■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【逮捕間近か?】自民・薗浦健太郎副幹事長が、およそ4千万円に上るパーティー収入を不記載の疑い!東京地検特捜部が秘書を事情聴取!秘書は「収入を記載しないことは事前に薗浦議員にも報告していた」と説明!

【逮捕間近か?】自民・薗浦健太郎副幹事長が、およそ4千万円に上るパーティー収入を不記載の疑い!東京地検特捜部が秘書を事情聴取!秘書は「収入を記載しないことは事前に薗浦議員にも報告していた」と説明!
Pocket

どんなにゅーす?

自民・薗浦健太郎副幹事長の公設第一秘書が、およそ4千万円にも上るパーティー収入を収支報告書に記載しなかった疑い(政治資金規正法違反)で東京地検特捜部から事情聴取を受けていたことが判明。大手マスコミが報じた。

薗浦氏は「ずさんな処理だった」と陳謝するも、不記載については「知らなかった」「裏金や不正ではない」と主張一方で秘書は「報告書に収入を記載しないことは事前に薗浦議員にも報告していた」と説明しているといい、今後の特捜の動きに注目が集まっている。

薗浦氏団体、政治資金不記載か 東京地検特捜部、秘書聴取―パーティー収入除外、規正法違反

自民党の薗浦健太郎衆院議員(50)=千葉5区=の政治団体が、政治資金パーティー収入を一部除外し、政治資金収支報告書の収入を過少に記載していた疑いがあるとして、東京地検特捜部が会計責任者の公設第1秘書から任意で事情聴取していたことが30日、関係者への取材で分かった。

政治資金規正法違反の不記載や虚偽記載に当たるとみられ、特捜部は薗浦氏の認識についても慎重に調べているもようだ。

~省略~

関係者によると、不記載などの疑いが指摘されているのは、薗浦氏が代表を務め、公設第1秘書が会計責任者などになっている資金管理団体「新時代政経研究会」。2018~20年収支報告書には、東京都内で「薗浦健太郎君を励ます会」などを6回開催し、計4362万円のパーティー収入を計上していたが、実際の収入よりも少なく記載していた疑いがあるという。17年はパーティー収入の記載がなかった。

~省略~

【時事通信 2022.11.30.】

自民 薗浦衆院議員の秘書 “約4000万円を収支報告書に不記載”

~省略~

自民党の薗浦健太郎衆議院議員の資金管理団体「新時代政経研究会」は、2019年に開いた政治資金パーティーの収支合わせて200万円余りを、政治資金収支報告書に記載していなかったとして収支報告書を訂正し、これについて去年9月、大学教授が政治資金規正法違反の疑いで、薗浦氏やこの団体の会計責任者を務める公設第1秘書の告発状を東京地検特捜部に提出しています。

その後、特捜部がこの秘書から任意で事情を聴いたところ、「複数のパーティーについて、総額4000万円の収入を報告書に記載していなかった」などと説明していることが関係者への取材でわかりました。

この秘書は、「報告書に収入を記載しないことは事前に薗浦議員にも報告していた」と説明しているということです。

特捜部は、ほかの事務所関係者などからも事情を聴いて、薗浦氏が把握していたかどうかを含め、収支報告書が作成されるまでの経緯を慎重に調べているものとみられます。

薗浦氏は、千葉5区選出で2005年の衆議院選挙で初当選し、安倍内閣で外務副大臣や総理大臣補佐官などを歴任しました。

現在は、衆議院法務委員会の筆頭理事を務めています。

薗浦議員「ずさんな処理だった」と謝罪

薗浦議員は30日午後、議員会館の事務所で記者団の取材に応じ、政治資金パーティーの収支が収支報告書に記載されていなかったと指摘が出ていることについて「ずさんな処理だった」と謝罪したうえで、秘書から報告書に収入を記載しないという報告は受けていないと説明しました。

この中で薗浦氏は、「ずさんな処理が明らかになり、お騒がせしていることをまずおわびしたい。私自身のチェックが不十分であり、事務所として確認できる体制になっていなかったことは、私にも責任がある」と述べ、謝罪しました。

~省略~

また、記者団から「事前に秘書から『報告書に収入を記載しない』という報告を受けていたか」と質問されたのに対し、「そういうことはない。いわゆる『過少申告』をしているという認識は私にはなかった」と述べ、否定しました。

そして「毎年、収支報告書を提出する時に『ことしの収支報告はこれです』と2、3分くらいの報告を受けて、『しかるべくよろしく』としていたのが、対応のすべてだった」と説明しました。

また、2019年の政治資金パーティーの収支が収支報告書に記載されていなかった理由について、「昼食会みたいな形で実施したので『パーティーと認識していなかった』と報告書を修正する時に聞いた」と述べました。

そして「裏金や不正ということではないのか」と問われたのに対し、「私がいま把握しているかぎりでは 流用などとは聞いていない」と述べました。

岸田首相「説明責任を果たしてもらわなければならない」

岸田総理大臣は参議院予算委員会で、「直接の報告は受けていないが、説明責任を果たしてもらわなければならないと強く思っている。まずは実態把握をしなければならず、党に対して指示を出したい」と述べました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.11.30.】

自民・薗浦議員に「4000万円もの裏金疑惑」が本格浮上!大手マスコミは「副幹事長」の要職にあることを揃って覆い隠し!

またしても、自民党の国会議員に重大疑惑が浮上です。
4千万円ものパーティー収入を不記載とは、まさにとんでもない規模の不正ですし、実際に東京地検特捜部がすでに本格的に動いており、公設第一秘書への事情聴取を行なったとのことです。

ネット上でも指摘されているけど、4千万円もの莫大な収入を不記載なんて、常識的に考えても薗浦議員本人が知らないわけがないし、しんぶん赤旗では「闇パーティーが開催されていた」と報じているけど、これらの莫大な収入は「裏金」として選挙工作などの(表に出せない)不正行為の原資に充てられた疑いがある。

私が個人的に非常に気になっているのは、薗浦氏が副幹事長という自民党の要職に就いているにもかかわらず、大手マスコミがこの役職を覆い隠して「薗浦衆院議員」などと立場をできるだけ矮小化させて報じているように見える点です。

つい先日に逮捕された丸山大輔長野県議についても「自民党議員」という重大なファクターを覆い隠して報じている動きが見られたけど、ここでもまたまた同じような(国民からの批判やインパクトを出来るだけ抑えようとする)印象操作が行なわれているように見えるね。
おまけに安倍政権時には長きにわたって総理補佐官を務めていたし、この頃からずっと常態的に裏金工作を続けてきたのであれば、なおさら特捜が本格的に捜査を行ない、物証が揃い次第即刻逮捕すべき案件だ。

岸田総理は、また今回も壊れたレコードのように「説明責任を果たしてもらわなければならない」などと語っていますが、自民副幹事長に据えたのは岸田総理自身であり、辞任が連発中の閣僚と同じく、重大な任命責任は免れません

近いうちに公設第一秘書の方は逮捕される可能性が高そうけど、特捜は薗浦氏本人にも本格的に捜査の手を伸ばさないといけないし、いよいよ岸田政権自体も終わりの日が近づいてきたといえるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事