■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【そりゃ感染爆発する】五輪選手村で連日乱痴気騒ぎ!組織委も警察も完全に制御不能に!深夜に「オーオッ!」「イエーイ!」「キャハハハ」などの奇声が響き渡る!

【そりゃ感染爆発する】五輪選手村で連日乱痴気騒ぎ!組織委も警察も完全に制御不能に!深夜に「オーオッ!」「イエーイ!」「キャハハハ」などの奇声が響き渡る!
Pocket

どんなにゅーす?

五輪選手村において、外国人選手らが連日連夜、乱痴気騒ぎのパーティーを繰り返していることが明らかに。デイリー新潮が報じた。

・海外選手の「感染対策完全無視」の行動の数々に対し、組織委も警察も完全に制御不能に陥っているといい、「バブル方式で安心安全」と大ウソの宣伝文句を謳っていた菅政権や組織委、IOCに怒りの声が殺到している。

五輪選手村で連日“野外パーティ”の乱痴気騒ぎ動画 組織委も警察も制御不能の呆れた実態

「夜の選手村はもはや無法地帯です。連日、深夜まで外国人選手たちは野外パーティーで大騒ぎ。いつクラスターが発生してもおかしくない状況なのに、組織委は彼らをまったく制御できていません」。こう告発するのは、ある大会関係者である。「デイリー新潮」が独自入手した動画には、警察が出動する飲酒トラブルが発生した現場で、マスクもせず、”密”に踊る外国人選手たちの姿が映っていた。

深夜1時に聞こえてきた「ハッピーバースデー」

「パラレルワールド」。こんな表現で例えられる東京・晴海の選手村。出島のような形をした区域は厳重なセキュリティに守られ、関係者以外は一切立ち入れない。

8月2日深夜0時。選手村の様子を伺おうと、運河を挟んでおよそ100メートルの距離にある「豊海埠頭」に行ってみた。右手にはレインボーブリッジが浮かぶ東京湾の夜景が広がる。埠頭一帯は静まり返っているが、耳をすましていると、潮風に乗って対岸から人声が聞こえてきた。

「オーオッ! オーオッ!」「イエーイ!」「キャハハハ」

時々、闇夜に響く口笛。明らかに複数の男たちが屋外で騒いでいる。30分くらい様子を窺っていると、「ハッピーバースデートゥーユー」の大合唱が聞こえてきた。

~省略~

【デイリー新潮 2021.8.3.】

やはり、緊急事態宣言中でも「性の祭典」が盛り上がり!必然的に大量の変異ウイルスが空気中を漂い日本国民の元へ…!

東京五輪の選手村が、想像以上に「最悪の事態」になってるみたいねっ!!
警察も組織委も完全に「制御不能」に陥ってしまってるって、一体どこまで無責任で大嘘つきな連中なのよっ!!

まさに「超最悪な事態」だし、元々「奴隷思考」に染まっておらず、良くも悪くも自由奔放な外国人は、日本人のようにはいかないことがこれではっきりしたね。
ネット上では、「別に勝手にすれば良いけど、もし感染しても東京の病院で治療受けようとか思わないでほしい」との声が出ているけど、いやいや。
こうした野外での乱痴気騒ぎによって、凶悪な変異ウイルスが風などによって大気中を漂い、これが一般国民のところに浮遊していくのだから、そもそも勝手にこんなことをやられてはたまったもんじゃないし、参加選手の意識があまりにも低すぎる(そもそも真剣に感染予防対策する気がない)という他ない。

まあ、菅政権やIOCが口先ばかりで真剣に感染予防策を行なおうとしている様子が全く見られないのだから、選手たちも真剣に守る気が起こらないのも仕方ないのかもしれないね…。

やっぱり、全ての諸悪の根源はグローバル資本勢力の言いなりになって(日本中をカオスに陥れたうえで国民全員にワクチンを打たせるために)日本を意図的にコロナ地獄に導いている菅政権だってことねっ!!

父とともに新型コロナの症状に苦しめられながら、「毎日電話をかける」と言っておきながら、(最初の説明以来)保健所や関係機関からも全く電話がかかってこなくて、何の補償も支援も無しという、いわば自治体・政府ともに「完全に見捨てられたも同然」の身からすれば、このようなニュースはまさに大きな怒りに打ち震えるくらいの気持ちだけど…ここまで「やってるふりレベル」の感染防止対策すら全く行なわれていない中、「東京五輪の強行が前代未聞の感染大爆発を引き起こした」と断言していいだろう。
特に首都圏において、ボクたちと同じような身に置かれては、大きな不安や苦しみ、怒りに震えている人が(数万人規模で)日に日に爆発的に増えてきているし、すでに報道されていないだけで、(凶悪な変異株によって)自宅で重篤化して亡くなってしまった国民も大勢いると考えるのが良さそうだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事