■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

またも起こってしまった「自暴自棄殺人」!埼玉立てこもり犯「母が死んでこの先いいことないと思った。医師らを殺して自殺しようと思った」

またも起こってしまった「自暴自棄殺人」!埼玉立てこもり犯「母が死んでこの先いいことないと思った。医師らを殺して自殺しようと思った」
Pocket

どんなにゅーす?

・埼玉・ふじみ野市で発生した立てこもり殺人事件について、医師の鈴木純一さんを殺害し逮捕された渡邊宏容疑者(66)が、「母が死んでしまって、この先いいことがないと思った。医師やクリニックの人を殺して自殺しようと思った」などと供述していることが報じられた。

またも起こってしまった、「自暴自棄」によって医師を巻き込んだ殺害事件に、ネット上でショックと悲嘆に暮れる声が上がっている。

立てこもり事件「自殺しようと思い医師なども殺そうと思った」

~省略~

27日の夜、埼玉県ふじみ野市の無職、渡邊宏容疑者(66)が医師の鈴木純一さん(44)を人質にとって立てこもり、殺人未遂の疑いで逮捕された事件で、警察は散弾銃を撃って殺害したとして29日午前、容疑を殺人に切り替えて検察庁に送りました。

これまでの調べで容疑者の92歳の母親は数年前から鈴木医師の訪問診療を受けていましたが、栄養をチューブで送る「胃ろう」を在宅で受けられないことに不満を抱いていたとみられ、母親が死亡した翌日に鈴木医師とクリニックの関係者合わせて7人を呼びつけたことがわかっています。

その後の調べで動機について、「母が死んでしまい、この先いいことがないと思った。自殺しようと考え、自分1人だけではなく医師やクリニックの人を殺そうと思った」と供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.1.29.】

未曽有の貧困社会とコロナ危機が日本国民の思考を着実に破壊!絶望や悲観による「自暴自棄」で殺人に走る事例が続出!

またしても、しばし言葉を失ってしまうほどのあまりにやるせない事件が発生してしまいました。
昨年(21年)12月に発生した「心療内科放火殺人」とも非常によく似た事件ですが、絶望や悲観による「自暴自棄」や「逆上」によって他人を巻き込む凶悪事件が続発している状況です。

普段から在宅医療を通じて地域の患者さんと密着した診療を行なっていた上に、コロナ危機対応においてもまさに不眠不休で当たっていた医師だったみたいだし、どうしてこんなことになってしまったのだろうか…。
最近になって頻発している”異様な凶悪犯罪事件”をみていて強く感じているのが、「日本国民の思考が近年確実に劣化・崩壊に向かっている」ということだ。
驚くほどに短絡的で思考回路が完全に破綻している状態で引き起こされた犯罪事件が目立っているし、これは、新型コロナウイルスや新型コロナワクチンなどとも決して無関係ではないのではないだろうか?

この男がコロナ感染歴やワクチン接種歴があるのかどうかは不明ですが、COVIDウイルスもmRNAワクチンも、どちらも脳に様々な異常や障害を引き起こすことが指摘されていますし、これらの悪影響によって(ただでさえ強いストレスを溜めている中で)ますます人々の精神状態がおかしくなってきている可能性もあるかもしれませんね。

本来であれば、自分たちの脳内をおかしくさせようとしている1%のグローバル支配層に対して、その怒りの矛先を向けていかないといけないはずなんだけど…残念ながら、大多数の人々がこうした社会の本質や実態が全く理解できないままに、無意味で支離滅裂な行動を引き起こし、(本来同胞・仲間であるはずの)何の罪もない良識ある一般国民を攻撃したり殺害する事例が頻発している。
このままいくと、これらの事件を真似したさらなる悲劇が次々と連鎖していってしまう危険があるし、とにかくも、自分たちをここまで疲弊させ追い詰めている「最大の黒幕」に対し、民衆が団結し立ち向かっていく「思考の転換」が出来ない限り、日本社会はこのままさらなる崩壊が進んでいき、文字通り、1%が強く望む「史上最悪のディストピア」がやってきてしまうだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事