安倍総理、吉本とコラボした”PR戦略”も、「闇営業発覚」で大幅イメージダウンに!官邸による「国民洗脳工作」が見事に裏目!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が、昵懇関係にある吉本興業とより関係を深めながら安倍総理が吉本新喜劇に出演したり、人気芸人たちを総理公邸に呼んで会食を行なっていた中、吉本の人気芸人による詐欺勢力に対する「闇営業問題」が発覚

・カラテカ入江氏が事実上の追放になった上に、宮迫氏ら有名タレントを含む11人もの芸人が謹慎処分を受けるなどの余波が広がっている中、安倍官邸が行なっていた吉本を通じた「安倍総理PR戦略」が見事に裏目に出る事態になっている。

吉本興業や吉本芸人に対する「ダーティーなイメージ」が国民に強烈に刷り込まれた中、吉本と「蜜月アピール」していた安倍総理も「黒いイメージ」に!

出典:YouTube

↓安倍総理自身も、かつて「山口組の金庫番」との親密写真が話題に…。

出典:Twitter(@cracjp)

安倍政権が、「国民洗脳(愚民化)工作」の一環として、ここ最近吉本とコラボしての「安倍総理PR作戦」を展開してきたけど、これが見事なまでに裏目に出ちゃってる状況だわ。
なんせ、カラテカ入江さんが仲介役になった、吉本芸人による詐欺勢力への「闇営業」発覚で、国民の間でもすっかり吉本そのものにダークでダーティーなイメージが刷り込まれちゃったものね。

まともな感性を持っている国民からすれば、国会もろくに出ずに吉本新喜劇に出てきては、「お寒いギャグ」で会場を微妙な雰囲気にさせていた安倍総理に誰もが眉をひそめていたはずだけど…全くもって、「自業自得」としか言いようがない。

自らの権力をいいことに人気芸人や有名芸能人を次々籠絡しながら、芸能界を通じて国民に自らの存在をPRしていく手法そのものがあまりにも汚いし、こうした国民をバカにしきった手法を多用しすぎたことで、自らドツボに嵌まってしまったというべきか。

しかし、反社会勢力とズブズブといえば、吉本も安倍総理も同じだし、どっちも「似たもの同士」で「類は友を呼ぶ」であるともいえる。
ていうか、ろくに稼げていない下っ端の芸人もが謹慎処分になったのだから、「山口組の金庫番との親密写真(上画像)」「ケチって火炎瓶事件」などの数々の反社会勢力との関わりを持っている安倍総理こそ、真っ先に”謹慎”すべきなのではと思うけどね。

ほんと、いつも重大な責任を負わされるのは、社会的に下っ端の人たちばかりよね。
ムーディ勝山さんなんかまでもが謹慎処分にされちゃう一方で、安倍総理は何のお咎めもないのだから、まさしく、日本の「特権階級社会(上級国民制度)」ここにあり、といった感じだわ。

「弱いものはとことん締め上げられ、強いものは悪いことをし放題でのさばり続ける」…ほんとに腐った世の中だね。
だけど、悪いことをし続ければいつかは滅びていくはずだし、こんなにも反社とズブズブな吉本と安倍総理について、国民が「賢明な判断」をしていくべきなんじゃないかな。

Pocket

 

おススメ記事&広告