【酷すぎ】マイナンバーなどの個人情報70万件が大量漏えい!国税庁の委託先が契約に違反し別業者に再委託!ネット「よりによってあの国税庁かよ」

Pocket

どんなにゅーす?

国税庁がデータ入力を委託していた業者(システムズ・デザイン)が契約に違反し別業者に再委託、マイナンバーなどの70万件もの個人情報が含まれる書類を流していたことが発覚。同社は、繁忙を理由に別の国内3業者に再委託していたという。

・国税庁は、同社との契約を解除したと発表、「納税者におわび申し上げる」と説明しているという。

国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい

国税庁は14日、東京、大阪両国税局からデータ入力を委託されていた業者が契約に反して別業者に再委託し、マイナンバーなど個人情報が含まれる約70万件の書類を流していたと発表した。

両国税局から委託されていた会社はシステムズ・デザイン(東京都杉並区)。両局が企業から提出を受けた、給与や住所、氏名、マイナンバーが記載されている源泉徴収票などのデータ入力業務を行っていた。

マイナンバー法では、無許可の再委託は禁止されているが、同社は繁忙を理由に国内の3業者に再委託していた。再委託先に流した約70万件のうち約55万件はマイナンバーが記載されていたとみられる。両局は同社との契約を既に解除し、今後、入札参加資格の停止を行う予定。国税庁は「納税者におわび申し上げる」としている。【片平知宏】

【毎日新聞 2018.12.14.】

懸念していたとおりの事態が発生!国民のあらゆるプライバシーが政府によって都合よく利用され、粗末に扱われている実態!そして時代は「国民総監視社会」へ!

やはり、懸念していたとおりの事態が発生してしまいました。
国税庁の委託先企業(システムズ・デザイン)が、「繁忙」を理由に、契約で禁止されている別業者にマイナンバーなどの個人情報が含まれる書類を「およそ70万件」も流していたことが発覚、国税庁が「お詫び申し上げる」と謝罪したそうです。

今や、本来政府がやるべき仕事を民間企業に委託(丸投げ)するのが当たり前になってきてしまったけど、こうした流れが進んでしまうと、いずれ「このような事態」が発生することになるのは想像に難くないことだね。
おまけに、これら(政府と癒着した)民間企業が官僚にとっての格好の天下り先になっている側面もあるし、いかに国民の個人情報がボクたちがうかがい知れないところで様々な場所に流されてしまっているのかがよく分かるニュースだ。

そもそも、マイナンバーなどの全国民の個人データの一括管理の動きは、(「国民総背番号制」とも揶揄されているように)国民のあらゆるプライバシーをデータ化させた上で、全国民の家族構成や年収、性格、趣味・趣向、思想などだけでなく、あらゆる行動やインターネット利用履歴までをも把握することで、1%の権力側を脅かす「反逆分子」が出てこないかをチェックするための「国民総監視社会」の取っ掛かりとなるものだ。

安倍政権も、国民の個人情報が「どれだけ価値のあるものなのか」をよく知っているからこそ、国民の反対の声も無視して、巨額の国費を投じてマイナンバー制度をスタートさせてしまったわけだし、表に出ていない「隠蔽された」流出案件があったとしても不思議ではない。
その結果、「想像もしていないような場所」に流出していたことで国民にとって思わぬ損害が発生する危険性もあるし、国家権力が国民のあらゆる(価値ある)個人情報を一方的に吸い上げては「委託先」とされる民間企業に当たり前のように流したり、簡単に第三者の業者に流せてしまう現実があることに、もっと危機感を持った方がいいと思うよ。

市民のあらゆる個人情報というものが、いかに権力側にとって価値があり、また様々な利用法がある上に”悪用”が出来てしまう側面があるのかを、もっと一人一人の国民が理解することが必要かと思います。
欧州などでは市民間で個人情報保護の意識が高まっているとの声も聞かれますが、私たちも(ただでさえ国民に向けて露骨に牙をむき始めている)安倍政権に対して、自分自身(個人)を守る意識を持ったいいのではと思います。

そうだね。とにかく、今回の大規模データ流出事件についても、今以上に強く批判する必要があるし、個人情報を守ることの重要性や、グローバル規模で進んでいる「市民総監視社会」に対して警戒感を持つことが大切なんじゃないかな。

おススメ記事&広告

 
Pocket