■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

Netflix版「新聞記者」が「かなり攻めている」と話題に!映画版以上にダイレクトに安倍政権の腐敗を描写!→ネット「すごいの一言」「『私と妻が関わっていたら…』まで出てきた」

Netflix版「新聞記者」が「かなり攻めている」と話題に!映画版以上にダイレクトに安倍政権の腐敗を描写!→ネット「すごいの一言」「『私と妻が関わっていたら…』まで出てきた」
Pocket

どんなにゅーす?

・東京新聞・望月衣塑子記者をモチーフにした、政権の腐敗を厳しく追及する記者を描いたNetflix版「新聞記者」がネット上で大きな話題になっている。

・映画版と比べて、安倍政権の腐敗や公文書改ざん事件などをよりダイレクトに描写していることが多くの高評価を得ており、スタッフやキャストに対する賛辞の声が相次いでいる。

安倍政権の公文書改ざんを真正面から描くNetflix版『新聞記者』に米倉涼子、綾野剛、横浜流星など、豪華キャストがずらり

~省略~

Netfrix版には、菅官房長官と東京新聞・望月記者のバトルを彷彿とさせるシーンも

予告編はまず、「ここには都合のよくないものが存在している」というセリフとともに倉庫から出された書類のアップから始まる。

書類には、「栄新学園理事長が中部財務局へ来所」「本件土地の取得を検討」「議員秘書から中部局へ照会」「栄新学園理事長が中部航空局に来局(財務局同席)」「小学校設置認可」などの活字が並び、ところどころ手書きの赤字で「削除」「変更」など指示が書き込まれている。

そのあと、「答弁を事実にしないと」と語る佐野史郎、「栄新学園文書問題 毛利前理財局長 証人喚問」とのテロップが入ったテレビの国会中継の画面、「栄新学園」の土地取引をめぐる文書の一部が削除されるパソコン画面、「これは改ざんです」と苦悶の表情で訴える吉岡秀隆、「鎮火作業に移れ、この件はこれで終わりだ」と指示する田中哲司。シュレッダー処理される書類などが次々映し出される。

さらに、官房長官記者会見らしき会見場で、米倉涼子が「状況から考えて明らかに口利きがあったのではと推測されます。官邸の関与があったのではないですか」と質問するシーン。迷惑そうに米倉を振り返る記者たち。ファミレスで会見中継を見ながら「一記者がこんな攻めたとこでなんも変わんなくない?」とうそぶく横浜流星。

続いて、米倉が吉岡秀隆や綾野剛に直撃取材をかけるショット。吉岡秀隆が「俺、大変なことしちゃったかもしれない」と妻に打ち明け、泣き崩れる姿。そのあと、黒塗りだらけの書類を手に「なんなの、これ」と憤る寺島しのぶ、「国民のために仕事をしていました」と呻くように語る吉岡、「罪悪感を抱えて生きていくことがどれほどつらいかわからないでしょう」ともらす綾野のカットなどが続く。

「本当のことを話してください」と懇願する寺島の言葉に続いて、「政権がひっくり返るかもしれんぞ」というセリフとともに映し出された新聞の紙面には「国有地安価で売却」「設立に官邸関与か」「金額非公表 売却額10分の1」「名誉校長に首相夫人」の文字。

そして、「この国は変わらないといけないんです」という米倉のセリフで動画は終わる。

まだ配信は先でドラマの全貌はわからないが、森友公文書改ざん問題や赤木さんの自殺問題を真正面から描いているのは間違いない。

~省略~

【リテラ 2021.11.7.】

ネトフリ版「新聞記者」に絶賛の声続々!テレビで放送不可能な「核心を突いたダイレクトな描写」に、サービスへの登録者急増か?

出典:Netflix

ネトフリ版「新聞記者」がネット上で話題沸騰になってますぅ~!!
内容の一部を少し聞いただけでも、思わず今すぐに観たくなってきてしまいますし、スタッフから出演者さんに至るまで、(私たちにとっても大切なことを伝えるために)ほんとに頑張ってくれましたね~!!

ほんとだわっ!!
映画版「新聞記者」も面白かったけど、ネトフリ版は映画以上にかなりダイレクトに安倍政権の腐敗を描いていて、今の日本社会の実像により迫る内容になっているみたいだわっ!!

お~、あの、安倍元総理による「私や妻が関わっていたら総理も議員も辞める」の大ウソ発言もぶち込まれている上に、官房長官時代の菅元総理の放言や醜悪対応もモロに描写しているのか。
米倉涼子さんと言えば、芸能界一の安倍トモ・津川雅彦氏に呼ばれる形で、(総勢20人ほどの有名人とともに)安倍元総理と会食したことが報じられたこともあったけど、恐らく安倍氏は当時の会食を覚えているだろうし、今頃(勝手に)激怒しているのではないかな?

それにしても、以前より「いずれテレビを完全に駆逐することになる」ともいわれてきたNetflixだけど、確かに、腐った権力に忖度することなく、ここまで自民政権の疑獄事件を深く抉った作品をリリースしているのだから、この先「面白く価値ある映像配信メディア」としてさらに躍進していくことになるのは確実だろう。

確かに、テレビよりもずっと面白い作品がたくさん観れるみたいですし、私もこれを機にネトフリに登録して、「新聞記者」を何度もじっくり観たいですぅ~!!

一方で、テレビの方は、日頃から「腐った政権連中への忖度第一」でどんどんつまらなくなってきている上に、私たちを騙すため(”奴隷思考”に陥らせるため)のあからさまなウソやフェイクまで日常的に繰り返すようになっているし、いっそのこと、みんながまともなネットメディアを観るようになることで、一日も早くにテレビは潰れればいいんじゃないかしら!?

とにかくも、このご時勢でここまで安倍政権の疑獄事件に切り込み、問題提起すること自体、相当な勇気とリスクが伴うことだし、同作品に関わったスタッフやキャストの人たちに敬意を表したいと思う。
そもそも、言論や表現の自由を自ら放棄しているメディアに優れた映像作品が生み出せるはずがないし、家族や友達にネトフリ版「新聞記者」を教えてあげることで、今のテレビがいかに腐りきってしまっているのかを一人でも多くの市民同士で共有していくことが重要ではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事