広島の被爆者・サーロー節子さんのノーベル平和賞受賞スピーチに、世界から熱い称賛!核肯定論への強い批判と核廃絶を訴えるも、日本のマスコミは積極的に報道せず!

Pocket

どんなにゅーす?

・2107年12月10日、ICANのノーベル平和賞受賞を受けて、戦時中の広島で原爆によって被爆したサーロー節子さんがノルウェー・オスロで演説を行ない、世界中から多くの熱い称賛を受けている。

・サーローさんは、当時の壮絶な被爆体験を語りながら、現在でも一部の大国を中心に核保有や肯定論がなくならない実態を強く批判。核兵器の恐ろしさを語りながら、人類全員で核の廃絶に向けて進んでいくべきと強く訴えたものの、サーローさんのスピーチが日本のマスコミで積極的に報じられない事態に…。

スポンサーリンク

ノーベル平和賞 サーロー節子さん演説全文(一部引用。全文はこちらから。)

米国が最初の原爆を私が住んでいた都市、広島に投下した時、私はまだ十三歳でした。私は今もあの朝を鮮明に覚えています。八時十五分、窓からの青みを帯びた白い閃光(せんこう)に目がくらみました。体が宙に浮かぶ感覚を覚えています。

静かな闇の中で意識を取り戻すと、倒壊した建物の中で身動きできないことに気付きました。級友たちの弱々しい叫び声が聞こえてきました。「お母さん、助けて。神さま、助けて」

そして突然、私の左肩に手が触れるのを感じました。「諦めるな。頑張れ。助けてやる。あの隙間から光が差すのが見えるか。あそこまでできるだけ速くはっていくんだ」。誰かがこう言うのが聞こえました。はい出ると、倒壊した建物には火が付いていました。あの建物にいた級友のほとんどは生きたまま焼かれ、死にました。そこら中が途方もなく完全に破壊されているのを目にしました。

幽霊のような人影が行列をつくり、足を引きずりながら通り過ぎていきました。人々は異様なまでに傷を負っていました。血を流し、やけどを負い、黒く焦げて、腫れ上がっていました。体の一部を失っていました。肉と皮膚が骨からぶら下がっていました。飛び出た眼球を手に受け止めている人もいました。おなかが裂けて開き、腸が外に垂れ下がっている人もいました。人間の肉体が焼けた時の嫌な悪臭が立ち込めていました。

このようにして、私の愛する都市は一発の爆弾によって消滅したのです。住民のほとんどは非戦闘員でした。彼らは燃やされ、焼き尽くされ、炭になりました。その中には私の家族と三百五十一人の級友が含まれています。

~省略~

核武装した国々の当局者と、いわゆる「核の傘」の下にいる共犯者たちに言います。私たちの証言を聞きなさい。私たちの警告を心に刻みなさい。そして、自らの行為の重みを知りなさい。あなたたちはそれぞれ、人類を危険にさらす暴力の体系を構成する不可欠な要素となっているのです。私たちは悪の陳腐さを警戒しましょう。

世界のあらゆる国の、全ての大統領と首相に懇願します。この条約に参加してください。核による滅亡の脅威を永久になくしてください。

【東京新聞 2017.12.10.】

サーロー節子

サーロー 節子(サーロー せつこ、英語: Setsuko Thurlow、1932年1月3日 – )は、カナダ在住の被爆者、反核運動家[3]。セツコ・サーロー[1][2]の日本語表記もある。
経歴

広島県生まれ[2]。父はドイツ人の共同経営者とともにアメリカ合衆国(米国)カリフォルニア州で「西部フルーツ会社」を起業し果実業を営んでいた[1]。

広島女学院(現広島女学院中学校・高等学校)に進学、のち学徒勤労動員され大日本帝国陸軍第2総軍司令部[4]で暗号解読作業の訓練を受けた[1][2]。正規の暗号解読助手になって最初の日である1945年8月6日、広島市への原子爆弾投下により爆心地から1.8㎞離れた同司令部で被爆、建物の下敷きになったが九死に一生を得た[1][2]。このとき8人の親族や多くの同窓生を失った[3]。

【Wikipedia】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サーローさんの迷いのない強いメッセージに、世界で大きく心を動かされる人が続出!一方、日本のマスコミは安倍政権の顔色をうかがい、アリバイ程度の報道に終始か?

出典:YouTube

戦時中の広島で壮絶で悲劇的な被爆体験をした、サーロー節子さんのノーベル賞受賞スピーチが世界で大きな称賛を受けているようです。
しかし、この受賞スピーチの件、私はインターネット上で初めて知りました。

ボクも先ほど東京新聞のネット記事で知ったところだけど、本来であれば、長時間の特集を組んでマスコミが積極的に報じるような一件であるものの、どうもこれをアリバイ程度にしか報じていない様子が見られるね。(そんな中で、報道ステーションはかなり頑張って報道していた感じだ。)

今日もテレビは、相撲騒動の特集やら富岡八幡宮の薄っぺらい表面だけの特集(安倍政権と強固に繋がる神社本庁の裏面などは一切無視)、都内に猿が出没したニュースなんかで大盛り上がりの始末だ。

国民への「強者優遇・弱者切り捨て政策」を徹底している安倍政権は、世界で進みつつある核兵器廃絶の動きに逆行したり、世界中で非難轟々と報じられているトランプの政策に有無も言わずに隷属したり、世界からもどんどん嫌われ、孤立するような政策ばかりを繰り返しているのに、どうやら安倍政権の支持率がまたしても上がり始めているみたいだぞ(NHK世論調査)。

しかも、その安倍総理が隷属しているトランプさんも、アメリカではかつてない低支持率が報じられている有様ですからね…。
これは、日本の世論調査そのものの信ぴょう性を疑う必要があるか、安倍政権がグローバリストの戦争ビジネス勢力にとって、(日本を「戦争ができる国」に変えていくために)重用されている可能性を疑う必要があるのかもしれません。

特に、日本のマスコミの中でもNHKの腐敗と政権との癒着は、非常に深刻な状況と言わざるを得ないだろう。

そんな中でも、今の日本の中でここまで「安倍礼賛&米国(軍産)隷属」の凄まじい同調圧力が蔓延している中、サーローさんのこの権力への強い批判を含んだ勇気あるスピーチは、文字通りに世界で称賛されるべき価値のあるものだと言える。

今やマスコミすらもその同調圧力に大きく屈しつつある中で、ボクたち市民単位でよりこうした問題に真剣に向き合い、今まで以上に自発的に非戦や平和について深く考えていくことが大切なんじゃないかな。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket