■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

八代弁護士、「ひるおび」の番組途中で「共産党デマ発言」を謝罪!「私の認識は閣議決定された政府見解に基づいたものでした」「今後はより正確にバランスに配慮し、言葉に責任を持っていきたい」

八代弁護士、「ひるおび」の番組途中で「共産党デマ発言」を謝罪!「私の認識は閣議決定された政府見解に基づいたものでした」「今後はより正確にバランスに配慮し、言葉に責任を持っていきたい」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年9月13日、八代英揮弁護士が、10日放送の「ひるおび」(TBS)の中で「共産党は『暴力革命』を党の要綱として廃止していない」などと野党共闘を非難したことに対し、「明確なデマ」として共産党が局に抗議を出していた中、番組の途中で謝罪・訂正の対応が行なわれた。

八代弁護士は、「私の認識は(安倍政権時に)閣議決定された政府見解に基づいたものでした。一方、日本共産党はたびたび否定されていることも申し上げるべきでした。申し訳ありませんでした」としたうえで「テレビで発言する者として、今後はより正確にバランスに配慮し、言葉に責任を持っていきたいと思います」とコメント。この対応について、ネット上では「うまく誤魔化している」「謝罪になってない」などの批判の声が噴出している。

八代弁護士が生謝罪「言葉に責任を持っていきたい」共産党めぐる発言に誤り

八代英輝弁護士が13日、レギュラーMCを務めるTBS系情報番組「ひるおび!」(月~金曜午前10時25分)に生出演し、10日の同番組で共産党について発言した内容について、謝罪した。

八代弁護士は「先週の私の発言ですが、私の認識は閣議決定された政府見解に基づいたものでした。一方、日本共産党はたびたび否定されていることも申し上げるべきでした。申し訳ありませんでした」と頭を下げ「テレビで発言する者として、今後はより正確にバランスに配慮し、言葉に責任を持っていきたいと思います」と話した。

~省略~

司会の恵俊彰は八代弁護士の謝罪を受け、「私たちも脇を締めて番組作りに臨んで、より広く与野党の政策について伝えていこうと思います」とした。

また、江藤愛アナウンサーは「先週の放送で野党共闘をテーマに扱った際、『日本共産党について、暴力的な革命というのを、党の要綱として廃止していない』という発言がありました。日本共産党の綱領にそのようなことは書かれていませんでした。訂正しておわびします」と伝えた。八代弁護士の発言があった10日にもTBSは「共産党の綱領には記載がなく、発言は誤りでした」とコメントしている。

【Yahoo!ニュース(日刊スポーツ) 2021.9.13.】

番組の途中で八代弁護士が「共産党デマ」を謝罪!「(安倍政権時代の)政府見解に基づいて発言した」「バランスを欠いていた」とのアピールに批判殺到!

出典:Twitter(@kon1316)

安倍政権が共産党を「破防法の対象」と閣議決定! 露骨なネガキャンと共産党排除はヒトラーと同じ手口だ

先週3月22日、安倍内閣が日本共産党について、「現在においても破壊活動防止法(破防法)に基づく調査対象団体である」「『暴力革命の方針』に変更はない」との答弁書を閣議決定した。

~省略~

【exciteニュース(リテラ) 2016.3.27.】

予想していた通りに、全くお粗末で酷い謝罪対応だったわねっ!!
要は、八代弁護士が強調したいのは、「(安倍政権時代の)政府見解に基づいて発言した」「バランスを欠いていた」ってことで、「俺の言ったことは大して間違っていない」ってことじゃないのよっ!!

何の前触れもなく突然に謝罪対応が始まったけど、「視聴率が最も低いタイミングをピンポイントで狙った」とかじゃないだろうね?

選挙制度や議会制民主主義を健全なものにするには、野党の存在がひときわ重要であり、民主主義国家において「政権与党の腐敗や不正をただす役割」を持っている野党を多くの国民が支持するのはまったくもって自然なことだし、それだけに、マスコミは、中でも「野党に対する批判」については(国民の立場に寄り添ったうえで)より慎重に行なわないといけないはずなんだけど…。
八代弁護士の今回の謝罪は、本人が図らずも、「民主主義の原則をことさらに軽視しては、(自らの利益のために)腐敗した権力側に完全なまでにべったりと張り付いている」ことを露呈させたし、「今だけカネだけ自分だけ」といった極めて利己的な精神を浮かび上がらせてしまったといえるだろう。
(それにしても、八代氏は噛み噛み&進行もグダグダのみっともない謝罪対応だったね)

安倍政権時の閣議決定をわざわざ持ち出してこれをアピールしてる時点で、「安倍シンパ」の実態を自ら露呈させたし、田崎スシローと言い、八代氏と言い、テレビに出てくる大多数のコメンテーターが、国民にとって極めて有害な「腐敗権力(グローバル資本勢力)の遣いパシリ」そのものとしか言いようがないわっ!

簡単にいえば、自民政権だけでなく、大手マスコミも、グローバル資本勢力のご意向通りに「日本の民主主義の破壊」「国民総奴隷化計画」にまい進しているってことだ。
前も言ったけど、(番組ごとでみると中にはマシなものもあるけど)公共の電波で放映されているテレビ局はほとんど全てがグローバル資本勢力の下部組織と言っていいだろうし、今後も八代弁護士や田崎スシローが平然と番組に出続ける限り、「テレビに自浄能力を期待すること自体が間違い」ということだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事