明。安倍総理が「私や妻が関わっていたら議員を辞める」と国会で発言した5日後のことだっただけに、野党も大きく注目している。

・この事実関係を突きつけられた太田理財局長(当時は大臣官房総括審議官)はあからさまに狼狽するも、最終的には事実関係を認めており官邸側や太田・佐川両氏が重大事実を隠している疑いが大きく生じている。

森友疑惑 菅官房長官が佐川・太田氏から説明受けていた

昨年2月 首相進退答弁の直後

官邸関与示す動き

学校法人「森友学園」との国有地取引に関する財務省の決裁文書改ざん問題などをめぐって、「官邸に報告したり了承を受けることはない」と官邸側の関与を全否定している佐川宣寿・前理財局長と太田充・現局長が、「森友疑惑」追及が国会で始まった直後の昨年2月22日、菅義偉官房長官に官邸に呼ばれ、国有地売却の経緯などについて説明していたことがわかりました。太田氏は当時、財務省大臣官房総括審議官。疑惑対応で官邸側が具体的にかかわったことを示す動きです。

菅氏への説明は、安倍晋三首相の「私や妻が関係していれば、総理大臣も国会議員も辞める」という衆院予算委員会での進退答弁から5日後に行われました。国土交通省航空局次長も出席し、国有地から出たごみの撤去処分費用の見積もりなどを説明したといいます。

安倍首相は菅氏に「(質疑で)特に私の家内の名前も出たから、しっかりと徹底的に調べろという指示をした」(昨年2月24日の衆院財務金融委)と述べており、妻昭恵氏の関与疑惑を意識したことは明らか。安倍首相の指示を受けた菅氏は、佐川氏らから説明を受け、安倍首相に報告をしたことは認めましたが、具体的な日時や説明随行者の氏名は明らかにしてきませんでした。

しかし、当時総括審議官として佐川氏に随行した太田理財局長は3月30日の衆院財務金融委で「(説明したのは)昨年2月22日」と明らかにし、3日の同委では「財務省で説明を主としてやったのは(佐川)理財局長だが、随行として当時の理財局総務課長、当時大臣官房総括審議官も同席している。官房長官側は官房長官と担当の秘書官」と、自身の名前はあげず答弁しました。

NHK報道では、菅氏への説明が行われた2日前の昨年2月20日、財務省理財局が学園側に電話して、ごみ撤去でウソの説明をするよう求めていた疑惑が新たに浮上しています。

【しんぶん赤旗 2018.4.6.】

新たに菅官房長官&太田理財局長が「重要なキーマン」であることが浮上!やはり安倍総理の「例の発言」が全ての発端だった可能性がますます高まる!

出典:Twitter(@kensyou_jikenbo)

出典:Twitter(@tohohodan)

出典:Twitter(@tohohodan)

ついに、森友事件をめぐって、安倍官邸と財務省との連携を示す事実関係が浮かび上がってきました。
昨年(17年)2月22日に、菅官房長官が当時の理財局長の佐川氏と当時の大臣官房総括審議官の太田氏を呼び出し、国有地売却の経緯などについて説明を求めたとのことです。

辰巳孝太郎議員もこの事実を重要視していますが、ついに、森友事件において明確に安倍官邸の陰が見えてきましたね!

ああ。この新情報から分かるのは、菅官房長官も太田理財局長も、(佐川氏同様に)多くの「核心部分」を知っている可能性が大であるということと、やはり、あの文書改ざんの発端になったのは、安倍総理による「私や妻が関わっていたら総理も議員も辞める」発言だったということだろう。

おまけに、この菅官房長官からの「呼び出し」が行なわれる2日前には、財務省が森友学園に「トラック何千台も使ってゴミを撤去したと(嘘の)説明をして欲しい」と要請したことも分かっているし、全ては安倍総理のあの発言をきっかけに、大きく色々なものが動き出し、都合の悪い事実を隠蔽・消去するための「裏工作が激しく行なわれていった」ということだ。

一部では、この財務省からの要請に対して籠池氏が「事実と違うことは説明できない」と断ったことがきっかけになって、安倍一派による籠池バッシングが突如始まっていったとの見立ても出てきていますし、今後は太田理財局長と菅官房長官への追及を強めながら、事実関係の強固な裏付けを行なっていくのが真相究明への近道かもしれませんね。

今までは官邸側の「キーマン」として今井尚哉秘書官の名前が取り沙汰されていたけど、ここに菅官房長官も加わったことで、安倍政権にとってはますますキツい状況となってきた。
この勢いでさらなる新情報に期待しつつ、野党議員のより鋭い追及を待ちたいところだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket