【IR疑獄】維新・下地氏、「500ドットコム」から100万円受け取ったことを認める!収支報告書にも記載せず!紺野容疑者ら会社幹部と3回面会!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年1月6日、特捜が捜査を続けている「IR疑獄」について、維新の下地幹郎衆院議員が会見を開き、2017年の衆院選挙期間中、逮捕された「500ドットコム」の紺野昌彦容疑者から現金100万円を受け取っていたことを認めた。

・下地議員によると、これまで紺野容疑者ら会社の幹部と3回面会しており、事務所側が領収書を渡そうとしたところ、相手に受け取りを固辞されたことから、収支報告書に記載しなかったと説明。

・下地議員は、当時、IR議連の副会長を務めていたものの、「私が便宜を図ったことは一切なく、そのような立場ではない」と主張。受け取った現金は環境が整い次第返金するという。

下地幹郎衆院議員 中国企業元顧問から100万円受領認める

~省略~

5人のうち元郵政民営化担当大臣で日本維新の会の下地幹郎衆議院議員が6日、那覇市で記者会見し、衆議院選挙の期間中だった平成29年10月に事務所の職員が中国企業の元顧問の紺野昌彦容疑者(48)から選挙資金として現金100万円を受け取っていたことを明らかにしました。

そして「事務所の職員が領収書を渡そうとしたが元顧問から固辞された」としたうえで、領収書を作成しなかったため政治資金収支報告書への記載が漏れていたと説明し「選挙資金の透明性を保てず事件に関係する人物から選挙資金の提供を受けたことを深く反省している」と陳謝しました。

また、下地議員は当時、IRを推進する議員連盟の副会長を務めていて、平成29年2月から8月にかけて紺野元顧問らと議員会館などで合わせて3回面会したということですが、「私が便宜を図ったことは一切なく、そのような立場ではない」と説明しました。

下地議員は環境が整いしだい受け取った現金を元顧問に返金するとしています。

【NHK NEWS WEB 2020.1.6.】

秋元氏の次は”この人”!?下地氏が「500ドットコム」からのカネの受け取りを認める!

逮捕された「500ドットコム」の幹部が供述している「現金を渡した5人の衆院議員」のうちの一人、維新・下地幹郎議員が、金銭受け取りの事実関係を認め謝罪しました。
しかも、「500ドットコム」側から領収書の発行を固辞され、これにより、「収支報告書にも記載をしなかった」と説明しており、外国企業からの献金や収支報告書に記載しなかったことについて、政治資金規正法に違反している可能性が高い上に、金銭を受け取った当時に下地氏がIR議連の副会長を務めていた中で、同社に対して何かの便宜を図っていた場合には贈収賄罪に問われる可能性もあります。

安倍政権のみならず、安倍政権を野党側からサポートするような役割を担っている維新にまで、しっかりと黒いチャイナマネーが行き渡っていたということだね。
下地氏が事実関係を認めたことで、これまで事実関係を全面否定している岩屋元防衛相をはじめ自民党の4人の衆院議員もカネを受け取っていた可能性がますます高まってきたし、特捜は果たしてどこまで本気で取り組んでいくかな。

下地氏は、自身の行為について「違法性はない」ことを必死にアピールしつつ、返金をしてチャラにしようとしているけど、そうは問屋が卸さないだろう。
500ドットコムの社長らと何度も会っていて、中国の企業と認識していた上で献金を受け取っていたことだけでもアウトなのに、先方が100万円もの大金を渡しているのに領収書の発行を頑なに拒否した時点で、「表に出せないカネ」であると言っているも同然だ。
そもそも、この下地氏の説明が本当かどうかも分からないし、お互いに”十分に”理解しあった上で下地氏が金銭を受け取っていた可能性だって有り得るんじゃないかな。

とにかく、特捜の動きを見ている限り、秋元氏一人で終わらない可能性が大ですし、今後の展開をしっかりとみていこうと思います!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事