世耕参院幹事長、「桜名簿」について「個人情報の塊」「早期消去が当たり前」と強調!→ネット「じゃあ、マイナンバーなんて即刻やめて消去しろ」「詭弁にもほどがある」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年12月14日、自民・世耕参院幹事長が滋賀・長浜市で講演を行ない、安倍政権が「破棄した」と強調しつつ徹底隠蔽し続けている「桜を見る会」の招待者名簿について、「個人情報の塊」「会が終わったらできるだけ早く消去するのは、ある意味当たり前」との考えを強調した。

・これに対して、国民からは怒りの声が殺到。「じゃあ、マイナンバーなんて即刻やめて消去しろ」「詭弁にもほどがある」など、自らに都合がいいようにルールや理屈、モラルまで平然と捻じ曲げることが常態化している安倍政権に対し、批判と危機感を唱える声が噴出している。

桜を見る会名簿は「早期消去が当たり前」 自民・世耕氏が講演

自民党の世耕弘成参院幹事長は十四日、長浜市内のホテルで講演し、安倍晋三首相が主催した今年の「桜を見る会」の招待者名簿を内閣府が破棄していた問題について「会が終わったらできるだけ早く消去するのは、ある意味当たり前だった」と述べた。

世耕氏は、神奈川県の行政文書を保存したハードディスク(HD)がインターネットオークションを通じて流出した問題を引き合いに「招待者名簿は個人情報の塊。HDが復元できる状態なら個人情報が出てくる」とし、内閣府の対応に理解を示した。

~省略~

【中日新聞 2019.12.15.】

「重箱つつき同然」の「メディア恫喝」を得意げに披露した世耕氏、今度は、誰が見ても歴然な「幼稚園レベル」の詭弁を披露!

出典:Wikipedia

安倍政権の”知性劣化”が止まらない事態になっています。
先日には、一線を完全に超えた「メディア恫喝パフォーマンス」を披露した世耕氏ですが、今度は、ご覧のように、直近の「桜を見る会」の参加者名簿を”徹底破棄”してしまったことに対して、(暴力団や詐欺勢力などの反社勢力が参加していた証拠を徹底的に葬り去るべく)「個人情報の塊」などと強調しつつ、「会が終わったらできるだけ早く消去するのは、ある意味当たり前」などと主張し始めました。

ネット上では、世耕氏の発言に対して、「それなら、マイナンバーなんかも即刻削除しろ!」との声が上がっているけど、まったくその通りだね。
「桜を見る会」の参加者名簿は、60年前のものすらも今でも大事に保管されているくらいに、これまでの日本では、その時代背景や政権運営を検証・考察する上での「貴重な公的文書」として扱われてきたというのに…これを「個人情報の塊」などと、「本来の性質」を徹底的に捻じ曲げながら、隠蔽・破棄の所業を正当化しているというのだから、その悪質さは計り知れない。

そもそも、実際のところは、行政内において、国民から保険料や税を徴収する目的などで、「ありとあらゆる個人情報」が永続的に膨大なデータベースに保管されているのが実情だし、世耕氏の発言に整合性を持たせるのなら、これらの行政内に保管されている「ありとあらゆる個人情報」を毎年即刻削除しないといけないはずだ。

しかし、実際に安倍政権が推し進めていることは、マイナンバー制度などを通じて、ありとあらゆる個人情報をこれまで以上に重点的に管理しつつ、米NSAから提供された最新鋭のネット監視システム「エックスキースコア」などを通じて、インターネットの検索歴やメールの内容まで、国民のありとあらゆるネット活動を徹底監視する体制を確立させており、秘密裏にあらゆる国民の一挙一動を監視し、あらゆる個人情報を収集している実情があることは、以前に当サイトが紹介したとおりだ。

●過去参考記事:
【スノーデン文書】日米の諜報活動の機密情報が暴露!全国民のネット上での動きを監視・傍受できるスパイシステムを米が日本に提供!

NHKが日本の秘密諜報組織「DFS」を暴露!内閣情報調査室が日本のネット監視を推進!「官邸のアイヒマン」こと北村滋情報官が2012年9月にNSAを極秘訪問!

先日のNEWS23では、「安倍政権が参加者名簿を徹底的に隠し続けている理由」として、自民党関係者が「名簿の中に反社会勢力の名前が載っていた可能性があるからでは」と明かしていることを紹介していたけど、世耕氏がこのような”幼稚園レベル”の詭弁を披露しているのも、こうした「本当の理由」を隠したいからなのは、もはや誰が見ても歴然だろう。

これを「究極的な厚顔無恥」と言わずして何と言えばいいのでしょうか。
ここまで、自らに都合がいいように真相や理屈やモラルまでも徹底的に捻じ曲げてしまう様には、強い戦慄を感じずにはいられませんし、この政権であれば、いつか国民に本格的に牙を剥いては、私たちが大量に殺されてしまうことすら、いよいよ現実味を帯び始めてきたのではないでしょうか。

はっきりしているのは、この政権は、自らのモラルや知性は極限まで欠如しているにもかかわらず、本来は奉仕する対象であるはずの国民を「奴隷」または「敵」とみなしているということだろう。
言うまでもなく、国民に対する敬意は微塵も持っておらず、四六時中、国民をどのように騙すかと様々な計略を巡らせては、なけなしの富を搾取することしか頭にないのは明白だ。
さらに良くないことに、どうやら、悪知恵と厚かましさだけは”超一流”みたいだし、こんな「反社会集団」に今後も政権を任せておけば、やがてボクたち国民は一人残らず破滅するだろう。

たったの数年で本当に恐ろしい社会になってしまいました。
私たち自身が、今以上に高い知性やモラルを手に入れていかない限り、日本の未来はありませんし、今こそまさに、日本の”本当の破滅”を食い止めるかどうかの瀬戸際にある状況ではないでしょうか。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事