■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

共産・志位委員長が八代弁護士の釈明に対し「虚偽発言への撤回・謝罪になっていない」と抗議!TBS担当者は「八代発言を検証し検討します」と回答!

共産・志位委員長が八代弁護士の釈明に対し「虚偽発言への撤回・謝罪になっていない」と抗議!TBS担当者は「八代発言を検証し検討します」と回答!
Pocket

どんなにゅーす?

・八代英揮弁護士がTBS「ひるおび」の中で「共産党は暴力革命を否定していない」とデマ発言を行なったことに対して、「私の認識は(安倍政権時に)閣議決定された政府見解に基づいたものでした」などと自ら釈明を行なった中、共産・志位委員長が「虚偽発言への撤回・謝罪になっていない」と自身のTwitter上で強く批判党として再びTBSに抗議したことを明らかにした。


八代弁護士による詭弁だらけの「なんちゃって謝罪」に批判殺到!共産党による再度の抗議に、TBS担当者は「八代発言を検証し検討します」

出典:Twitter(@shiikazuo)

(予想はしていましたが)八代弁護士の詭弁だらけの「なんちゃって謝罪」に批判の声が殺到しています。
そもそも、突然に安倍政権の閣議決定を持ち出しては、いかにも、「自らの発言は概ね間違っていない」とでも言いたげな論調で、自身のデマ発言に対しての謝罪を放り出しつつ「バランスを欠いていた」との次元にちゃっかりとすり替えていましたからね。

さすがは筋金入りの安倍シンパというべきか、自民党の悪徳売国政治屋とひけをとらないくらいに、数々の悪質な詭弁を弄して視聴者を騙すテクだけは実に長けているね。
しかし、こんな小手先のペテン手法では、識者の人々を騙すことはできないし、共産党が再度強く抗議したことで、結果として、八代氏がますます自らの首を絞める事態になっている。

志位委員長や小池書記局長の抗議や指摘はもっともですし、このまま何の対応もせずに八代弁護士を引き続き起用し続けていけば、TBSも八代氏の悪質デマに加担しつつ次期選挙においての「野党潰し」に協力しているも同然であるといえるでしょう。

まあ、前の記事でも述べたように、「所詮はTBSも、グローバル資本勢力の忠実な傀儡広報局」ってことだけど、共産党はこれを機に、「八代氏の発言は完全なデマである」ことを多くの人々に周知させつつ、それと同時に「どれだけ国民に寄り添った『民主主義を重視した政策』を提起しているか」を大きく宣伝していけばいいんじゃないかな。

そうですね。
ネット上の自民サポ工作員は、今回の共産党による抗議をまたまた利用して、「暴力的で強権的な共産党!」などと騒いでいる始末ですし、こうした悪質なネガティブキャンペーンに打ち勝つには、頭脳的な戦略や巧みな立ち回りも重要になってきます。

そして、八代弁護士の狡猾な詭弁の手法を論理的に指摘し炙り出すことで、「どれだけ公共の電波を通じて国民にとって有害なコメントが横行しているのか」について、国民に深く理解してもらうことも大切だし、二度と国民がマスコミに騙されないようにするためにも、これまでグローバリスト駆使してきた「世論誘導やマインドコントロールの手法」についても多くの人々に知ってもらうことも重要なのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事