■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

共産・志位委員長が、尖閣問題について中国共産党と自民政権を強く批判!「尖閣は日本の領土という国際法的・歴史的な根拠をぶつければ、争う余地はない」→ネット「共産の方がよほど保守」

共産・志位委員長が、尖閣問題について中国共産党と自民政権を強く批判!「尖閣は日本の領土という国際法的・歴史的な根拠をぶつければ、争う余地はない」→ネット「共産の方がよほど保守」
Pocket

どんなにゅーす?

中国による尖閣諸島への領海侵犯の行動がエスカレートしつつある中、日本共産党の志位委員長が、中国共産党の習近平主席とこれを事実上黙認している菅政権を痛烈に批判。ネット上で話題になっている。

・志位委員長は「そもそも日中国交正常化の時の交渉に問題があった」としたうえで、「正面切って、尖閣諸島は日本の領土であるという国際法的、歴史的な根拠をぶつければ、争う余地がない問題のはずです。にもかかわらず、日本政府はずっとそれをやってこなかった」と、当時の田中角栄元総理の対応や、現在の”きっての媚中派”二階氏がハンドリングしている菅政権を批判。多くの共感の声が上がっている。

日本共産党・志位和夫委員長が習近平・中国共産党を痛烈批判

~省略~

志位氏は2月26日発売の『週刊ポスト』でインタビューに応じ、中国共産党の対外姿勢に強い警戒感を表明するとともに、日本政府が誤った対応を取っていることが問題をより深刻にしていると追及した。

もともとは、ともに1920年代にコミンテルン(共産主義インターナショナル)の指導のもとで生まれた中国共産党と日本共産党だが、両者の関係は複雑だ。1960年代後半以降、中国で文化大革命が進められると、日本共産党は「宮本(顕治・書記局長=当時)修正主義集団」と批判の対象となり、両党の関係は長く断絶していた。1998年からは不破哲三・委員長(当時)のもと交流が再開したものの、それ以降も「批判すべきことは批判してきた」と志位氏は語る。

「私たち日本共産党は、節目節目で中国政府に対して直接ものを言ってきました。私自身が発言したものだけでも、チベットの人権問題、(民主化運動でノーベル平和賞を受賞した)劉暁波氏の投獄問題、南シナ海や東シナ海での覇権主義的行動、香港やウイグルでの人権抑圧など、問題が起きるたびに、是正を求めてきました。しかし、彼らは批判を受け入れる様子がない」(志位氏)

緊張状態が続く尖閣諸島についても、「そもそも日中国交正常化の時の交渉に問題があった」と指摘する。

「尖閣諸島の問題は、1972年に当時の田中角栄・首相と周恩来・首相が日中共同声明を出すにあたって議論をしています。その際に周氏が『いまこれを話すのはよくない』として“棚上げ”を主張し、日本側は事実上同意してしまった。日本政府は尖閣諸島の領有権について、この時にはっきりと主張するべきだったのです。日本の外務省は簡単な記録しか表に出していませんが、中国側は詳しい議事録を出しています。そこでは、日本側が何も言っていないということが明確になっています。

中国側が初めて公式に領有権を主張したのは1971年のことです。その翌年に国交正常化となったわけですが、交渉の際にはっきりとものを言わないだらしない態度をとったことが、現在に至るまで尾を引いています。正面切って、尖閣諸島は日本の領土であるという国際法的、歴史的な根拠をぶつければ、争う余地がない問題のはずです。にもかかわらず、日本政府はずっとそれをやってこなかった」(志位氏)

~省略~

【NEWSポストセブン 2021.3.1.】

近年反グローバリズムの姿勢が目立ってきている日本共産党の志位委員長が、痛烈な「中国共産党&自民党(グローバリスト)」批判!

出典:YouTube

共産党の志位委員長が、ここのところ、尖閣諸島への常軌を逸した領海侵犯行動をエスカレートさせている中国共産党と、これを事実上黙認してしまっている菅政権に対して痛烈な批判をしました。
確かに、志位委員長の主張は至極まっとうですし、昨今の日本共産党が「反グローバリズム」に向かいつつある中、こうした姿勢をより鮮明にした形です。

日本共産党は、現存する日本の政党の中で最も古く、太平洋戦争前の頃からその”原型”が存在していた上に、設立当時から戦後しばらくまでの間を見ると、確かにグローバル資本勢力の影が見え隠れしているものの、特に小泉政権以降、自民党自体がより過激なグローバリズムに舵を切り始めていった頃から、徐々に反グローバリズム的な政策を主張し始め、現在は、トロツキズムやマルキシズム(グローバル共産主義)などとはかなり距離を置いた保守的な主張が中心になってきているね。

「自衛隊廃止」や「天皇制廃止」などといった共産主義的主張もかなり後退しているというか、これらの主張を本格的に見直し始めているようにも見えるし、全体を見ると、れいわ新選組と並んで最も共感・賛同できる要素が多い状況となっている。
もちろん、どの政党に対しても盲信するのは良くないし、一定の距離感を持ちながらよく見極めていくことは大切だけど、少なからずとも、中国の”カネ”と”色”に完全に毒されてしまっては、露骨な”媚中路線”を突き進んでいる二階氏率いる菅政権よりは圧倒的にマシだろう。

安倍・菅政権の腐敗・不正の実態を浮き彫りにする調査能力や国会追及も素晴らしいですし、国民に寄り添った視点による充実した福祉政策の主張など、少なくとも、今の自民党よりはよほど国民にとって有益な活動をしていますね

そうだね。
所属議員も、非常に真面目で討論能力が非常に高い優秀な議員が多いし、今の自公や維新がここまで「今だけカネだけ自分だけ」の私利私欲の考えにまみれた「悪徳政治屋」で溢れ返っている中で、これらの「悪徳議員」を一掃しては、まっとうな野党勢力を大きくしていくことに力を入れていかないと、いよいよ、日本は本格的に壊滅に向かい、中国共産党などのグローバリストに完全に乗っ取られてしまうことだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事