メンタリストDaiGo氏が「京アニ実名報道」に怒り心頭!「NHKには二度と出ません」「二度とテレビに出れなくなってもいい」→賛同の声が相次ぐ

Pocket

どんなにゅーす?

・「京アニ放火殺人事件」について、遺族や会社側による意向を無視した上で、マスコミ各社が犠牲者に関する詳しい報道を行なっていることに対して怒りの声が殺到している中、メンタリストのDaiGo氏が、マスコミを激しく非難する動画を配信した。

・動画の中で、DaiGo氏は「二度とテレビに出れなくなってもいいです全然。はっきり言います。NHKには二度と出ません」と発言し、これまでになかったほどの強い口調でマスコミによる報道姿勢を痛烈非難

彼の発言に多くの賛同の声が寄せられており、70万回を超えるほど再生数を記録している

メンタリストDaiGo「NHKには二度と出ません」と激怒 YouTubeで強烈なマスコミ批判、ネットで大反響

~省略~

「彼はYouTubeのオープニング、『今日はちょっとは感情的になります』と切り出し、しばらくすると、『僕、二度とテレビに出れなくなってもいいです全然。はっきり言います。NHKには二度と出ません、こういうことをするNHKには!』と憤慨したのです」(芸能ライター)

~省略~

「7月の京都アニメーション放火事件で亡くなった35人のうち、新たに25人の名前が、27日、京都府警によって明らかになりました。ただ、このうちの20人の遺族からは公表について承諾が得られていないものの、府警は公表を踏み切った理由について、『事件の重大性、公益性から実名を提供すべきだと判断した』とコメントしています。

すると、この日の夕方から夜にかけ、NHK、さらには民放各社のニュース番組も追随。府警から追加発表された25名の実名を、アナウンサーが一人ずつ読み上げたのです。確認できただけでも、NHKは夜7時の『NHKニュース7』、日本テレビだと『news every.』や『news zero』、TBSだと『Nスタ』、フジテレビだと『Live News it!』などです。母親をガンで亡くし、助けてあげられなかった後悔があるというDaiGoは、こうした遺族の心を踏みにじるマスコミの姿勢が許せなかったらしく、『皆さんに聞きたいんですけど実名知りたいですか?』と問いかけ、『遺族はマスコミに2回殺されている。1回目は理不尽に殺人犯に殺され、2回目は心がない人に思い出を無理やり引っ張り出され、勝手に写真撮られて金に換えられる』と、公益性という名のもとに、許可も取らずに遺族の痛みをえぐるマスコミに激高していました」(同)

~省略~

【livedoorNEWS(リアルライブ) 2019.8.28.】

DaiGo氏「N国党を支持する気はないが、NHKには一千万円積まれても二度と出ません!」

↓ネット上で熱い賛同が大量に寄せられているDaiGo氏のYouTube動画。

出典:YouTube

↓批判殺到中のNHKによる犠牲者に対する「詳細報道」。

メンタリストのDaiGoさんが、「京アニ放火殺人事件」の犠牲者に対する詳細な実名報道を行なったNHKはじめ各マスコミに対し、激しい怒りを露わにしました。
特に、上記のように、一人一人に対する詳細な報道を行なったNHKに対して怒り心頭に発しており、「二度とテレビに出れなくなってもいい」「NHKには一千万円積まれても二度と出ません!」と、これまでにないような強い表現で、マスメディアに対して激しい批判を展開しています。

当サイトでは、先のこの記事において、「過去の多くの凄惨な事件や事故、災害の犠牲者についての実名報道との整合性が取れなくなってくる」との理由で「今回の実名報道の判断はやむを得なかった部分があるのでは」としつつ、「これを機に、犠牲者遺族らを守るための詳細なルール作りを行なうのがいいのでは」の見解を示したけど、まず、警察が実名を公表したことと、公表された後の「マスコミによる報道の仕方」についてはある程度分けて考えるべきだと思うし、今回の事件に限らず、ありとあらゆる事故や事件に対して、マスメディア側が遺族に対する出来る限りの配慮を行なうべきなのは言うまでもないことだ。
今回の事件については、これまでになかったほどに遺族や会社側が実名報道を望んでいない状況だった中で、これまでよりも一層の配慮や気遣いが求められる事例だったように思えるけど、まさか、ここまで彼らの意向を完全に無視するような「センセーショナルな報道」が展開されてしまったとは…。

ここ最近のマスコミは、(民主党政権以前と比べても)安倍官邸や(その上に控える)グローバル資本勢力などの「社会強者」に対して、異様なまでに顔色をうかがう(慎重に慎重を重ねた)報道が蔓延するようになってしまっているように思えるけど、本来であれば、そうした「気遣いの姿勢」を、本当の意味での「社会弱者」である事件・事故の犠牲者遺族らに向けるべきなのではと思うんだけどね。

結局は、テレビ局にとっては、犠牲者遺族の方々の意向というのは、スポンサー大企業や安倍官邸の圧力などに比べると「微々たるもの」に過ぎず、結果、ご遺族の意向が圧倒的に軽視される報道が各所で展開されてしまった状況…ということですね。

昨今のマスメディアは、日頃より安倍官邸からの強い圧力に晒されている中で、権力の不正や犯罪を大々的に報じることをますます遠慮したり避けるようになってしまっているけど、こうなると、「大々的に盛り上げて視聴率が稼げるネタ」は、安倍官邸から”お墨付き”をもらっているネタと、(忖度の必要がない)一般人の間で発生した事件や事故・犯罪などに限定されてくる。
つまり、こうしたテレビ局の(社会弱者に関するネタばかりを盛り上げる)方針やパターンが近年ますます横行してきている実情が影響したこともあり、今回、ここまで遺族の意向があからさまに無視された報道が展開されてしまった…ということになるのではないかな。

確かに、DaiGoさんがおっしゃっている内容については一理ありますし、彼の動画にここまでネット上で大量の賛同が寄せられているのも、それだけ多くの市民の間で既存マスコミへの不信感が渦巻いているということかもしれません。

なんだか、こうした世論の大きな波に「NHKをぶっ壊す」の”例の勢力”が便乗しているような動きも見られるし、世の中の声が”強烈なエネルギー”を持って一方向に動くことは、後々になって(世論を支配し、コントロールしたい勢力によって)思わぬ方向に誘導されてしまうこともあり、これについては注意が必要だ。

今回の京アニ放火殺人事件は、かつてなかったまでに日本社会全体が大きな関心や反応を示しては、激しく感情が揺さぶられるような動きが発生しているし、今後これが日本社会全体にどのように作用していくことになるか、気をつけて見ていくとしよう。

Pocket