■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【あちゃぁ…】林家三平氏が事実上の「笑点クビ」に!急にやつれた姿に心配の声も!三平氏「つまらないといった意見もありました」「全てが心残り」

【あちゃぁ…】林家三平氏が事実上の「笑点クビ」に!急にやつれた姿に心配の声も!三平氏「つまらないといった意見もありました」「全てが心残り」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年12月19日、日本テレビの人気落語番組「笑点」の大喜利メンバーを務めていた林家三平氏が、番組内にて年内で大喜利メンバーを去ることを発表した。

・三平氏については、大喜利メンバー就任以降、ネット上で「つまらない」との声が噴出。番組内では「いったん笑点を離れます。勉強し直して参ります」と語ったものの、「事実上のクビ」との報道も出てきており、急にやつれた姿に心配する声も上がっている。

林家三平、本音で語る『笑点』から旅立つ理由「すべて心残り」笑点メンバーが激励

レギュラー出演する演芸番組『笑点』から離れることを19日、番組内で発表した落語家・林家三平さん(51)。来週26日放送の“ラスト大喜利”の収録直後に、旅立ちを決断した理由や笑点メンバーからかけてもらった激励の言葉、そして心残りなどについて赤裸々に語っていただきました。

~省略~

いったいどうすればいいんだろうと考えましたら、自分でもう一度修業し直さなければならない、そう思いまして、この度スタッフの皆さん、制作の皆さんとお話をさせていただいて、1回(番組を)出させてくださいとお願いしました。本当にスタッフの皆さんに感謝申し上げております。今後いろんな意味で、体も鍛えて、心も鍛えて、そして幅を広くするためにいろんな経験をして、自分の力で笑いがとれるような、そんな芸人になっていきたいと思いまして、決断をさせていただきました。

~省略~

心残りはすべて心残りですけど、それを断ち切って、前に進まなければならないと思っていました。それが一番大切なことでしょ。自分にとって今甘えちゃいけないときですよ。世の中から厳しいお声も頂きましたし、「三平はつまらない」という意見もありました。その中でもやっぱり自分は、子供のためにも家族のためにも、そして僕を支えてくれた皆さん、僕のファンの方にも、頑張らなきゃいけない。我を張ってはいけないわけですけども、精進しなきゃいけないっていう気持ち、改めてこの年末思いました。

~省略~

【Yahoo!ニュース(日テレNEWS24) 2021.12.19.】

日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

~省略~

実際、三平はこの6年足らずの間に、1度も座布団10枚をとったことがない。落語家としての力量不足は明らかだった。

「三平さんは加入から5年を過ぎてもキャラクターを確立することができず、お節介な母や美人の嫁(女優の国分佐智子)をネタにすることくらいしかできませんでした。林家木久扇さんに『三平はつまらない』とイジられてようやく存在感が出るような状況が続き、スタッフも三平さんに頭を悩ませていました」(演芸関係者)

■11月7日の放送で日テレが“三平おろし”の姿勢を鮮明に

日テレが“三平おろし”の姿勢を鮮明にしたといわれているのは11月7日の放送だ。この日は、いつもの演芸コーナーと大喜利ではなく、BS日テレ「笑点 特大号」に出演中の若手落語家6人が登場し、通常のメンバーと「対抗大喜利」を行い、30分の編成をこの1本のみに絞った。日テレは視聴者のターゲット層を13歳から49歳に絞り、若返りを目指している。異例の放送は、若手落語家の名前を覚えてもらって「笑点」の世代交代をスムーズにすると共に、三平の尻に火をつける意味合いもあるのではないかと囁かれていた。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.12.20.】

ネット上の「つまらない」との非難が甚大な重圧とストレスに!?急にやつれてしまった三平氏が「笑点卒業」を発表!

出典:YouTube

毎週、両親やおばあちゃんと一緒に笑点をかかさず観てきましたけどぉ、これは私もびっくりしてしまいましたぁ…!!
突然の卒業発表も驚きましたけど、三平さん、急に酷くやつれてしまってぇ…!!

ボクは記事を執筆していて、たまたまこの回の笑点は観なかったんだけど、いやあ、ネットニュースをみて驚いたよ。
確かに正直言ってしまうと、三平氏はあんまり面白くない答えが多かったけど…そもそも(事前の予告も無しに)突然出された様々なお題に対して、ひねりが効いた面白いことを言うこと自体、非常にレベルが高く難しいものだからね。
笑いのプロである以上、厳しい声が上がってくるのはしょうがないことかもしれないけど、最後の最後まで”笑えない”事態になってしまった…。

しかし、みはるちゃんの言う通り、この急激なやせ方はちょっと尋常ではないね。
本当であれば、「つまらないキャラ」を自らセールスポイントにして完全に開き直ってしまえばよかったんだけど…根がかなり真面目な性格であることがうかがえる上に、「つまらないと言われること」や、「理想と現実とのギャップ」にかなり強いストレスを感じてしまっていたことがうかがえる。

コロナ危機以降、多くの人々が心に言いようのない強い不安や大きなストレスをため込んでいることを肌で感じていますけど、最近、こうした内情をそのまま映し出しているような、ショッキングで悲しい事件が次々と起こり始めているように感じますぅ…。

日々報じられるコロナ関連の報道や政治腐敗などにより、想像を超えるほどのかなり多くの人々がうつや不安症のような精神状態に見舞われている可能性があるし、この三平氏の降板劇も実際のところコロナ危機と決して無関係ではないのではないかな。
とにかくも、三平氏にはゆっくり休養してまずは元気になってほしいし、今のこの時勢だからこそ、国民みんながそれぞれを温かく支え合っていくことで、未曽有の国難をどうにか乗りきっていくことが重要なのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事