【いつものパターン】露ペスコフ報道官が北方2島の引き渡しを否定!「日本領土への引き渡しを意味するものではない」→ネット「やっぱ安倍総理のホラだったか」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年11月18日、ロシアのペスコフ大統領報道官が日本とロシアの領土問題についてコメントを発表。「日本への領土の自動的な引き渡しはない」と述べ、安倍総理のコメントを元に日本の報道機関で先行している「日ソ共同宣言を基礎にした”2島返還交渉”が進んでいる」との情報を否定した。

2島の自動的引き渡し否定=日本けん制―ロシア大統領報道官

【モスクワ時事】ロシアのペスコフ大統領報道官は、日ロ首脳が日ソ共同宣言を基礎に平和条約締結交渉を加速させると合意したことは、北方領土の歯舞、色丹2島の自動的な引き渡しを意味しないと述べ、日本をけん制した。

インタファクス通信が18日、国営テレビの番組での発言内容を報じた。

1956年の日ソ共同宣言は、平和条約締結後の歯舞、色丹2島の日本への引き渡しを明記している。しかし、報道官は宣言を基礎にした交渉に関し、「自動的に何らかの領土を(日本に)引き渡すことを意味していると言えるのだろうか。絶対にそんなことはない」と強調した。

宣言に関しては、プーチン大統領も15日、「(2島が)どのような根拠で引き渡され、どちらの主権下となるかは述べられていない」と語り、こうした点が今後の交渉対象になるとの考えを示している。報道官の発言によって、2島引き渡しは既定路線ではないというロシア側の厳しい認識が改めて浮き彫りになったと言えそうだ。

【Yahoo!ニュース(時事通信) 2018.11.18.】

今回も、安倍総理が口からでまかせを吹聴し、マスコミがこれを元に国民を世論誘導!→これに騙された情報弱者が安倍政権を支持するパターン!

↓安倍総理や日本メディアの情報を否定したペスコフ報道官。

出典:PARS TODAY

日露首脳会談後の安倍総理のコメントにはかなり強い疑いを持って受け取っていたけど、面白いくらいに予想(心配)していた通りの展開になってきているわね。

日本のマスコミが安倍総理のデマカセを鵜呑みにして、「2島返還で手打ち」報道を展開しているのを見て、ペスコフ報道官が「日本への領土の自動的な引き渡しはない」って、領土返還を根底から否定する形になっているわ。
まったく、日本の記者クラブも懲りない人たちね。

安倍総理の嘘なんて日常茶飯事どころか、「息を吐くように嘘をつく」のは今や日本の常識なんだから、ここまで来ると、安倍総理の嘘を「知ってて広めている」ようにしか思えなくなってくる
平たく言えば、所詮日本の記者クラブメディアは安倍官邸の「傀儡広報組織」であり、安倍政権とその上にいるグローバル資本勢力を利するべく、日々国民を洗脳・扇動している役目を果たしているということだね。

このサイトでも何度も言ってきたけど、安倍総理のことを「無能の売国奴」と見なしているプーチンがまともに北方領土を返還するなどほとんど有り得ないことであり、ロシア側にとっては、トランプ政権による”米覇権撤退(日本敵視)政策”の深化によって、日本が重度の「隷米体質」から抜けきったことを確認した後に、ようやくその”その1歩”を踏み出しつつ、ロシア側に主権や支配権を持つ形で「(有償での)貸し出し」に近いような状態で2島を引き渡す可能性が「僅かにある」くらいに考えておくのがいいだろう。

こういう風に考えると、安倍政権が続く間には北方領土の引き渡しがまともに行なわれることが「いかに困難なことなのか」が分かるんじゃないかな。

そもそも、第一報の時点で、ロシア政府側からもコメントを求めて、ある程度の裏を取った後で報じるのが報道の定石かと思うんだけど…本当に日本のマスコミのレベルの低さには呆れてものも言えないわね。

そして、こうした劣悪なマスコミに影響を受けてしまう、判断力に乏しい情報弱者が安倍政権を支持してしまうという「悪しき構図」が出来上がってしまっているね。
早速、その悪影響が出たか、大手マスコミの世論調査の政権支持率が揃って上昇傾向になっているみたいだけど…いい加減に、何度もこれらマスコミと安倍政権に騙されながら、どんどん日本国民が貧しくなり続けている現状に気がつく必要があるし、この”悪循環”に終止符を打たない限り、日本国民の未来は真っ暗としか言いようがないだろう。

おススメ記事&広告

 
Pocket