■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【お知らせ&状況報告】家族と管理人が新型コロナに感染・発症したため、更新が少なくなっております…申し訳ございません

【お知らせ&状況報告】家族と管理人が新型コロナに感染・発症したため、更新が少なくなっております…申し訳ございません
Pocket

いつも当サイトを応援していただき、誠にありがとうございます!
本来であれば、この国家的緊急事態に記事更新をしっかりと行なわないといけないところなのですが…あろうことか、同居の父親(70代)が新型コロナに感染し、その後すぐに管理人も感染してしまいましたため、記事更新が思うようにできない状況になっております

(早くに通常の更新ペースに戻せればよかったのですが、予想していたよりも深刻な状況に見舞われてしまっているため、迷った結果、管理人の今の状況をありのままにお伝えさせていただくことにしました。)

後日に詳しく状況報告をさせていただきますが、現在、大まかに管理人と家族が置かれている状況をお伝えしようと思います。

●およそ1週間前、(感染予防のために)イベルメクチンを海外輸入で注文したものの、注文が殺到&航空便も減少しているとのことで、到着が予定よりも遅れるとの連絡が入ったさ中、7月30日・同居の父親が発熱、翌日に検査を受けたところ、コロナ陽性が判明

●この翌日(7月31日)の夕方、管理人の左足の甲に、突如体験したことがない激痛が襲い、以降、3~5分ごとに足の甲の同じ箇所において電気ショックのような強烈な痛みが継続的に発生最初の痛みが発生してから1時間ほどの間に一気に発熱(38度5分)し、救急病院で軽く診察と検査を受けたところ、次の日(8月1日)に陽性であることが通知される。

●感染経路は不明だが、父親は定年後から首都圏地域のとある片田舎で配送業を行なっており、(感染防止策を極力行なっていたものの)客先に配達した際に父が感染した可能性が最も高そう。

●同居の母親は、管理人と同時に検査を受けた際、奇跡的に陰性に。現在、家を出てホテル暮らし中。

●父親の症状は比較的穏健で、高熱と倦怠感、節々の痛みが続いている状態。

●管理人の症状がいささか深刻で、高熱と息苦しさ、下痢や咳(元々咳喘息持ちなので、それが悪化したみたいな感じ)、そして、3~5分ごとにやってくる左足の甲の激痛が現在まで継続しており、足の甲の2か所が赤く腫れ、左足全体が若干赤らんでいる状態

●父、管理人ともに、陽性が出た当日の夜に保健所から連絡が入り、「病床がひっ迫しているため入院は難しい」と告げられた上で、「以降、回復するまで毎日健康状態をチェックするために電話をかける」と言われ、自動的(強制的)に自宅療養に。

●「オンラインで医師に相談できることも可能なので、何かあれば活用してほしい」と言われたものの、そもそも、最初の保健所からの電話以降、父親にも管理人にも一度も電話がかかってこない状態で、管理人に至っては、オンライン相談の案内すら届かない状態。

●驚くべきことに、父親の陽性が判明した時点においては、同居の母も管理人も「濃厚接触者」とは認定されず(仕事も外出も自由)、「PCR検査も任意(受けたかったら受けてもいい)」と言われ、とどのつまりは、保健所も完全にお手上げ&野放しにせざるを得ない状態になっていることを痛感。

●最初の検査時に処方された薬を飲んでも全く効き目無し。足の痛みを抑えるためにロキソニンを飲んでも、一時的に熱は下がるものの、痛みの抑制には全く効果なし

●この状況を受け、「もはや、イベルメクチンを服用することしか望みのある処置法はない」と考え、ネット上で情報が出ている「イベルメクチンの処方が可能といわれている病院」に何か所か電話をかけた結果、非常に幸運にも(管理人の分だけ)2日間分のイベルメクチンを入手。(管理人は受け取れないので、ホテル暮らしの母親に委任状を送り、代理で取りに行ってもらった)

●本日夕方にイベルメクチンを服用。服用後1時間ほどで、あれほどきつかった足の激痛がみるみるうちに収まり、一時期全く痛みがゼロに。その想像以上の素晴らしい効果に驚かされる

●しかし、(デルタ株の可能性が高い中で)服用後4時間後ほどで再び足の甲の痛みがぶりかえし(それでも最初よりはいくらかマシになったか?)。明日、手元にある最後のイベルメクチンを飲み、どうにか症状がさらに改善することを願うのみ。

…これがここ数日(更新が少なくなっている期間)の大まかな経緯です。

発熱や息苦しさ、倦怠感などはまだ全然マシなレベルなのですが、とにかく、足の甲の激痛が半端なく辛く、発症以降ほとんどロクに眠れない状態が続いています。

とにかくも、イベルメクチンの入手が想定よりも遅れてしまったことが痛恨の極みであり、奇跡的に(素晴らしく良心的で融通が利く医師の方によって)2日分だけすぐに入手することが出来たものの、これ以上の分については、ネット上の情報を元に様々な病院に連絡をしても連絡が付かないか、(在庫がない、本当に重篤な人しか投与しない…などなど)様々な理由で断られてしまっている状況です。
(この辺の詳しい経緯もまた後日に詳しくお伝えしようと思います)

都心からいくらか離れたのどかな片田舎でも、ここまで凄まじい感染爆発と医療崩壊が起こっている現状を身をもって痛感しておりますし、(恐らく)デルタ株の、想像をはるかに超える感染力とかつて体感したことがない恐ろしい症状を肌で感じているところです。
そして、イベルメクチンは多くの報告や成果が伝えられていた通り、新型コロナを抑え込む上で非常に優れた効果を持つ素晴らしい薬であることを自らの身をもって感じています。

とりあえず、明日服用するイベルメクチンでもう少し効果が出ることを期待しつつ、3日目以降のイベルメクチン(そして父親の分も)が入手できるかどうか、出来る限りの手を尽くそうと思っています。

そういうわけで、誠に勝手ではございますが、自身の体調と身の回りのことが落ち着くまで、もうしばらく記事更新の頻度を少なくさせていただきます
日頃からご支援いただいている読者さま、記事を楽しみにしてくださっている皆さまには大変に申し訳ございませんが、何卒、諸般の事情をご理解いただけますと幸いです。

ゆるねとにゅーす管理人

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

管理人のつぶやきカテゴリの最新記事