■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【医療崩壊】東京・世田谷で交通事故に遭った男児、コロナで付近の病院に入れず40分かけ遠方の病院に搬送され死亡→多くのマスコミはこの内情を報じず!

【医療崩壊】東京・世田谷で交通事故に遭った男児、コロナで付近の病院に入れず40分かけ遠方の病院に搬送され死亡→多くのマスコミはこの内情を報じず!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年1月3日、東京・世田谷区上用賀の交差点で、近くに住む小学4年生の男児が横断歩道を渡っていたところ、左折してきた乗用車にはねられ、救急車で病院に向かったものの、コロナ患者で埋まっていた付近の病院に入れない事態に。その後、40分かけて遠方の病院に搬送されたものの、死亡が確認されたという。

・一部マスコミでこの事態が報じられたものの、なぜか、多くのマスコミではこの件に触れず。ネット上では、「すでに東京で本格的な医療崩壊が起こっている」として、強い危機感を持つ声が上がっている。

横断歩道ではねられ男児死亡

~省略~

3日午後10時ごろ、世田谷区上用賀の交差点で、近くに住む小学4年生の三村光太さん(9)が横断歩道を渡っていたところ、左折してきた乗用車にはねられました。
三村さんは頭などを強く打って病院に搬送され手当を受けていましたが、およそ12時間がたった4日、死亡しました。
警視庁によりますと、三村さんは当時、母親と2人の弟とともに帰宅する途中で、2歳の弟を乗せたベビーカーを押して横断歩道を渡り始めたところをはねられたということです。
家族にけがはありませんでした。
警視庁は、乗用車を運転していた神奈川県藤沢市の自営業、和三恵太容疑者(45)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.1.4.】

コロナ感染のみならず、別の病気や事故でも「最寄りの病院」に搬送できない事態に…!すでに都内で「本格的な医療崩壊」が発生!

出典:Twitter(@onbashirachan)

東京都では、すでに「恐れていたこと」が本格的に起こってしまっているようです。
この世田谷区で交通事故に遭ってしまった男の子ですが、平時であれば、最寄りの病院に救急搬送されていたことで命が救われていた可能性がありますし、これはもう、すでに都内で医療崩壊が本格的に発生しているといっても差し支えないでしょう。

しかし、一部メディアでこの件が報じられたものの、現在、各報道機関が出している記事を見ると、この「コロナ危機のせいで40分もかけて遠方の病院に搬送されることになった」という「最も重要な情報」が全く触れられていないし、この情報を伝えていた記事が早々に削除されたといった話も出ている。

こうした状況を見る限り、どうやら、「日本国内ですでに医療崩壊が起こっている」との情報は”タブー”のような扱いになっているっぽいし、菅官邸がとりわけこのことに神経をとがらせていて、マスコミに対して様々な注文をつけたり圧力をかけている可能性もありそうだ。

まさに、私たちが「最も知りたい、知るべき情報」が、腐敗した権力によって統制されたり隠されたりしてしまっている状況ですね…。
このような「報道規制」「情報統制」の現状がある以上、私たちは断片的な情報や表面的な報道から、「今の日本社会の中で一体何が起こっているのか?」をよく考え想像し、真相に迫っていくことしか、自らの身を守っていく方法はないような状況です。

「菅政権の無為無策によってここまでの深刻なコロナ危機が起こってしまっている」という事実を日本国民がよりはっきりと認識してきている以上、ますます大きな批判が自分たちに降りかかってこないようにと、この先、菅政権がますますマスメディアに強い圧力をかけていき、露骨な情報統制や大々的なメディアコントロールを行なおうとしてくる可能性がある。
すでに、医療現場の生の声やありのままの状況などが詳しく報じられる機会が大きく減ってきているように感じられるし、ボクたち自身も「いつ、自分たちも医療崩壊の影響を大きく受けるか分からない」との認識の下で、より一層のウイルス防衛策をはじめとした体調管理を徹底していった方が良さそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事