■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【出たぁ】統一教会が、読売テレビとTBSおよび「ミヤネ屋」「ひるおび」コメンテーター(紀藤、本村、八代弁護士)を名誉棄損で訴える!計6600万円の損害賠償と謝罪放送を要求!

【出たぁ】統一教会が、読売テレビとTBSおよび「ミヤネ屋」「ひるおび」コメンテーター(紀藤、本村、八代弁護士)を名誉棄損で訴える!計6600万円の損害賠償と謝罪放送を要求!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年9月29日、朝鮮カルト教団の統一教会(現・世界平和統一家庭連合)が、読売テレビとTBS、そして「ミヤネ屋」「ひるおび」に出演したコメンテーター(紀藤、本村、八代の3弁護士)を名誉棄損で東京地裁に提訴したことが判明した。

教団は計6600万円の損害賠償や謝罪放送を要求しているとのことで、最近のメディアによる追及キャンペーンに対して、教団が強行的な手段に打って出たことに様々な声が上がっている。

旧統一教会が読売テレビとTBSを提訴 番組内発言で名誉毀損主張

民放テレビ局の情報番組に出演するコメンテーターの発言で名誉を傷つけられたとして、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)は29日、読売テレビ、TBSの2社とコメンテーターを務めた弁護士3人に計6600万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

旧統一教会側は、読売テレビの「情報ライブ ミヤネ屋」内での紀藤正樹弁護士と本村健太郎弁護士、TBSの「ひるおび」内での八代英輝弁護士の発言で名誉を毀損(きそん)されたと主張している。読売テレビと紀藤弁護士、同社と本村弁護士、TBSと八代弁護士にそれぞれ2200万円の支払いを求めている他、謝罪の広告と放送も求めている。

~省略~

【毎日新聞 2022.9.29.】

旧統一教会、「ミヤネ屋」出演の紀藤弁護士ら提訴…番組中の発言で「名誉傷つけられた」賠償6600万円や謝罪放送求める

~省略~

●テレビ2局と弁護士3人が訴えられた

訴えられたのは、読売テレビ(大阪府)とTBS(東京都)の2局と、コメンテーターとして出演した紀藤正樹弁護士と本村健太郎弁護士と八代英輝弁護士の3人。

訴状によると、教団側は、7月からの各番組における以下のような発言(発言一部)を問題にしている。

『信者に対して売春させてたっていう事件まである。非常に深刻な事件まであって、お金を集めるためには何でもするっていう発想がですね、今分裂含みで問題が生じると思います』(紀藤弁護士「ミヤネ屋」7月20日) 『統一教会というのは、これはすでに民事訴訟など裁判所の認定がすでに下りている事実として言いますと、布教活動自体が違法であるいうことがはっきりと裁判所で認定されています』(本村弁護士「ミヤネ屋」9月2日) 『この教団がやっている外形的な犯罪行為等をですね』(八代弁護士「ひるおび」9月1日)

教団は、こうした発言は事実に反するとして、教団の社会的評価を著しく低下させ、名誉毀損にあたると主張。各発言についてそれぞれ放送局と弁護士を訴える訴訟を3つ起こした。

いずれも損害賠償とともに、番組での謝罪放送と、弁護士らには事務所ホームページでの謝罪広告の掲載をもとめている。

●教団の名誉毀損訴訟は続く…現役信者も裁判を起こす準備がある

今回の訴訟では、名誉毀損を立証しやすい発言を選んだ結果、訴える相手がたまたま弁護士になったというが、「第2弾」「第3弾」の訴訟も検討中だという。

また、裁判だけでなく、弁護士らに対する懲戒請求の考えも明らかにした。 特にその発言を問題視しているのが紀藤弁護士によるものだという。発言当日の夜からネット上では「家庭連合が売春をさせている」という趣旨の書き込みが相次いだとしている。

教団では、民事でも刑事でも売春の実態が認められたことはないと主張。紀藤弁護士に抗議したところ、番組での発言は「分派のことを言った」とする内容の回答があったという。

~省略~

【Yahoo!ニュース(弁護士ドットコム) 2022.9.29.】

いよいよ統一教会が恐ろしいカルト性や暴力性を露わに!批判的な報道やコメントを行なったテレビ局と3弁護士を一斉に恫喝訴訟!

出典:Wikipedia

ついにきましたか。
追及報道が下火にならない限り、いずれこうしたアクションが起こされることを予想していましたが、まさに、統一教会が持つ恐ろしいカルト性や暴力性が本格的にむき出しになってまいりました。

特に本村弁護士による「布教活動自体が違法であるいうことがはっきりと裁判所で認定されています」とのコメントは、完全なる事実であり全く正当なコメントであるように思えるけどね。
オウムの時にも、教団がマスメディアを激しく敵対視しつつ、自分たちを正当化する御託を並べながら凄惨で残虐なテロ事件が次々引き起こされたけど、このままいくと、いよいよ「第二の赤報隊事件」についても警戒しないといけなくなっていきそうだね。

教団に提訴された弁護士の中で、八代弁護士の場合は「きっての安倍シンパ」として安倍政権を擁護するべくおかしなミスリード発言を繰り返していましたが、こうした人物をも容赦なく提訴したことをみても、それだけ、昨今の追及報道によって教団が本格的に追い詰められており、見境なく暴走し始めたとも言えるかもしれません。

この教団の最大の資金源は日本人信者からの献金であり、莫大なカネを巻き上げてきた日本人信者の洗脳がひとたび解かれてしまうと、教団の運営そのものが成り立たなくなってしまうからね。
ボクが見たところ、統一教会を作ったグローバル支配層自体が、日本のマスメディアを使ってこの教団を解体させようとしているみたいだし、もうこの教団の余命はそう長くないとみているけど、こうした現実を受け入れることが出来ない幹部らが、いよいよやけっぱち&破れかぶれの悪あがきに出てきたというのが実情ではないかな。

オウムもまさにそうでしたが、このような真性的なカルト教団は、本当に追い詰められた時こそが最も危険であり、批判的なメディアや言論人を狙ったテロや、不特定多数の市民を狙った破壊行為を引き起こすことについても、今後より一層警戒する必要があるでしょう。

これというのも、赤報隊事件が発生した当時に警察が真犯人や黒幕を完全に突き詰めて逮捕し、教団を完全に解体させることができなかったからこうなってしまっているわけだし、赤報隊事件が「警察トップからの謎の捜査中止命令」で迷宮入りしてしまったのは、他ならぬ「非常に強大な政治の力」が働いたことは言うまでもないだろう。

●過去参考記事:
NHKスペシャルで「赤報隊事件」を特集するも、主犯の疑惑くすぶる統一教会の名前は出さず!「警察のトップから捜査中止の指示があった」

統一教会がここまで長年にわたって日本社会の隅々にまで入り込みながら反社会的な活動を許してきた最大の戦犯こそが自民党であり、さらにいえば、統一教会や自民党をアンダーコントロールしながら日本の国家のシステムの破壊を推し進めてきたグローバル資本勢力であることは、当サイトの読者さんであれば今さら説明する必要はないでしょう。

教団が今後も用意しているという「大規模訴訟」にことごとく敗訴すれば、(安倍一族の終焉とともに)いよいよこの反日朝鮮カルトもおしまいだと思うけど、果たしてどんな展開が用意されているのか
今度の成り行きを見守っていくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事